サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

26/60スペイン巡礼で不思議な出来事、オムレツ願えば降って来る

Kumi3
WRITER
 
511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ オムレツ
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

5/11 (火)→ ビラメンテロ・デ・カンポス 不思議なことが続く 5.7km/€21  ハンモックと犬の宿@€6×2

 

不思議なことを見逃さないようにしなくては…。

昨日Denは…

コーラがたっぷり飲みた〜い!1リットル入りの買って〜!

Den

と騒いでいました。

Denのお小遣いは、1日に1ユーロでした。 

コーラ1ℓ が1ユーロだったら買ってあげる、あり得ないだろうけどね!

Kumi3

と答えていました。

そんなの無理だ~!

Den

普通、500mlで1ユーロでした。

ところが、着いたアルベルゲ近くのバルで、

なんと…

1ℓで1ユーロのコーラがあったのでした。

ヤッター!

Den

510ポブラシオン・デ・カンポス、サンティアゴ巡礼、コーラ、ラブ2

Denの幸せそうな顔といったら!

 

オムレツの奇跡

 

そしてまた、昨日Chaiが…

卵を料理して食べたいな〜。

Chai

と言っていたのを覚えていました。

ここのアルベルゲは、キッチンの調理道具やオイル、調味料が揃っていました。

昨夜、何人かの巡礼者が、パスタを茹でようとした時「電気が来てない!お湯が沸かない!」と怒っていました。

遅くに着いたオーストラリア人カップルが、隣のホテルに駐在しているオスピタレロに、電気のブレーカーの場所を聞きにいきました。

オスピタレロが来て、ブレーカーを上げてくれました。

それは、アルベルゲの外にあり、とても分かりにくい場所でした。

夜遅くに、オスピタレロがブレイカーを切ったようでした。

 

 そして、一夜明けた朝、私たちは寝坊をしてしまいました。まず私が目覚め、時計をみると8時でした。30人泊まっていたアルベルゲの部屋は、どこも静かで、シーンとしていました。

アルベルゲは、価格が安い公営の所は早い者勝ちなので、皆んな一刻も早く!支度をし、大急ぎで出発してしまうのでした。

あ~もう、出遅れた。失敗した~。今日はゆっくりだわ、仕方ないか…。

Kumi3

開き直り、キッチンで朝パスタでもしていこうかな、と思いました。

荷物を軽くしたいわ~。ミントティのティーバックも一つ残っているし…。

そんなことを考えながらキッチンへ行き、お湯を沸かそうと電気コンロ台のスイッチを押すと、コンロは温まりませんでした。

あ、電気が点かないわ。ブレーカーを切ってあるのね~。

Kumi3

私は外に出て、昨日見つけたブレーカーのスイッチを上げました。

キッチンに戻り、電気コンロ台のまわりをよく見ると、フライパンがありました。

それはオイルがひいてあり、テカテカしていました。

と、その横に割りほぐした卵液がボールに入ったまま置いてありました。

ええっ、どうして?

あたりを見回しましたが、誰もいませんでした。

いちおう、走って階段を上り、2階建てのアルベルゲの全ての部屋を、ドア越しに覗いて回りました。

どこも、もぬけのから、誰もいませんでした。

居るのは、ベッドに寝ているDenとChaiだけでした。

とすると…

他には誰もいない。

れ、貰ってもいいよね…。

だって、生の卵液だし…。

じゃあ…オムレツ作れるんだ!

昨日、Chaiがつぶやいた夢が叶う‼︎

私は走って、子どもたちの寝ている部屋へ戻りました。

Chai、Chai  起きて!すごい、すごいよ。神様からのギフト!

Kumi3

ええっ~、なに~

Chai

Chaiは寝ぼけまなこでした。

超びっくりなのよ、とにかくキッチンへ来て!

Kumi3

二人はキッチンへ移動しました。

あれ~?たまご…、オムレツが作れる。何で??

Chai

もう、ここは誰も居ないのよ。きっと誰かがオムレツ作ろうとしたのだけれど、電気コンロ台が温まらなかったのね。出発が遅れるのがイヤで、そのまま放置して行っちゃったんじゃないかな。もったいないから料理しちゃおう!

Kumi3

 

願えば叶うカミーノの言い伝え

 

わあ!あははは!オムレツが作れるなんて!!  強く願えば、それは叶うって本当だね!

Chai

何か大きな存在が私たちを見ていてくれる!

心から願えば叶えてくれる!

そんなメッセージをカミーノから受け取った気がしました。

キリスト様、仏様、お天道様、、、とにかく

出来過ぎです~、カミサマ~!

