Building/アルベルゲ、建物は表情がいっぱい!

アバター
WRITER
 
目のついたアルベルゲアイより
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

アルベルゲとは宿泊所のこと。2段ベッド体験!

目のついたアルベルゲアイより

つい、泊まってみたくなるね。傾いてるけど、、

 

おかんとアイアルベルゲ泊まった

スタンダードなアルベルゲ。民間経営はたいてい設備が整っています。お値段も、ちょっと高めです。

 

アルベルゲ看板バス

アルベルゲの看板。カミーノ参加者が多い国の旗。日本の旗がないのね…。

 

オリソンアルベルゲ

フランス側の最後のアルベルゲ、オリソン。

 

ベッドブルゴス

とあるアルベルゲ。ここは仕切りがあるから眠りやすい。

 

アルベルゲベッドアイより大抵はこのようなスタイル。いびきのすごい人が近くにいると、アウト!

 

アルベルゲ入り口アイよりアルベルゲの看板は割と地味です。見逃したら大変!

 

424アルベルゲベッド寄付のアルベルゲ!

 

三段ベッドビアナのアルベルゲの三段ベッドは不評〜

 

430アルベルゲナバラのアルベルゲ。

 

430ベッド上の段で柵がないと、けっこう怖いです。

 

石造りの建物は500年前からあるものも!

 

パンプローナシティホール

パンプローナのシティーホール

 

パンプローナ古いビル800

 

425町並み出発

夕方、町の中でアルベルゲを探す。

 

 

 

カミーノ ホステル看板 町と青空

青空、歩き出し。町がもうすぐ終わるね。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です