サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

Dog/カミーノは犬パラダイス!

WRITER
 
まどからワン
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

カミーノの自由な犬の暮らし

 

カミーノ(サンティアゴ巡礼)の道では、日本にいる猫のように犬も自由に暮らしています。都会の街では、さすがにリードをした犬を見かけましたが、ほとんどのカミーノの田舎道は、自由な犬がひょっこり出てきます。たいていフレンドリーで何にもして来ないのですが、たまに、近寄って来てにおいチェックをされることもあります。

静かに立って待っていれば、そのまま通り過ぎていきます。

道の野良犬3匹ごろ寝

これぐらい大きい犬だと、そばを通るとき、ちょっと緊張します。犬が好きな人はOKですが、苦手な人はちょっと引くかもしれません。

 

犬が三匹たむろ

犬もシエスタなの?

Chai

 

ハスキーと弟顔みえる

この町に入るにはニオイを嗅がせてもらうぜ!と寄って来ました。

 

弟犬が調査

何にも持ってないよ!

Den

 

 

423 プエンテラレイナ イヌ カミーノ

この二匹は、ワンワンワンワンッ!ずっと吠えまくっていました。そういえば、ちょっと目が疑り深いよね?

 

眉間のしわが、貫禄あるよね~。

 

犬追いかけ伝423

あ~ん、待ってー。ビスケットあげるのに!

Den

 

423ケニア伝

巡礼犬ケニア。賢いおばあちゃん犬でした。横で真似をしても余裕~。

 

424ケニア鼻

ケニアの変顔!

 

424構って犬

「くうーん。そこ、かゆいデス~!」

 

425金網の白犬

お上品なスマート犬。 

 

426子犬付いてくる

もう、お家へお帰りよ。

ずっと付いて来て…、心配になっちゃうよ。

Chai

 

426睨む犬大

なんか用かい?ブヒッ!

 

 

ロバと歩くおじいさん

一日にどれだけ歩くのかしら?

カミーノベテランおじさんとお供のロバ君とワンコ。

 

429ダックス

小心者なの、ボク。

ササッと走り抜けました。

 

430茶シーズー

くーん…。そこがかゆいんです。ハイ。

犬使いにやられています。

 

430茶と黒犬

クーン…。

わ~、またまた犬使いに!

 

430犬ばう

貫禄あります。ナイス番犬!

 

501足と犬

「どこから来たの?ニオイ嗅がせて。」

 

502羊番犬2

羊の見張り番!

 

505白茶ワンコ

お行儀のよい子です。

 

505犬と伝

指先もかじかむ寒い日。

「おいらも寒ーい…。」と甘えてきました~。

 

507ブルゴスカミーノ小型犬

「パンとかある?ちょうだい!」

猫みたいに自由にふらふらしています。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬シエテ

アルベルゲの犬、アパス。なんだか貴族のような気品のある犬でした。

オールドスパニッシュポインターというバスク地方の犬種のようです。

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬アパスシエテ昼寝

アパスとシエテはお昼寝中~。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 道案内シエテ

アパスのあとを付いて行きました。このあと、アパスはアルベルゲに戻っていきます。それで、私たちもアルベルゲに戻ってしまうのでした…。

 

513 サアグーン 雨中、犬雨宿り サンティアゴ巡礼 

雪の日、バルの軒下で寒さに耐える犬クン。

 

514エル・ブルゴ・ラネル カミーノ 田舎道 親父犬

「なんか食べ物くださ~い!おじさん犬がアピール。

 

515カミーノ マンリー 白茶犬 サンティアゴ巡礼 

でかっ!自由にしてますワンッ!

 

515カミーノ キャラクター マンリー アルベルゲクマ サンティアゴ巡礼 

これ、犬でしょ~!カミーノゆるキャラ。

 

516 カミーノ サンティアゴ巡礼 レオン 病気の犬

腰のほうで点滴をしていました。

怪我をしている犬は見ていて辛くなるのでした。

 

 

517カミーノ leon レオン プードル

「お母さん、まだですか~?」

スーパーマーケットの入り口で待ちぼうけのお利口犬。

 

 

519 カミーノ オルビゴ 線路沿い 犬と巡礼者

炎天下、暑い暑い。毛皮来てる巡礼犬、ガンバレ~!