カミーノはChaiが言葉にした願いを物質化して示してくれたのでした。

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ オムレツ

思いも寄らずにオムレツを作ることができて、Chaiは大満足でした。

 

ジョン・レノン『イマジン』に吸い寄せられる

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス バナナケース

せっかくだから、朝食をしっかり食べていくことにしました。

昼は、たいていパンをかじって終わってしまいます。夜は、泊まるアルベルゲの近くにお店やキッチンがあれば、バランスのとれた食事をとることが出来ますが、そうでなければ夕食もまた、パンをかじって終わることもよくありました。

きちんとした食事、温かいものが食べられる時は、逃さずしっかり食べておきたいのでした。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ オムレツ付き朝食

ごちそう朝ごはん。オムレツ、キュウリ、ツナのパスタ、オレンジ、ミントティー、コーラの残りでした。

 

アルベルゲを出発するのが9時過ぎになってしまいました。

まあ、いいか…。

511ビラメンテロ・デ・カンポス ゴミ捨てする人.2

小さな町が終わります。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ一本道1.2

しばらく田舎道を行きました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 壁の絵

何の変哲もない道に、こういった壁のアート作品は、さりげなく嬉しいものでした。

 

ふと、歩いている途中、遠くから音楽が流れてきました。

あ、これ、ジョンレノンの『イマジン』じゃない?

Kumi3

それは、音楽が空気に溶けているようでした。

歩くにつれ、音が大きくなっていきました。私たちは、吸い寄せられるように音のするほうへ歩いて行きました。

そこには、バルとアルベルゲの看板がありました。

このあたりには、アルベルゲがあるって書いてないよね?

Chai

私たちが頼りにしている巡礼事務所でもらった、町名と公営アルベルゲ所在のプリントには、記載がありませんでした。

民間のアルベルゲかしら?

Kumi3

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノアルベルゲ、右手1.2

突き当りの建物の右手で垣根が終わり、音がはっきりしてきました。

わあ~!

途切れた垣根から中のぞくと、牧場のような広い芝生が広がっていました。その奥にバルの建物が見えました。

 

 

ハンモックと犬と芝生と音楽

 

わーお!ハンモックがある!

Den

DenとChaiは荷物を放り投げ駆け出してハンモックにダイブ!しました。

 

511 スペイン巡礼 アルベルゲ ハンモック

ワーイワーイ!

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 赤ハンモック2

ハンモック大好き~!

Den

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬アパスシエテと1

あっ!犬がいる、しかも2匹!!

Chai

ひとなつこい犬でChaiに甘えてきました。

あら~、いいとこね。ここで休憩にしようか。

Kumi3

私はバルにカフェラテ、コラカオを頼みに行きました。

外のテーブルチェアに座り、ひと休みをすることにしました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬アパスアップ

犬、かわいい〜!

Chaiが調査して来ました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ バルカウンター1

犬の名前を教えてください。

Chai

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬アパス昼寝511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬シエテ昼寝

茶色が「シエテ」で、まだら模様が「アパス」だって。

Chai

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬シエテ

うちで留守番してるトイプードルのプちゃんはどうしているかなぁ…。会いたいナ…。

Den

とChaiもDenも毎日気にしながら歩いていました。

久しぶりに犬と触れ合えて、ChaiとDenはすごく嬉しそうでした。

 

天国?と思えば『テア・イズ・ヘブン』が流れる、小さな奇跡!

 

ママもハンモック大好き~!

Kumi3

と横になり、ひと蹴りふた蹴りしてゆ~ら、ゆ~ら・・・

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 犬アパスと1

子どもたちが芝生で犬と戯れている姿が目に入りました。

 

511カミーノ、犬と遊ぶ、1.2

ハンモックに揺られながら、それを見つつ

シアワセな感覚 が押し寄せて来ました。

そして、しみじみと今朝のことを思い出しました。

ああ~、オムレツにはびっくりしたなぁ、そんなこともあるんだナ~。

Kumi3


願えば…

不可能思えることも可能になるのね。

カミーノって不思議。ふしぎ、ふしぎ…

スピーカーから絶えず曲が流れてきました。

青い空、白い雲、緑の芝生ステキな音楽…。

あ~、なんか、ここは天国かもしれない…。

と思ったそのとき、天国のような美しい曲

エリッククラプトンの「テア・イズ・ヘブン」が流れてきました。

あ~、やっぱり?

ここは天国なのね⁈  

うつらうつら~。すると、突如…

ドッカン‼︎。

天国から転げ落ちました。

 

アルベルゲ決めでバトル勃発

 

Denがジャンプして、お尻からハンモックに飛び乗ってきたのでした。

イタイッ!イテテ〜、もう~、痛いよっ!、ウトウトしてたのに〜!

