サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

21/60サンティアゴ巡礼途中で辞める日本人の書込みに巡礼の意味考える

WRITER
 
506ブルゴス柵越しにみた教会
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

5/6(木)ブルゴス観光日 0㎞/€49 小さいアットホーム公営宿 寄付€3

 

ブルゴスの街には、大聖堂がありました。

「中の展示は、是非!観た方がいいよ!とオスピタレロのおじさんにお勧めされました。

506ブルゴスアルベルゲホスタピレロ

見送りをしてくれたオスピタレロのおじさん。

私たちは、大都会に来たのも久しぶりでした。今日は、巡礼をお休みにして、ブルゴスおよび、スペインの街観光をする事にしました。

アルベルゲは一泊しか泊まることが出来ないので、昨日、道で会ったトモコさんおススメの、小じんまりしたアルベルゲへと移動することにしました。

そこのオープンは昼12時でした。5階建てのアルベルゲをチェックアウトしてから、3時間以上、空いた時間がありました。

 

506ブルゴス出発2

外は寒く、小雨が降っていました。

 

疲れた時はチョコレート祭り

 

大きな街でお金を下ろしておかねば…と、ATMを探しました。Englishの説明に戸惑いながらも、なんとか500ユーロの現金を手にし、すぐさまお腹の薄いウエストバックに入れました。

 

バルを見つけ、中で朝ごはんを摂ることにしました。

506ブルゴス朝食バル甘いパン

甘いパンとカフェレチェ、コラカオをたのみました。

軽く小雨が降っていました。それでもDenは

今日、歩かないなら、絶対に公園で遊びたい!

Den

というのでした。

私とChaiは、気がすすまないものの、他にすることもなく、コラカオやパンがなくなると、いつまでもバルに居るのも気が引けてきました。

私たちは小雨の中、公園を探しに行くことにしました。

しばらく、感を頼りに歩き回りました。

しかし、ブルゴスの街には、遊具のあるような公園は見あたりませんでした。

 

506ブルゴス親子モニュメント

それじゃあ、スーパーマーケットの食品探索をしようよ!

Chai

私とChaiはスーパーマーケットが大好きなので、果物、ハム、チーズ、パン、肉、魚、野菜、缶詰、お菓子、ヨーグルト…いくらでもチェックするものがありました。もう、楽しい趣味の世界でした。

Denは公園もないし、お菓子は見てしまったし、退屈してトーンダウンしてきました。表情無く、買い物時間が過ぎるのを待っていました。

まだ~?まだなの~っ!

Den

しまいにはプンスカしてしまいました。

はいはい、わかってるわよ~。

Kumi3

Denが楽しめるようにと、チョコレートクリーム(ヌテラの巨大な瓶と甘くないスティッククラッカーを買いました。

このヌテラというのは、ヘーゼルナッツ入りのチョコクリームでした。魔性の美味しさで、日本で会ったドイツ人女性の話では

「失恋したときに、ひと瓶スプーンですくって食べちゃうの。そうして自分をなぐさめるのよ…。」というぐらい美味しい、定番のチョコスイーツでした。

私たちは街角のベンチに座り、ビスケットでチョコをタップリとすくって食べるチョコレート祭りを開催しました。

 

506ブルゴスヌテラチョコクリーム

ヘーゼルナッツのチョコ!うーんうま〜い‼︎。

Den

Denはどうやら、気持ちが治まってきました。

チョコレートってすご~い‼︎

一瞬で人をシアワセ!にするのだから。

 

小ぢんまりしたアルベルゲ

 

12時、小ぢんまりしたアルベルゲに入りました。昨日、道で会った「オビディオの紹介です。」と言って一緒に写っているデジカメの写真をオスピタレロのおじさんに見せました。

するとおじさんは

「オ~!アミーゴ(友達)」と、大歓迎してくれました。

よかった~。

2段ベッドが、10台ぐらいあるアットホームなアルベルゲでした。私たちは荷物をほどき、一息つきました。

すると、昨日、このアルベルゲのことを教えてあげたリアが入って来ました。子どもたちと遊んでくれたセルジュも入って来ました。

二人とも

「ここいいね、落ち着くね!」と気に入ってくれました。

 

ギター演奏をバックに昼ご飯

 

皆のクレデンシャルの手続きが終わると、手が空いたオスピタレロは、スパニッシュギターを弾き始めました。

506ブルゴススパニッシュギターホスタピレロ

うわあ!本場〜、素敵!

