サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

Scenery/見においで!スペイン巡礼・カミーノの絶景!!

アバター
WRITER
 
425伝茶長い道
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2010年4月、母と15歳娘と10歳息子の3人は、東京からスペインへと向かいました。サンティアゴ巡礼の道(カミーノ)930㎞を歩くためです。期間は60日間、学校は3か月休みました。私と子どもたちは旅生活の中、世界中の人々と出会い、素晴らしい奇跡、また、がっかりな事件…と、学校では教わらないことをカミーノは教えてくれたました。スペインの景色や巡礼の生活風景を写真とともに紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

みち、路、道の景色

 

並んだ木大

 

写真表紙青空平原

 

 

ロバとチャイ

 

 

425伝道でダウン

 

 

オリソン朝焼け

 

 

 

504雪の坂

 

カミーノ ピレネー朝焼け サンジュアンピエドポー

ピレネー山脈の朝焼け

 

カミーノ ピレネー朝焼け雲海 サンジュアンピエドポー

ピレネー山脈中腹から、雲がみえた。

 

カミーノ ピレネー山脈 山越え、芝枯れ

ピレネー山越え

 

 

カミーノ パンプローナから 山道朝焼け

ピレネーの夕焼け

 

 

 

カミーノ パンプローナから 山道泥道

こんな泥の日もあるね…。

 

 

カミーノ晴れた見晴らし田舎道 パンプローナから

晴れただけでも嬉しい!

 

 

 

カミーノ 干し草 晴れた 田舎道

暑い暑い…。

 

 

 

カミーノ 晴れた 田舎道 続く 1.2

どこまで続くのかな…。

 

 

 

カミーノ 晴れ 空 矢印

「行けよ!」と空からのメッセージ

 

 

 

カミーノ 曇り 木 右に回る1.2

まだまだ、5月は寒い。

 

カミーノ雲、朝焼け 原っぱ

夕焼けの前のお日様のラストオーダー

 

 

カミーノ晴れ、道、メセタ大地

とにかく歩くしかないね!

 

 

カミーノ 左 木の影 夕焼け

夕焼けは10時過ぎ。一日が長い。

 

 

カミーノ 並木一本道 油絵のよう

油絵の中を歩くよう。

 

 

 

カミーノ 朝焼け、アスファルトの道

朝焼けも強い。

 

カミーノ 夕焼け街並み

これは朝7:17の太陽。

 

 

カミーノ マンヘリン朝焼け

マンハリン、山から。さてクイズ。朝焼けか?夕焼けか?

 

...答えは、朝焼けでした!

 

カミーノ アルベルゲ 庭、ベンチ

アルベルゲの庭。

 

 

 

カミーノ アルベルゲ 庭、黄色花

アルベルゲの庭、お花畑。

 

 

カミーノ 公園 朝焼け 木漏れ日

朝の公園。

 

 

カミーノ 公園 朝焼け 木漏れ日1.2

森の朝もやの中を歩き出す。

 

 

カミーノ 芝生大の字

道の芝生で大の字?Tの字かな。

 

カミーノ 靴 道標 草

ときどき、こんな風に靴が置いてある。道の途中だと、靴ずれとか、何かでリタイヤしたのかな?と思ったりします。

 

カミーノ 洗濯物 野原

道の途中、生活あり!

 

カミーノ 金網野原 夕焼け

これは夕焼け。

 

 

カミーノ教会 青空

これから星空に移行していく始まり。

 

カミーノサンティアゴ大聖堂 夕焼け オレンジ影

高台の道からみた、夕焼けのサンティアゴ大聖堂

 

カミーノサンティアゴ大聖堂 朝焼け

朝もやのサンティアゴ大聖堂

 

カミーノ 大西洋 フィステラ

 

フィステラの海。これが大西洋。

 

 

カミーノ 大西洋 フィステラ 夕焼けはじまり

フィステラ海の夕焼け始まり。

 

 

カミーノ 大西洋 フィステラ 夕焼け 半ば

フィステラ海、夕焼けの半ば。

 

 

カミーノ 大西洋 フィステラ 夕焼け 沈む

このあと、ストンと夕日が落ちました。

 

 

 

木、草、花

 

樹齢800年の栗の木

樹齢500年の栗の木!

427きいろに赤い花

赤い花、一人で頑張ってる~!

 

 

カミーノ ピレネー山脈 木のシルエット

ピレネーの山の中で見上げた空。

 

 

カミーノ 神々しい 逆さま

なんだか、この木は存在感があるのだ。意思があるような。

 

菜の花423

四月は菜の花の季節。

 

 

425果てしない

何でもない道端。

 

 

425麦畑

麦畑が一面~。

 

425緑に続く道

何でもない田舎道。

 

427ムギばたけ

麦麦麦畑。

 

 

430麦畑

麦畑はたまにお花畑…。

 

 

 

507メセタ大地1本の木

かつて家があったのです…。と木は語る。

 

 

510ポブラシオン・デ・カンポス、サンティアゴ巡礼、野原に木が一本

木陰で休みたいなぁ。

 

 

512 カルサディージャ・デ・ラ・クエッサ カミーノ 17km一本道 魔女の木

わあ、魔女みたい~。

 

512 カルサディージャ・デ・ラ・クエッサ カミーノ 17km一本道 一本の木

何か、実がなればいいなぁ。

 

518カミーノ マザリフェ 右手 木の群れ

一族で寄り集まっています。

 

 

520 カミーノ オルビゴ 白樺ハヤシ

暑い日だったけれど、涼しいようば、清々しさがありました。

 

522カミーノ マンヘリン 景色 山と紫の花

山の景色を華やかにしてくれるピンクの花たち。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 枯れ木

この木は炭化しているのかな…。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 倒木12

倒木がとおせんぼ。

 

524 カミーノ ビアフランカ5月 さくらんぼAサンティアゴ巡礼

サクランボ、サクランボ、サクランボ~!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2010年4月、母と15歳娘と10歳息子の3人は、東京からスペインへと向かいました。サンティアゴ巡礼の道(カミーノ)930㎞を歩くためです。期間は60日間、学校は3か月休みました。私と子どもたちは旅生活の中、世界中の人々と出会い、素晴らしい奇跡、また、がっかりな事件…と、学校では教わらないことをカミーノは教えてくれたました。スペインの景色や巡礼の生活風景を写真とともに紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です