Kumi3

ママ、お願い、ここに泊まりたい。ね、ね、お願い。お願い‼︎

Den

すると、 Chaiが猛ダッシュで駆けてきました。

え~っ、ダメだよ。まだ、5kmしか歩いていないよ。先に進もうよ。進みたい!

Chai

「泊まりたい!」

「行こうよ!」

 DenとChaiのニラみ合いのバトルになりました。

私は検証してみました。

一人一泊6ユーロ…、安くはない。(通常の公営宿は5ユーロでした。)

けれど、今まで20軒以上、アルベルゲに泊まってきたけれど、ハンモックと芝生はなかったナ…。

今日はまだ、5kmしか歩いていない…か。

巡礼サボってる感があるかな…。

とりあえず、ここで早ランチを食べて考えよう。

Kumi3

バルのおじさんマスターは、親切そうでした。

511 スペイン巡礼 バル 12

まだ、10時半でした。バルは貸し切り状態でした。

511 スペイン巡礼 本 イラストスペイン語

オーダーするのに、いろいろ調べなくちゃ~、とイラストスペイン語の本を取り出しました。

サンドウィッチボカディージョっていうんだね。

Chai

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ バル机

ボカディージョ(サンドイッチ)を頼みました。

安くてボリューム、そして美味しい‼

ここ、いいかも!

しかし、今日の目標の町はカリオン・デ・ロス・コンデスでした。アルベルゲが2つあると、プリントに書いてありました。ということは、比較的大きな街のようでした。

ブルゴスを出てから5日間、スーパーメルカド(マーケット)に行っていませんでした。Chaiが賑やかな街へ泊まり、まわりの探索、買い物をしたい気持ちもわかりました。

サンドイッチを食べたら出発しようか。

Kumi3

え~ッ!

Den

Denは不満顔でしたが、カリオン・デ・ロス・コンデスの先は、17km何もない一本道だと聞いていました。それはカミーノの難所のひとつでした。

前の日に、そのスタートの街に着いておきたい、という気持ちもありました。

 

犬と芝生のアルベルゲを去る

 

サンドイッチを食べ終わりました。

荷物を背負い、歩き出しました。

すると、アパスがChaiに飛び付いて構って欲しいようでした。そのまま、付いてきました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 道案内シエテ

アパスは、猫を見つけるとダッシュをし、先を行きました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 猫アナ

猫が穴に入ってしまうと、再びChaiに甘えてきました。

 

アルベルゲに戻る

 

Den、ここに泊まりたい?

Chai

うん!

Den

アルベルゲに戻ろうか…。

Chai

アパスを撫でながらChaiは言いました。

アパスを引き連れ、私たちはUターンをしました。

Denは嬉しくてスキップをしていました。

結局、5分だけ歩いた後、アルベルゲに戻ることにしたのでした…。

 

泊まる部屋を見せてもらいました。

あら、キッチンがある!シャワーは?まあ、まあね。

Kumi3


お金を支払いにいくと、Denは無料にしてくれました。

ラッキー‼︎ グラシアス!

クレデンシャルにスタンプをもらい、部屋に落ち着くことにしました。

DenとChaiは、芝生で遊んでくるというので

先に宿題やってしまえば、一日中フリーよ!

Kumi3

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 青空宿題1.2

2人は、しばし青空の教室で、宿題、漢字ドリル、日誌などをやっつけました。

私はアルベルゲの中で、今まで洗えなかったものを洗濯したり、靴を拭いたり、日誌を書いて過ごしました。

 

511 スペイン巡礼 犬 アパス

犬はリードで繋がれることもなく、自由に芝生を駆け回り、好きなところで昼寝をしていました。

 

ラム肉バーベキュー

 

しばらくして、Denが私を呼びにきました。

なんか、食べろって。

Den

え?

Kumi3

Denに付いて
行くと、バルのマスターとおじさんの友だち二人が、外のテーブルでバーベキューを始めていました。

「コメール、コメール!」(食べろ食べろ!)と言っていました。

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊鉄板焼き

わあ~お!

ラム肉の骨付きが、山ほどいい匂いに焼けていました。

羊飼いのおじさんが作ったポテトサラダを、勧められました。Denが食べると

辛~いっ!

Den

と飛び上がりました。マスタードが利きすぎでした。みんな大笑いでした。

 赤ワインも出てきました。

おじさんは「全部タダだ、ご馳走するよ。気にしないいでいいから。いっぱい食べろ!いっぱい食べろ〜」と勧めてくれました。

うれしい~!

