サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

パリから巡礼事務所へ、TGVでサン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ向かう。

WRITER
 
SJPPぱぱお
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

4/14(水) パリのトイレは有料だった‼︎

 

パリ空港近くの ibisホテルの朝食は、ビッフェスタイルでした。

パン、特にクロワッサンが美味しい!

コーンフレーク、ハム、チーズ、カフェオレ、ココア、果物、ヨーグルト、、。

もう一個、チョコクロワッサン食べちゃおうかな!

Den

 

イビスホテルビュッフェ

チーズが美味しい!

Kumi3

みんなお腹がパンパンになるまで食べました。

さて、出発です!

バックパックを背負い、ホテルを後に歩き出しました。

10分ぐらい歩き、地下鉄の駅に着くと、3人とも猛烈にトイレに行きたくなってしまいました。

トイレはどこ?

トイレはどこだ~っ?

やっと見つけました。

ふう~っ!

ところが、ドアが…。

開かない〜!

Chai

フランスの公共トイレは有料でした。しかも25セントユーロのコインしか使えない、自動販売機のようなドアになっていました。

トイレ行きたいよお~!もう無理。開けて~早く早くぅぅ!

Den

え~っ、25セント硬貨ないのよ。なんか買ってお札をくずして来るから待ってて。我慢 してよね、ねっ?、頑張って〜!!

Kumi3


私は走り、キャンディだか、ガムだか何だかわからないけれど、とにかく掴んでお札を渡し、コインを作りました。

それでなんとか3人は、間に合いました。

日本と同じに考えちゃいけないね…。

Chai

トイレについて学びました。

 

トイレ待ち弟

荷物を持ってのトイレは大変です。乗り換えの駅では、順番に荷物を見張りました。

もう、遅いな〜!

Den

 

 

地下鉄チケットが買えない~!

 

パリ空港の駅から、TGVが発着するモンパルナス駅まで、地下鉄で移動しないといけません。

チケットは自動販売機で買うのですが、現金は使えませんでした。使えるのはカードのみでした。

フランスはカード社会なのね…。

Kumi3

クレジットカードを入れ、コード番号を入れますが、何回やっても認証しませんでした。

昨日、ibisホテルでチェックインした時も、私のカードは読み取りに時間が掛かりました。

磁気が弱いのかしら~。ああ、まずいわ~。どんどん時間が経ってしまう。TGVに乗り遅れてしまう~。

Kumi3

券売機の前で、私たちのアタフタぶりに気が付いたおじさんが、様子を見て取ると

「わたしのカードで買ってあげるから、その分の現金を渡してくれたらいいよ。」

3人分のチケットを買ってくれました。

その後も

「乗り換えが難しいからね!」

とモンパルナス駅まで誘導してくれました。

メルシー!

Chai

救いの神があらわれたのでした。

 

途中で電車は行き先が変わる⁉

 

モンパルナス駅から、無事、TGVに乗ることが出来ました。

車窓には、フランスの田園風景が続きました。

座席には大きなテーブルが付いていて、駅の売店で買ったケーキ、ジュースなどを広げ、遠足気分でした。

あれれ?動かないね...。

どういう訳だか...。

途中で電車が、止まってしまいました。

10分…  30分… 。

いっこうに、動き出す気配がありませんでした。

なんで?何でだろう。

Kumi3

待ちくたびれた人が降りて行き、車内の人影はどんどん減っていきました。

何か、アナウンスがあったのかもしれませんが、さっぱりわかりませんでした。というより、行き先の合っている電車に乗っているのだから、座っていればいいのだ!と何も疑うことなく座っていました。

満員だった車内に、いま残っているのは、数人でした。

電車の通路を通った女性の車掌さんに聞いてみると
「この電車は行き先が変わったの。次に来る電車に乗っていくように。」と英語で言いました。

私は、なんとか聞き取ることが出来ました。しかし、半信半疑でした。

え~っ、行き先が変わるなんて…。そんなことあるの⁉ 確かにバイヨンヌ行きだったけれど…。

Kumi3

車掌さんが

「はやく降りて。電車がもう出る!」

と急かされ、バックパックをひっつかみ、3人は慌てて電車からホームへ飛び降りました。

うわあ!

Den

ドドドド~ッ...!

プシュー

その途端、電車のドアは閉まりました。

セーフ!