 

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ犬

「ようこそ!」アルベルゲの番頭犬。

 

522カミーノ マンハリン小屋 犬 サンティアゴ巡礼

うりゃうりゃ~、お腹出し犬マンハリンアルベルゲの人気者。

 

526 カミーノ 犬 ルイテラン 2と犬

またまたお腹出し犬。番犬失格か~!

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 2犬 山道

この暑い日に…。ハスキー犬、えらいね、いい子だね。

「てへっ!」

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 町犬2匹

「ねえ、あの人たち、何かくれるかな?」

「うーん、何もなさそうじゃ…。」

世間話犬。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 木陰 犬

暑くて、暑くて…。昼間は無理!

 

528 カミーノ トリカステーリャ 犬垂れ耳

スペイン語を話しそうな顔をしているワンコ。

 

528 カミーノ トリカステーリャ ブチ犬

ネコみたいにひょいひょいと駆け回ってマス。

 

528 カミーノ トリカステーリャ 田舎道 1と犬

人が近くに来たって別になんとも~。

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 犬とぬいぐるみ

こんにちわ!「うへ?」

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 犬イチロー

なんか、イチローに似てるね…。

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 犬うっとり

いい子だね~。ゲージにいるなんてね。

スペインでは自由な犬が多いから、不思議に思ってしまう。

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 サンマメ犬リュック

ぬいぐるみだと思いきや、ワンコ!!

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin に向かう 中世の巡礼者おじさん

大きな犬と小さな犬と歩くおじさん。背中の籠も中世の巡礼者みたいですね。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin バルシェア

このワンコ。もう、盛りがついて大変でした。

 

602 Camino カミーノ パラスデレイ papas de rai 向かう 犬モニュメント

この子、愛嬌あるね!

 

603 カミーノ リバディソ・デ・バイソ 2犬3匹

ぼくんちも犬いるんだよ!ねえ、遊ぼうよ。

Den

 

424 スペイン巡礼 エステージ ケニア

巡礼犬、ケニヤ、

「また会えたね。今日もお疲れ!」

 

518 スペイン巡礼 camino dog マザリフェ

アルベルゲのパソコンに送られてきた日本の家で留守番中のワンコ、プちゃん。

パソコン画面をデジカメで写真を撮り、時々見て思い出しながら歩きました。

なんか、元気ないのよ。みんな居ないから寂しがってるんだね。

Rai

一緒に留守番中のRai姉さん。

 

パンプローナ街角犬さい

パンプローナの街の中の犬は、リードをしていました。

514 スペイン巡礼 camino 犬散歩

少し郊外になると、お散歩もリード無しでOKな感じでした。

 

605スペイン巡礼 犬 サンティアゴ Santiago 街 

品の良いマダム風のワンコ。

街の広場や商店街で、カバンからひょっこり顔を出している犬が結構いました。

 

607サンティアゴ巡礼 ネグレイラ 茶犬 カミーノ

あら~、毛並みがゴージャスですね~。

 

607サンティアゴ巡礼 ネグレイラ 白犬 カミーノ

この子、大人しそうにみえるでしょ、違います。

ギャンギャン吠えていました。

 

609 サンティアゴ巡礼 犬3匹 チーズ カミーノ セー

スペインは犬社会があって、会議もあるようです~。

 

609 サンティアゴ巡礼 犬茶  カミーノ セー

「あの子たち、どんなニオイかな?調査しなくちゃ!」

と足早に追いかけてきたワンコ。

 

609 サンティアゴ巡礼 犬茶 12 カミーノ セー

「クンクンクン…。まあ、悪いやつじゃないナ。」

パトロールごくろうさま!

Chai

 

rうね613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 犬人面

なんだか、おじさんみたいな顔しているワンコ。

 

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 犬3匹

ネコと共存。ソーシャルディスタンス!

 

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 犬吠えチビ

小さいのに、けっこう怒りん坊だね!

 

614サンティアゴ巡礼 最終地Muxia いぬ

「よく来たね!ムシアはカミーノの最果てだワン。」

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。