サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

13/60サンティアゴ巡礼カメラ忘れ事件、巡礼仲間のリスペクト嬉し!

Kumi3
WRITER
 
428矢印
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。はじめは、歩き慣れず、背中の荷物も重く、泣きが入った子どもたちでしたが、五感をフルに働かせ、次第にたくましくなっていくのでした。
詳しいプロフィールはこちら

4/28(水) →ログローニョ / イースターバーニーチョコの朝食 10km/€29 大聖堂が素敵 公営 @€5×2人

 
 
 
 
427イースターバーニーチョコ朝食に、イースターバーニーチョコを食べました。
 

チョコレートでフル充電した~‼

Chai

今日はがんばれそうだ~

Den

私たちは朝からのんびりしてしまったため、アルベルゲを出るのが一番最後になってしまいました。

3人が玄関のドアを出た直後、アルベルゲの鍵は閉まり、オスピタレロは立ち去っていきました。

8時でした。

 

アルベルゲに忘れ物!

 
 
 
私たちは歩き出しました。
 
428ログローニョ Logrono 向かう Viana 街並み 2
手のひらの影を見ながら歩くDenでした。
 
 
 
428ログローニョ Logrono Via a 街並み 1
調子よく歩き出したのですが…
 
角を2つ曲がったところで

あ~っ!、カメラ忘れた!

Chai

え~っ!ほんとに⁈  大変だ、戻ろう。

Kumi3

ドンッドンッドンッ! 玄関のドアを叩きましたが、誰も出てきませんでした。
 
そうよね…、さっきオスピタレロは行っちゃたものね。
 
「カメラはどこに忘れたの?」と聞くと
 

キッチンの窓の下のイスの上

Chai

ありゃりゃ〜。いま8時20分か~。今日、アルベルゲが開くのは13時か14時ぐらいだね…。仕方ない、玄関の横で待っていよう…。

Kumi3

アルベルゲには、たいてい午前中は閉められていました。オープン前に掃除や準備をするのでした。
 
 

「ねずみ小僧Den」カメラ取り戻し作戦

 
 
今日のオープンまで4,5時間待つことになります。今日一日が終わってしまいそう...。

う~ん、ただ待っているだけじゃ、もったいないね…。よし!ダメもとでキッチンの窓が開いているか調べてみよう。カメラ取り戻し作戦よ!

Kumi3

Chaiにはアルベルゲ玄関の横で、荷物を見ててもらうことにしました。いつスタッフが来るかわからないので、待ちながらでした。
もし、スタッフが来たら、真っ先にカメラ忘れました!」と食堂へ取りにいくのでした。
 
Denと私は、カメラ取り戻し作戦。建物の周りを歩くと、キッチンルームの壁の下に来ました。窓の位置は2mぐらいの高さにありました。
 
ここは身軽な「ねずみ小僧Den」の出番です。
 
私はDenを肩車して、立ち上がりました。
 

重っ!ぐわっああ〜!どう、届きそう?

Kumi3

もうちょい、んん〜っ 、よいしょっ。届いた!

Den

あ~、だめだっ!窓に鍵がかかってる〜!

Den

残念〜、ゆっくり降りて〜。
 
「その隣の窓は?」
 
窓の下の移動し、同じようにDenを肩車し、キッチンの窓をチェックしました。
 

ダメ~っ!鍵~!!

Den

 
窓2つ、そんなことをしてみましたが、結果はきちんと戸締りがしてありました。
 
「そりゃそうよね、やっぱりね…。」
 
二人はのろのろと、玄関のChaiのところへ戻りました。
ダメ元作戦だったのですが、残念~。
 
カメラ取り戻し作戦は、あえなく失敗に終わったのでした。
 
 

子どものホームレス?

 
 
仕方ない、おとなしく待つことにしよう。
Chaiと私は、荷物整理をしたり、日誌を書いたりして時間を過ごしました。
 

寒い、寒くて居られな~い!

Den

 
 
428伝寝袋
Denは道に寝袋を広げ、寝ることにしました。
 

あら〜、子どもホームレスですか?

Kumi3

確かに、この日は風が冷たく、4月とは思えない気温でした。
 
 
 

お掃除のおばちゃん現わる

 
 
11時頃、お掃除のおばちゃんが現れました。
 

カメラをキッチンルームに忘れたのです。

Kumi3

と言うと
 
おばちゃんは中に入り
「これかしら?」と黒いカバーに入ったカメラをぶら下げて、出てきました。
 
 
428カメラあった
あ~、それです。それそれ!
 

ムーチョ 、グラシアス‼︎  あ~、よかった‼

Chai

 
さあ、仕切り直して出発だ〜!
 
428ビアナ町はずれ
町を抜けていきました。
 
 
428まど、教会ディスプレイ
教会の窓のディスプレイ。
 
 
 
428途中の教会
素朴な教会を後にしました。
 
 

石拾いで道草

 
 
 
428ログローニョ Logrono 田舎道 12
田舎道が続きました。
 
 
428分かれ道伝茶
歩きながらDenが石を拾いました。
 

これ、見て〜。白くてちょっと透き通ってるよ!

Den

あ、ほんとだ。ちょっと水晶っぽいね。

Kumi3

カミーノの道は、様々な石が見られました。水晶のような半分透き通ったものもあれば、平ぺったく手でポキポキ折れる石、ガラガラと穴の開いた茶色の石…、
 
道草のタネはたくさんありました。
 

早く行こうよ!