Chai

羊飼いのおじさんはひょうきんで、来る人来る人にポテトサラダを勧め、辛い顔のリアクションに大笑いしていました。

肉を焼き、ワインを飲み、わいわいガヤガヤは続きました。

チラホラと巡礼者が到着して来ました。フランス人、ドイツ人のおばさんも加わり、さらに賑やかなバーベキューになっていきました。

 

スペイン名物「血入りソーセージ」

 

バルのマスターは

「さて、この地方の名物。みんなに食べてもらうぞ!」

『血入りソーセージ』を出してきました。それは、豚の血液、脂肪、香辛料、そしてらしきものが腸詰めになっているものでした。

見たとたん、私とDenは

ちょっと、トイレ…、ていうかあの~、お腹いっぱい!!

Kumi3

などと口走り (別に打ち合わせしたをわけでもないのですが) 走ってハンモックに乗り、寝たふりをしました。

511ビラメンテロ・デ・カンポス アルベルゲ ハンモックダイブ2 食後

危機一髪!

一人残ったはChaiは、仕方なく、いや、ありがたく『血入りソーセージ』を食べました。

えらい!えらい~!

あとで

みんなズルいんだから!

Chai

と、ニラまれました。

私は、普段からべジタリアン様の食事でした。ラム肉は、せっかくのバーベキューなのでいただきました。

が、しかし血入りソ―セ―ジは、さすがに強すぎてドン引きしてしまったのでした。

Chaiは小さい頃から、ミョウガ、ピーマン、春菊、セロリといったくせの強い味のものを、全く抵抗なく食べることができました。

見た目、怖かったわ。で、どんな味だっだ?

Kumi3

赤味噌あじのレバーみたいで、そんなに食べづらくなかったよ。

Chai

 

国際指圧大会

 

バーベキューご馳走のお礼にと、マスターにうつ伏せになってもらい、指圧マッサージをすることにしました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 指圧マッサージ、日本人セラピスト

マスターも羊飼いおじさんも、ついでにドイツ人おばさんにも施術をしました。

みなさん、とても喜んでくれました。

途中、フランス人のおばちゃんが

「私はフランスで指圧セラピストを10年やってるわ!」と言うので、お互いの手技の勉強会をしました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 指圧マッサージ、フランス人セラピスト

おばちゃんのやり方は、手の平全体で押して撫でるというスタイルでした。

これ、指圧とは違う気もするけれど…?ま、気持ちいいからいいわね~!うっとり~。

Kumi3

 

 

カミーノで食べたラム肉が新鮮な理由

 

バーベキューは終わり、おじさんたちは片付けを始めました。

私は実を言うと、ラム肉は苦手でした。しかし、ここで食べたラム肉は、ぜんぜんラム臭くなかったのでした。それで美味しく食べる事ができました。

「このラム肉、匂わないのは何故ですか?」

と、羊飼いのおじさんに聞いてみました。すると

「フレッシュだからさ。来てごらん。」というのでした。

私たち3人は、おじさんの後に付いて行きました。道を渡ると、すぐにおじさんの家がありました。

その裏側に廻ると…

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊1

おお!

所狭しと羊たちが、ひしめいていました。

あ~、新鮮…、なるほどね…。

Kumi3

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊3

なんだか、すみません…。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊2

鼻の敏感なChaiとDenは、ニオイにノックアウト!  

 

スペインの人気スポーツ、卓球にはまる

 

マスターが

「バルのテラスの脇に卓球台があるから、使っていいよ」ラケットと玉を貸してくれました。

そう言えば歩くこと以外、公園でちょっと遊ぶほかは身体を動かす機会がありませんでした。

最初の1時間は、私も卓球遊びに加わり、エクササイズがてら楽しみました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 卓球、アルベルゲ1.2

その後私が抜けたあと、DenとChaiはず~っと卓球に没頭していました。

夜7時。

晩ご飯が出来たよ~!

Kumi3

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ トマトパスタ

いただきま~す!

Chai

ChaiとDenは、パスタを一瞬でかき込み

ごちそうさまっ!また続きやるね!

Den

と、外の卓球台に向かい、出ていきました。

ときおりヒマな巡礼者が対戦相手に入ってくれました。

そろそろ、止めてさ。明日の準備ないの?

Kumi3

などと声を掛けていました。

 スペインの日暮れは遅く、夜の10時ぐらいまで明るいのでした。2人は玉が見えなくなるまでやっていました。

私は、しまいには卓球台へ行き

もう、いい加減にして!

Kumi3

と怒ってしまいました。

そのあと、2人は寝袋にピュ~っと飛び込み、すぐさまグーグーと寝てしまいました。

ヤダ、あの人たち、8時間も卓球してた…。今日はでもハンモックでもなく卓球デ~だったのね…。

Kumi3

そして、今まで屋外の公園に、卓球台があるのをずっと不思議に思っていました。

アルベルゲにもあるとは…。

サッカーだけでなく、実は卓球もスペインの超人気スポーツなのだ!と確信したのでした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です