サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

タイトイレ3

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は、英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。最初の頃の子どもたちは、歩き慣れず、背中のバックパックが重く、疲れと不安でいっぱいでした。 次第に五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり「カミーノの住人」となっていました。そして果てしなく長い道のりを、日照りや雨風にさらされ、黙々と歩く日々を重ねた時、心と身体の声を聞くことが出来ました。すると、不思議な出来事や素晴らしい人々との出会い、忘れられない言葉、時には悲しい事件、全てがまるで編み込まれていたかのように、カミーノは巡り合わせてくれたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

タイトイレ3

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は、英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。最初の頃の子どもたちは、歩き慣れず、背中のバックパックが重く、疲れと不安でいっぱいでした。 次第に五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり「カミーノの住人」となっていました。そして果てしなく長い道のりを、日照りや雨風にさらされ、黙々と歩く日々を重ねた時、心と身体の声を聞くことが出来ました。すると、不思議な出来事や素晴らしい人々との出会い、忘れられない言葉、時には悲しい事件、全てがまるで編み込まれていたかのように、カミーノは巡り合わせてくれたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です