ギターの生演奏をバックに、ランチをすることができました。スーパーマーケットに寄ったばかりなので、食料が豊富でした。

 ブルゴス大聖堂に行きたいけれど、外は雨が本降りになってきました。今日の天気は雨が降ったり止んだりです。もう少し待ってから外に出ようと、ダイニングテーブルで、お茶を飲んだり日誌を書いて過ごしました。

なかなか雨が上がらず、アルベルゲの住人はヒマでした。

506ブルゴスチュッパチャプス分ける

ChaiとDenは、チュッパチャプスキャンディーを

味で分けるという重大な仕事?に真剣でした…。

 

リアが似顔絵を描いてくれた

 

トサントスから3日間、アルベルゲが一緒のリアは、ドイツ人でした。ギターが上手で、手袋をくれたり毛布をわけてくれたりと、親切であれこれ助けてくれました。

506ブルゴス似顔絵2

退屈していたChaiとDenに声を掛け、似顔絵を描いてくれました。

 

506ブルゴス似顔絵

アハハ!そっくり~!

「似てる似てる~!」アルベルゲの他の人たちも、通りすがりに声を掛け、ニコニコ笑って楽しんでいました。

 

もっと英語が話せたら!

 

「Kumi3は絵を描かないの?」とリアに聞かれました。

「うん、描かない~。」と、ついウソをついてしまいました。

描かないどころか、実は絵本を描いて上野の美術館で賞を取ったことがありました。もう10年ぐらい前のことです。

カミーノに来たら、絵が描きたくなるかなと思って水彩色鉛筆を持ってきましたが、画材が重たく、使う時間も無かったので、パンプローナの街から日本へ送り返してしまいました。

「ここ数年、絵やイラストに全く興味が持てなくて。どうしてかな。忙しいからかな。頭にアイデアが浮かばないからかな…。何が描きたいのかわからないのよ…。」

そんなことをリアと話してみたかったのですが

自分の英語力の低さのせいで、私は黙り込むことを選んでしまいました。

あ~、もっと英語が話せたら‼と この時、痛感しました。

 

ブルゴスの大聖堂に入る

 

雨が上がってきました。ブルゴスの街と大聖堂を探索に出かけよう!と外へ出ました。

506ブルゴス大聖堂2ブルゴスの大聖堂に入りました。

 

506ブルゴスレリーフのある四角教会

実に細かく彫刻が施されていて圧倒されました。

 

506ブルゴス大聖堂エントランス

クレデンシャルを見せると

巡礼者は入場料が半額になりました。

 

506ブルゴス大聖堂天井

高い天井、星型に透かし彫りがありました。

 

506ブルゴス展示室ヤコブ

きらきらしたヤコブ像もありました。

廊下には、いくつものカトリックの油絵が飾られていました。それはマリア像に抱かれた子どもといった幸福なものばかりではなく、むしろ血を流したリアルな戦いの残酷な絵なども、かなりの数ありました。

舌を切られる、胸をえぐり取られる…など…。

うわわ、けっこう怖いね…。

Chai

 

ステンドグラスは、絵本のようにストーリーになっていました。 

506ブルゴス大聖堂ステンドグラス1.2

ChaiとDenは、真剣に観ていました。

 

506ブルゴス教会の中の棺室

石柩の部屋です。教会の中は神聖な雰囲気が漂っていました。

 

506ブルゴス展示室モニュメント黒い

ChaiとDenは途中から飽きてしまうかな、、、と思ったのですが、最後まで興味を持って観ることができました。

 

506ブルゴス柵越しにみた教会中から見上げたブルゴス大聖堂です。

 

506ブルゴス展示室ミニチュア大聖堂

展示された模型で、ブルゴス大聖堂の全貌がわかりました。

 

ウインドショッピングの幸せと憂鬱

 

街に探索に出ました。午前中の探索は、バックパックを背中に背負っていたので、スーパーマーケットぐらいしか行けませんでした。

さあ、荷物無し!、賑やかなブルゴスの繁華街を、ウインドショッピングにと出掛けました。

506ブルゴス剣と盾剣や盾やナイフのお店は、Denが好きで、店内に入り見て歩きました。

 

506ブルゴス街エミー

日本で好きなグッズのお店を、ブルゴスで発見しました!

この本、持ってる!ここで見るなんてなんか嬉しいな。

Chai

街を歩きながら、私たちは

「わあ、素敵なシャツ!このバッグも見てよ~。かわいい!」

と、何度も声を上げました。しかし欲しいものがあっても、買えません。荷物が重たくなるからです。

アクセサリーなら、なんとか持っていけるかしら…と、Chaiはヘアピンを探して買いました。Denが耳が寒いというので、ヘアバンドを探すことにしました。

506ブルゴスヘアバンド街で買う

いままで田舎道、原っぱが続いていたので、久しぶりの街探索、ウインドショッピングにめちゃくちゃエキサイティングしました。

ヘアバンド一つを買うだけなのですが、何軒もお店をまわり、選び過ぎて、終いには目が回ってしまいました。

そして、やはり私とChai が買い物モードに入ってしまうと、

Denは目が三角になっていきました。

ねえ~早く~!ねえ~早く~!ねえ~早く~!ねえ~早く~!ねえ~早く~!ねえ~早く~!