あぶなかったね~!

Chai

 

415サンジャンピエドポー、駅時計、サンティアゴ巡礼

ホームで待ちぼうけの人々は、みんな混乱していました。

訳が分からないまま、車掌のアナウンスで次の電車に乗り換えました。

この先の予定はバイヨンヌ駅へ行き、そこからバスに乗り換えサン・ジャン・ピエ・ド・ポー駅へ行くのでした。

時間がかなり遅れてるわ…。乗り換えに間に合うかなぁ。

Kumi3

 

 

バスの乗り換え時間1分!!

 

私は、電車の中でやきもきしていました。通常であればバイヨンヌ駅でバスに乗り換えるのに、2時間ほどの余裕がありました。ところが、途中の駅でストップし乗り換えたばかりに、バスの発車時間は、どんどん近付いているのでした。

でも、バスって、電車の着いた時間に合わせて出発する予定になっているはずよね。たいてい~。

Kumi3

日本の時刻表を思い浮かべたりしました。

 

が、しかしかなり時間が押していました。

えっ?、大丈夫かな…。

Kumi3

不安になって来ました。

やっと、バイヨンヌ駅に着きました。

時間は15:08分でした。

バスの出発は15:09分でした。

うわっ、乗り換えが1分しかない!しかも、バスのターミナルはどこ~っ?とにかく、わかりそうな人に聞かなくては‼

Kumi3

同じ電車から降りたOL風のお姉さんに、チケット見せました。

すみません。これ見てください。

Kumi3

目の前に、チケットを広げました。

お姉さんは、バスチケットの出発時間を見た瞬間、

血相を変えました。

「こっちよ!」

と、いきなり手招きの猛ダッシュで、一緒に走ってくれました。

あのバスだ!うわあ、行かないで~!

Chai

4人は走って走って息を切らし、なんとかバスのドア前に着きました。

手を挙げて、乗ります乗ります~!と激しくアピールをしました。

ハアハア…、

間に合った〜!

慌てて乗り込み、後ろを振り返ると、OL風のお姉さんはニッコリと笑い、爽やかに行ってしまうところでした。

メルシ~!

Den

私たちは、大声で叫びました。

今朝、ホテルで教わったフランスの「ありがとう!」を地下鉄に次いで再び、言うことができました。

 

ついにサン・ジャン・ピエ・ド・ポー到着!

 

サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(SJPP)は、ピレネー山脈の中腹にある町でした。

バスは、かなりのくねくね道を長い事、登って行きました。

着いた時には、ChaiもDenもすっかりバスに酔ってしまい、真っ青な顔をしていました。

座って休ませよう、と思いました。

すぐ歩いたところに、食料品屋さんを見つけました。

 

415サンジャンピエドポー、アイス、サンティアゴ巡礼

大好物のアイスを買い、ひと息いれました。

もう、気分は大丈夫ね?さあ、行こうか。

Kumi3

一緒のバスに乗って来た他の人々は、皆んな巡礼事務所へ行ってしまったようでした。

バックパックを背負って前を歩いている人は、一人も見当たりませんでした。

 

ここから巡礼事務所まで、15分ぐらいの距離というのは、調べた時に記憶していました。

とにかく、まっすぐ行ってみよう。

古い石造りの城壁をくぐり、坂道を登る道に出ました。

 

地元の女性を見つけ

「巡礼事務所はどこですか?」と聞いてみました。

サンジャンピエドポー町案内してくれた

「こっちよ。付いて来て。」

と、一緒に歩きながら案内をしてくれました。

またもや

メルシー!

Kumi3

今日、3回目でした。

 

巡礼事務所にたどり着く

 

たくさんの人々に助けられ、やっとサン・ジャン・ピエ・ド・ポー巡礼事務所にたどり着きました。

ここだね~。やっと着いた~!

