サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

Building/アルベルゲ、建物は表情がいっぱい!

Kumi3
WRITER
 
目のついたアルベルゲアイより
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのです。そしてカミーノは、まるで私の人生に組み込まれていたように日々が運び、それは長女にまで繋がっていたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

アルベルゲ宿泊所はどんなところ?

 

まずはサンジャンピエドポーの巡礼事務所です。

 

巡礼事務所パパお

クレデンシャル(巡礼者の持つカード。毎日宿泊したところでスタンプを貰う。)を発行してくれます。

クレデンシャル

アルベルゲのスタンプで一杯になったクレデンシャル。

 

SJPPぱぱお

サンジャンピエドポーの街並み。

 

 

アルベルゲ入り口アイより

アルベルゲ(Albergue)とは宿泊所。

男女共同で2段ベッド、シャワー、トイレは別室です。

 

 

目のついたアルベルゲアイより

つい、泊まってみたくなります。傾いてるけど、、

 

おかんとアイアルベルゲ泊まった

民間経営のアルベルゲはたいてい設備が整っています。お値段も、ちょっと高めです。

 

アルベルゲ看板バス

アルベルゲの看板。カミーノ参加者が多い国の旗。日本の旗がないのね…。

 

オリソンアルベルゲ

フランス側の最後のアルベルゲ、オリソン。

 

アルベルゲベッドアイより大抵はこのようなスタイル。いびきのすごい人が近くにいると、アウト!

 

 

424アルベルゲベッド

寄付のアルベルゲです。清潔でいい感じですが、二段ベッドの上段に柵が無いのが怖いのでした。

 

三段ベッド

ビアナのアルベルゲの三段ベッドは夜中のトイレが、ちょっと大変~。

 

430アルベルゲナバラのアルベルゲ。

 

430ベッド上の段に柵ありません。大人でも時々落ちる人がいました。

 

515カミーノ 寄付 アルベルゲ Luffy 建物 サンティアゴ巡礼

ルフィアルベルゲ。寄付でありながら居心地のよいところでした。

 

515カミーノ 寄付 アルベルゲ Luffy ベッド サンティアゴ巡礼

ルフィアルベルゲのベッド。

 

515カミーノ マンリー アルベルゲ中庭 サンティアゴ巡礼 

マンリーアルベルゲ、窓から見た景色。

 

515カミーノ マンリー アルベルゲベッド サンティアゴ巡礼

マンリーアルベルゲのベッド。

 

518カミーノ マザリフェ アルベルゲ窓

マザリフェアルベルゲは、小部屋に2段ベッドが三つ、それぐらいだと落ち着きます。

 

522 カミーノ マンヘリン 部屋ろうそく サンティアゴ巡礼

マンハリンのアルベルゲ。

 

 

522カミーノ マンハリン小屋 ベッド サンティアゴ巡礼

ベッドが二段ではないと、それだけで嬉しくなります。

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 サンマメ 宿 庭黄色花

スモザアルベルゲの庭。

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 サンマメ 宿ベッドはねる

アルベルゲのドミトリーがいっぱいで個室に入りました。

時々、こんな感じの個室に泊まるとリラックスできます。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin アルベルゲ洗濯

洗濯は、洗濯機があればいいけれど…、無い時は手絞りで。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin に向かう アルベルゲ 並ぶ

アルベルゲのオープン待ち。

 

602 Camino カミーノ パラスデレイ papas de rai 向かう アルベルゲ前2

 アルベルゲの前で、のんびり~。

 

605サンティアゴアルベルゲベッド camino スペイン

サンティアゴのアルベルゲ。もとは神学校でした。

2段ベッドじゃないからちょっと嬉しいね。

Chai

一泊12ユーロでした。

 

608サンティアゴ巡礼 バル 簡易ベッド カミーノ アス・マロナス

バルの地下に、何とか泊まらせてもらいました。

 

608スペイン巡礼アルベルゲ ベッド 赤パイプ

スタンダードなアルベルゲの2段ベッド。

 

609 サンティアゴ巡礼 マットレス消防署 カミーノ セー

セー町の消防署の宿泊所。薄いマットレスを広げて寝ました。

ここは無料だったよ!