Den

今、終わるから、ね。もう、すぐだから!

Kumi3

800回ぐらい言うのでした。

私たちは、カミーノの田舎道を連日歩き、雨、風、雪、泥ですすけていました。服も着回し洗い回しで、ヨレヨレしていました。

けれど、ヨーロッパのおしゃれで華やかな街をフラフラ見てまわるなんて事がたまにできると、心がウキウキ、きらきら、ワクワクしてくるのでした。

 

子どもが自由に遊べるっていいなぁ

 

途中、小学校の前を通りました。

506ブルゴス小学校

子どもたちがスケボーで遊んでいました。時間は夜の8時半でした。夕暮れは9時半過ぎでした。

スペインは、このぐらいの時間でも子どもたちが外で遊んでいる姿をよく見かけました。夕食が10時過ぎなので、日本であてはめて考えてみると夕焼けチャイムの前からぐらいの時間なのでしょう。

うらやましいな、と思ったのは

スケボーやボールで自由に遊べるということでした。公園の遊具もブランコや滑り台の他に、スケボーのスロープ、バスケットのゴール、卓球台、バーベキューのかまどなどがありました。

日本では、公園でもスケボー、ボール遊びは禁止です。まして小学校にスケボーを持って行くなんてことも、もちろん✖️です。

日本の子どもの遊びは なんだか窮屈だなぁ、と感じました。

 

506ブルゴス高架下移動

さあ、アルベルゲにもどろうか。

 

スペインのチュロス

 

アルベルゲに戻り、入り口のドアを開けようとすると、直ぐ隣にバルがありました。

店頭のボードに

「Coffee and Churros」(コーヒーとチュロス)と書いてありました。

あー、チュロスだ!食べたいっ!

Chai

細長くて甘〜い揚げ菓子のチュロス。

いいね。ちょっと冷えたし疲れたしね。コーヒーと本場のチュロスを食べて、休憩しよ~う!

Kumi3

バルに入りました。

506コーヒーとチュロスのバル

バルのおじさんは

「油が温まるまで時間が掛かるよ~、いいかい?」と言いながら作ってくれました。その間、雑談をしました。おじさんは英語は少し話せる感じでした。私と同様でした。お互い、出来るかぎりの能力を駆使して英語でおしゃべりをしました。

日本から来たこと。

フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポーから歩いてきたこと。

ブルゴス大聖堂のステンドグラスが素晴らしかったこと。

おじさんはチュロスを油から取り上げ、 最後に

パッパパ〜と、砂糖をかけました。

熱々の、揚げたてのチュロスです。

うわぁ!美味しそう〜。

私たちは寒い中、街中を歩き回り腹ペコでした。ナプキンで挟み、アツアツのチュロスにハフハフしながら、かじりつきました。

うっ…!え?

Chai

うあっ!え?

Den

えっ…?!

Kumi3

それから三人は声を揃え叫びました。

「しょっぱい〜!」

すっかり

チュロスは超甘いもの!

と、信じて疑わずに、かじりついたので

塩味にビックリ!してしまいました。

日本ではチュロスは甘い!と決まっていました…。

私は思わず席を立ち、おじさんのところへ行きました。

チュロスを指さして

チュロス…、スタンダード?

Kumi3

と聞きました英語が合っているかわかりませんが、何かオーダーの仕方を間違えたのか確認したかったのでした。

もしかして、甘いチュロスがあったのかも…?

おじさんはニコニコして

「イエ〜、チュロス、ビエン?(おいしい?)と答えました。

「シ、シ(はい)」と返事をし、

それ以上つっこむことも出来ず、席に戻りました。

「なんかスペインのチュロス、塩味みたいよ…。」

ふ~ん…。」

みんな甘〜い揚げ菓子を想像していたので

意表を突かれビックリ!してしまったのでした。

甘いものが欲しかったのでシーンと静まり返った三人でした。

でも、頭のチャンネルを切り変えれば、熱々のフライドポテトみたいで美味しいじゃない!

