サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

【絵本読み聞かせ】がっこうぎらいのスキッパー、自分探しストーリー

Kumi3
WRITER
 
がっこうぎらいのスキッパー、School hater Skipper camino-kumi3 caminokumi3
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

がっこうぎらいのスキッパー お話と絵:Kumi3

2002年、絵本を描きました。

上野の美術館で開催される東京展で優秀賞をとった…なんて経験がありました。しかし、それっきり、ずっと引き出しにスキッパー原作本は眠っていました。

時代が変わり、YOU‐TUBE なんてものが当たり前になりました。音楽のプロモーションビデオや、ニュース、いろんなもの事のやり方など、手軽にスマートフォンで観て楽しめるようになりました。

そうだ!

楽しんでばかりじゃなくて、楽しんでもらえること、やってみようかな!!

Kumi3

と思いつき、だいぶ前に描いた絵本をリメイクし動画にしました。

たまごの成長と友情、そして自分探しの冒険物語です。

ラストのシーンで「あらっ?カミーノに?」 繋がっているアイテムが...!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です