Chai

 

巡礼事務所パパお

ChaiとDenは嬉々として、中へ入って行きました。

巡礼事務所の中で、係のおじさんが

「ようこそ~!」

とフレンドリーな笑顔で迎えてくれました。

私は、うれしさと安堵の気持ちで、へなへな~と脱力してしまいました。

ガイドブックを無くした大失敗は、ここにたどり着いたことで、半分は埋まったわよね⁈

Kumi3

ニコニコしながら、クレデンシャルと、巡礼者のシンボルのホタテ貝をもらいました。

 

クレデンシャル

クレデンシャルというのは、アルベルゲ(宿)にチェックインする時に、スタンプを押してもらうカードのことでした。(これは、すでにスタンプを、押してあるものです。)

これを持っていることが巡礼者の証明となり、アルベルゲに泊まることが出来るのでした。

 

Camino Walk Copy カミーノ アルベルゲ コピー

また巡礼事務所で、私たちはガイドブック代わりとなる

町の名前、アルベルゲ(宿)、距離が乗ったプリントを貰いました。

この先、この紙一枚を頼りとして、歩くことになるのでした。

おじさんは、アルベルゲに泊まる時のルールを説明してくれました。

①アルベルゲは一泊しか出来ないこと。

②予約が出来ないこと。

この二つでした。

ほか、出発の道順、モデルコースなどを説明されました。

「大人がだいたい、一日に22、23㎞程度歩けば、35日ほどでサンティアゴ大聖堂まで歩けるのだよ。無理のないモデルコースじゃな。」

ということでした。

巡礼事務所のおじさんは、とても親切でした。

「今日は。公営のアルベルゲは満員だから、少し駅に戻ったところに泊まりなさい。」と泊まる所の手配をしてくれました。

さらに「初日は距離が長いから、山の途中のオリソン宿に一泊した方がいい。予約してあげよう。民間のアルベルゲは予約が出来るのだよ。」と、初日の宿まで手配してくれました。

 

415サンジャンピエドポー、街並み、2.3.サンティアゴ巡礼

早速、今もらったホタテ貝をリュックに付けて歩き出しました。

ホタテ貝を付けていると、巡礼者だとわかるんだね!

Chai

 

 

ドミトリーってどんな所?(男女共同部屋)

 

そのアルベルゲは、一泊10ユーロ、小学生は無料でした。

2階建てで部屋が3つ、部屋の中には、2段ベッドが5~6台置いてありました。

男女の区別がなく、入った順に部屋を割り当てられました。

サンジャンピエドポーアルベルゲ

私たちは、この男女共同部屋、ドミトリー形式に泊まるのは初めてでした。

すぐ隣のべっドで、国籍不明のおじさんが荷物をほどいていました。

私たちは、ズボンを履き替えるため、いちいちトイレにこもって着替えていました

そのうち、ササッとベッドの隅でうまく着替え、隣がまったく気にならなくなって来るのですが…。

 

そのアルベルゲにはキッチンがありました。

道すがら入ったミニスーパーで、インスタントラーメンを見つけました。

日本では、ほとんど食べないインスタントラーメンでしたが、異国のお店で見ると、なんだか嬉しくなり、買いました。

山の中腹の町、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーの4月は、まだまだ寒く、キッチンテーブルですするラーメンは、とりわけ胸に浸みたのでした。

サンジャンピエドポーラーメン

あ〜、ラーメン、うまいな~!

Den

 

 

初めての巡礼仲間

 

ドイツからきた女性モニカと、KOREAの青年キンと一緒に食卓のテーブルを囲みました。

「なぜ、この巡礼にきたの? 」と聞かれました。

子どもたちは、あっという間に成長してしまうでしょ。だから、子どもが子どものうちに、一緒にカミーノを800㎞歩くチャレンジをしてみたかったの。嬉しいことも、つらい事もあるとだろうけれど、きっとそこで何か発見があると思ったの。学校だけが勉強するところじゃないと思ったのね。

Kumi3

と、つたない英語で話しました。

モニカとキンは

「それは、君たちにとって貴重な体験になること間違いない!」とChaiとDenを応援してくれました。

そして

「明日、いっしょに歩き出そうよ。」と誘ってくれました。

一緒に行きたいけれど、私たちは、ここにもう一泊して、やナイフを手に入れるつもりなのです。

Kumi3

と話しました。

モニカたちは、とても残念がってくれました。

2段ベッドの上で、この日のために買った寝袋を、初めて広げました。

奮発して、羽毛の軽くて小さいものにして大正解でした。

3人はジッパーを上まであげ、エビみたいに丸くなりました。

なんだかホカホカして、繭の中にいるみたい~!

Chai

毎日がキャンプだね!

Den

ChaiとDenが、ウキウキわくわくしながら横になっているのが伝わって来ました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です