Kumi3


 

506スペインチュロス

リアとセルジュにも、この塩っぱいチュロス事件を話しながら、一緒に食べることにしようと、残りのチュロスを包み、バルを出ました。

 

持ち寄り夕飯でドライソーセージを知る

 

アルベルゲに帰りつくと、食べものを持ち寄っての夕ご飯が始まりました。

506ブルゴス巡礼仲間持ち寄りランチ

パン、ハム、ツナペースト、ドライフルーツ、ナッツ、アボカド、キウイ、オリーブ、梨…。

1リットル60円紙パック赤ワインを開け、リアとセルジュと乾杯しました。子どもたちはプリンでした。

セルジュが、ドライソーセージを薄く切りわけてくれました。

 

ドライソーセージとピクルス

ゲッ、これ何だろうっ?

Kumi3

スーパーマーケットや町の食料品店でよく吊るされていました。なんだか、白い粉が吹いていて、カビみたいでミイラみたいで、ちょっと怖くて手が出ませんでた。薄切りを恐る恐る食べてみました。

美味し~い!塩味がパンに合うね!

Chai

3人は 絶賛の嵐!!でした。

しかも、乾燥していてヒモが付いているので、持ち運びが楽、一本30㎝ぐらいでお値段も€2ぐらいでした。この日から、お店で見つけると、必ず買うようになりました。

とても楽しい、夕食タイムを過ごすことが出来ました。

 

アルベルゲの書き込みノート

 

今日はアルベルゲに入るのが早かったので

506ブルゴスアルベルゲベッド

3人とも2段ベッドの下の段が取れました。

落ちる心配が無く、安心安心!

Chaiがアルベルゲの書き込みノートをみつけました。各国の言葉で、メッセージやイラストが自由に書かれていました。

たいていがカミーノを歩く喜び、出会いに感謝!といった内容だったのですが、

あ、日本語発見!えっ、でも…この人は…。

Chai

やっと見つけた日本語の文字、その内容は

 『これ以上、歩いても意味ない。あばよ!俺はここで帰るぜ。』

と、書いてありました。

 ドキッ!としました。

また意表を突かれました。チュロスにつぎ、今日2度目でした。

 「歩いても意味がない。」なんて…。

なんだか、悲しくなるわ…。

Kumi3

カミーノをポジティブなチャレンジと捉え、疑いなく歩いてきた私たちにとって、とてもショックな言葉でした。

なんで意味がないんだろう??

暑さ、寒さ、足の疲れ、荷物の重さ、雨、泥汚れ、シャワー、節約…

どれもが我慢大会になってしまったのかな…。

『じゃあ、あんたは意味あるのかよ?』と聞かれたら、私はどう答えるだろう…。

消灯になり、寝袋に入りました。

 

※以下 『見知らぬ俺』と「私」の架空の問答です。

見知らぬ俺:『じゃあ、あんたは意味あるのかよ?』

私:「意味あるよ‼︎ だって…」 だって…の後がうまく続きません。

私:「毎日、ひたすら歩いて、体力的にも精神的にも自分の底を知るチャレンジだと思う…。」

見知らぬ俺:『それが何?』

私:「蛇口をひねればお湯が出て、便利で居ながらにして物が届き、情報もSNSで簡単に手に入る生活の中から、コントロールできない天候、自然、出会い、食べ物、全てをカミーノに委ねる生活をしてみるって、チャレンジや知らないことの連続で、なかなか面白くなかった?」

見知らぬ俺『いや?別に。』

私:「ここで出会う人々や物事に、共感したり反感したり、助けたり助けられたりの旅暮らしで、今までにない自分を発見してビックリすること、無かった?」

見知らぬ俺:『それって、意味あんの?』

私:「国籍とか、性別年齢学歴、仕事お金持ち、貧乏…

そんな事とは全く関係なく

同様に感じることってあるんだなって。

凍えた日にたどり着いた温かいシャワー。

酷暑の下でやっと手に入れたひと口の水。

少ない食料の中で仲間が分けてくれた一切れのパン。

ひどく疲れて座り込み、もう動けないと思った時、どこからか聞こえてきたギターの音で、なぜか回復したようにまた歩き出せた時…。

日常では気が付かない細やかな幸せ喜び。

それこそが生きていくために、大事なことなのかなって。人間の基本、歩くことをしながら、それを感じ、探っていくのが、カミーノなんじゃないかな…って。

見知らぬ俺:『本でも分かるんじゃね?』

...私はいつしか『見知らぬ俺』説得する言葉を探していました。

人は、それぞれの価値観でいいのに…。

頭でわかっているつもりが、私はなんだか『見知らぬ俺』

せっかくここまで来たのじゃない!…

おせっかいな考えを起こしていました。

もし、あともう一歩…。

次のページを開けてみたら、

出会う世界があったかもしれないのに…。

きっと、学業?仕事?費用?予定?体調?を調整して来たはずだろうに…。

そう思うと、さらに残念に思ってしまうのでした。

しまいには眠れなくなってしまい、ベッドの上の段の金網をじっと見ていました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です