サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

カミーノを知る入院事件

WRITER
 
カミーノ矢印
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

仕事・家事・3人の子育てでオーバーヒート。

 

ど~も、こんにちわ! Kumi3です。

Kumi3

2002年のことです。

その日、仕事場に出勤し、休憩時間にトイレに行ってびっくり!

真っ赤な血尿が出ていました。

突如、検査と休養を兼ねて、入院することになりました。

思えば仕事、家事、2歳、6歳、9歳の3人子育て、さらに仕事を家に持ち帰り、パソコン入力などをしなければならず、睡眠不足が連日におよび続いていました。

あら困った…。腎臓がダウン、入院10日間か~。

Kumi3

イラストおかん子ども心配

子どもたち、どうしよう…。

おばあちゃん無し、お父さん帰宅遅しで、子育ては全て自分と保育園の助けでやってきました。

私が居なかったら、どうなるのだろう???

想像もつきませんでした。

食事、洗濯、保育園、小学校、送り迎え…、

一人ひとり、やらなければいけない事と

私だけが把握している、小さなあれこれがあるのでした。

どうしよう…、どうなるの~!!

Kumi3

自分がいなきゃ、自分でなきゃ~・・・

しかし

いざとなったら、何とかなるものでした!

お父さんやきょうだい、友だちの協力で、無事に入院中を乗り切ることが出来ました。

そして、思えば…。

この時の入院が、後々に大きな意を持ってくるのでした。

 

カミーノ、サンティアゴ巡礼、スペイン巡礼を知る。

 

あ~…。このところ、活字に触れてないわ。映画もぜんぜん観れてないし~。

Kumi3

子育て中は毎日が目まぐるしく、映画(DVD)も本も、ほとんど親しむことが出来ませんでした。もう、夜になるとバタンキュー!気を失ってしまうのでした。

そうだ!入院中はきっとヒマなはず。本なら読めるだろう…、それだけが楽しみね!

Kumi3

と、図書館で本をかき集めてから病院へ行くことにしました。

図書館をキョロキョロと見て回ると

あら⁈、シャーリー・マクレーン!本を書いていたんだ⁈

Kumi3


彼女の出演している『愛と追憶の日々』という映画が好きでした。娘を持つ母親の複雑な喜怒哀楽が伝わってくる映画でした。

その本の題名は『カミーノ』と言いました。

カミーノって何のことだろう、まあいいや。借りてみよう。

Kumi3

他、ザクザクっと本や雑誌を10冊ほど借りてから、病院へと向かいました。

その中にパウロ・コエーリョ著の『星の巡礼』という本も入っていました。

入院しているベッドで、それらの本を読んでいるうちに

『カミーノ』『星の巡礼』

同じ道について書いてあるんだ!ということに気が付きました。

そして

●その道はスペインに実在するということ。

●シャーリー・マクレーンは、60歳で800㎞を歩いたということ。

●パウロ・コエーリョによると、不思議な体験をする道だということ。

翻訳者が同じだったこと。山川鉱矢・亜希子夫妻(その後、この二人が翻訳した本を芋ずる式に読んでみました。それは

アルケミストパウロ・コエーリョ著、ソウルメイト『前世療法』ブライアンLワイス博士著などです。(このブライアンLワイス博士の『ソウルメイト』という本は、カミーノに行く直前に読みました。前世についての内容で、読んだ後、前世療法士に会ってみたいなぁ…と思いました。すると、カミーノを歩き出して39日目に出会うのでした。)

39/60カミーノの奇跡、会いたかった人・前世療法士に出会う!

 

カミーノが心の中にインプット!

 

無事に腎臓の検査と休養が終わり、退院した後

サンティアゴ巡礼、スペイン巡礼、カミーノが、

心の中にインプット されていました。

カミーノか~。いつか行ってみたいナ!シャーリー・マクレーンのように、私が60歳になった時、還暦記念に歩いてみようかしら!

Kumi3

と思いながら、家路に着いたのでした。

 

それから8年後2010年。

中学2年生の娘は、学校へ行くと腰痛と頭痛が出てしまい、登校が困難になりました。病院への通院、相談、休養など半年以上が経過しました。

そうだ!60歳で行くのではなく、今、娘と一緒に歩いてみたらどうだろう…。何かが変わるかもしれないわ!!

Kumi3

とその時、カミーノを思い出したのでした。

あの入院の時に、手にした本からカミーノを知り

その瞬間から、カミーノが始まっていたような気がするのでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です