Den

 

614サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 2アルベルゲ前

ムシアのアルベルゲ。

 

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia アルベルゲベッド

木の2段ベッドでした。

 

517カミーノ leon レオン 観光日 パラドール玄関

スペイン各地に国営ホテルがあります。レオンのパラドール。

 

606Camino サンティアゴ巡礼 パラドール入り口

サンティア大聖堂のすぐ横の国営ホテル、パラドール。

いつか泊まってみたい~!

Kumi3

 

石造りの建物は500年前からあるものも!

 

パンプローナシティホール

パンプローナのシティーホール

 

パンプローナ古いビル800

パンプローナの街の広場。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 街水色壁

パンプローナの街並み。

 

425町並み出発

夕方、たどり着いた街でアルベルゲを探すときは緊張しました。

 

428ログローニョ Logrono 右横家 12

ログローニョへ向かう途中の家。葡萄のつるが力強く家を巻いていました。

 

カミーノ ホステル看板 町と青空

青空、歩き出しました。町がもうすぐ終わるね~。

 

512 カルサディージャ・デ・ラ・クエッサ カミーノ 17km一本道 行く前の教会

カルサディージャ・デ・ラ・クエッサへ行く17㎞一本道の手前の建物。

 

513 サアグーン 石橋 1.2サンティアゴ巡礼 

サアグーンへ行く途中の石橋。

 

516 カミーノ サンティアゴ巡礼 レオン街 城壁

レオン街の入り口に城壁。

 

517 カサデロスボディーネス ガウディ カミーノ 通る12

レオン街のカサデロスボディーネスは、ガウディが作った建物。

 

518カミーノ leon レオン 煉瓦小屋

これも家?洞窟?牢屋利用かな?

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ 家2

なんでもない家ですが、ドアの造りがステキ!

 

509 camino 門 カスティージャ

カスティージャに」行く途中の教会跡。

520 カミーノ アストルガ 建物 鐘

アストルガの市庁舎。

 

521 カミーノ アストルガ 街歩き出す サンティアゴ巡礼 

アストルガの街並み。

 

522カミーノ マンヘリン 石壁壊れ サンティアゴ巡礼

かつて家だった…。

 

522 カミーノ マンヘリン 石壁の家

マンハリンの壁。

 

 

522 カミーノ マンヘリン 家 青空

マンハリンの入り口にあるアルベルゲの納屋。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 12田舎道石家

古い石造りの家。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 街並み12

ポンフェラーダ手前の町の通り。

 

524 カミーノ ビアフランカ お城 サンティアゴ巡礼

ポンフェラーダの街の城。

 

524 カミーノ ポンフェラーダ 女の子モニュメント街サンティアゴ巡礼

建物?というか。巨大な建造物。

 

 

527 カミーノ オスピタルデコンデサ 防風林

ガリシア地方に入ると、家の屋根が黒っぽく、壁がレンガ積みから石積みに変わりました。

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 2A石壁みる

古いかまどのある石造りの家。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin 牛小屋にいるいる

牛小屋はこんな感じでした。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin に向かう 階段2

ポルトマリンの町に入る階段。

バックパックが重くて、一段一段が辛いのよね…。

Kumi3

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin に向かう 田舎道 両側石造り家12並んで

古いふる~い家。

 

602 Camino カミーノ パラスデレイ papas de rai 向かう 石造り倉庫

ガリシア地方の穀物倉庫。ジャガイモやトウモロコシを貯蔵するそうです。

 

603 カミーノ リバディソ・デ・バイソ 出発すぐの石造り建物

石造りの民家。暖炉の煙突もあってナイス!

 

603 カミーノ リバディソ・デ・バイソ 途中の町並み

タコ料理で有名なメリデの街。ちょっとした広場にマリア像がありました。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 煉瓦建物

古い石造りの壁と、レンガの屋根。

地震があったら崩れそうだね!

Den

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 川風景

川の周りの民家群。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 石建物 後ろ納屋ニワトリ

道すがら見た、農家。犬クンがしっかりとニワトリを見張ってくれていました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのです。そしてカミーノは、まるで私の人生に組み込まれていたように日々が運び、それは長女にまで繋がっていたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です