Chai

早く進みたい派のChaiが、ニラんでいました。
 
 

人は同じことを考える…

 
 
 
私は歩きながら、トイレスポットを探していました。
 
428ログローニョ Logrono 田舎道 風景
 

見晴らしのいい畑が続くわ。どこにもナイスなスポットがございませ~ん…。

Kumi3

 
 
 
428道伝茶まっすぐ
このあたり、木の陰がチラホラあるじゃない?ふむふむ。
 

田舎道をずっと行くと、長い間バルも公園も見当たらないのでした。トイレの近い私は、歩きながらもプライベートスポットのチェックは常に怠らないのでした。

しばらく行くと気が所々、見られました。

まあ、この辺がいいね。みんな、待ってて~。ごめんね~。

Kumi3

と一声かけトイレ休憩をとりました。
 
その木の裏側あたりは、ちょうどいい目隠しでした。
あ、でも、念には念を入れて、さらに奥のほうがいいかな~。
 
ふふふ、私って用心深いわ〜!
 
と思いながら、もっと奥へ進むと、あら不思議!
おんなじこと考えるんだ…、人って。
 
「形跡」がそこに集中していました…。
 
 
 

コウノトリの巣

 
 
歩いていると、鉄塔や教会の屋根に、コウノトリの巣を発見しました。
 
428コウノトリ鉄柱
その存在感ときたら!
 

わあ!でっかい!

Den

日本だったら、こんな大きな鳥の巣、絶対に撤去されてしまうよね。

Chai

 
428コウノトリ大
ヨーロッパでコウノトリは、赤ん坊や幸福を運ぶ鳥とされています。同様に、コウノトリの巣も大事にされているのだそうです。
 
 
428ログローニョ Logrono Pan パンランチ
 
鉄塔の下で、ランチにしました。
パンにハムとチーズを挟み、トマトをかじりました。
カミーノは、いつでもパンがおいしいのでした。
 
 
 

矢印・ゴーサインの雲

 
 
 
途中、矢印の形をした雲を見ました。飛行機雲とは違うようです。
 
 
428矢印
カミーノからのメッセージ。
 
「Go!行けよ、大丈夫だから!」
 
と、応援されている気持ちになりました。
 
 
 

水切りで道草

 
 
田舎道がら少しづつ、家が現れてきました。
 
428ログローニョ Logrono 右横家 12
右の家は、ちょっと瓦屋根がひしゃげた感じ、暖炉の煙突がみえました。
壁のはブドウの木のつるが茂って日よけになるのかしら。

中はどうなっているのかしら。入ってみたいなぁ~。

Kumi3

などと思いながら通り過ぎました。
 
 
ログローニョの看板が現れました。
 
428道しるべに積み石
カミーノの看板には、しばしば石が積んでありました。お供えの気持ちなのかもしれません。
 
 
428ログローニョ橋大きい
橋の向こうがログローニョの街でした。

今日のゴールはもうすぐだね!

Chai

あの橋を渡ると、やっとアルベルゲね~。疲れた~。

Kumi3

出発が出遅れていました。ログローニョの到着も遅くなっていました。
 

ねえ、川で水切りしたいっ!

Den

と言い出しました。
 
早くアルベルゲに着きたい気持ちなのですが…。私たちはDenのリクエストに、つい、ノってしまったのでした。
 
 
橋を渡らず左側の川岸に下りてしまいました。
 
 
428水切り伝
3人は、それぞれ平たい石を拾い集めました。
 
水面スレスレに投げ、石が飛び跳ねるさまを見て遊びました。
 
ピュンピュンピュンピュンピューン〜5回も石が跳ねると、何だか嬉しくて
 
思わず

やったね!5回〜!

Kumi3

あたし今6回〜!

Chai

へへっ!Denなんか、今8回~!!

Den

ええっ!悔しムッキー!!
 
それぞれが、回数を叫びながら夢中になって石を投げました。

ピュンピュンピュンピュンピュンピュンピューン ! 

でも、そろそろ行かないと…
アルベルゲが満員になっちゃうよ。
 
心の声が忠告しました。
 
428ログローニョ橋
そうだ、そうだ、行かなきゃね!と 橋を渡り始めました。
 
 
 

アルベルゲ、30分遅かったらアウト!

 

2時半、ログローニョに着きました。

アルベルゲにチェックインすると、3時に着いた人はフル(満員)と言われ断られていました。

88人も泊まれるアルベルゲだというのに…。

わ、あぶなかった…。

Kumi3

もし、満員と言われた場合、次の街のアルベルゲまで何キロか歩いていかなければいけないのでした。または割高の民間アルベルゲを探すか、10倍近い費用で、ホステル・ペンションに部屋を取る、ということになるのでした。
 
 

忘れ物、道草で出会えたタイミングの縁!

 
 
 
アルベルゲの入り口に東洋人の男の人がいました。
会釈したあと、歩み寄り
 
「あ~、コリア?チャイナ?ジャパン?お互いに声を掛け合いました。
 
 
「おお〜っ、ジャパーン‼︎ 」お互いに声がハモりました。
 
東洋人は、外見からではどこの国の人か見分けが付きませんでした。
人数的にはKOREAの人が一番多く、ほかはChina、Japanでした。
 
近付いて言葉を発っし、初めて国籍がわかるのでした。
 
「 わあ!子ども連れですか!」と驚かれました。
 
その人は、すでにベッドを確保していて、ログローニョの町へ出掛けるところでした。一緒にバルへ行こうという事になり、玄関のベンチで待っていてもらいました。
 
私たちはベッドに荷物を置き、シャワーと洗濯に取り掛かりました。
 
超特急でルーティンワークを終わらせ、アルベルゲの玄関へと向かいました。
 
428ログローニョテッピ
 
「僕はTeppiです。」
 
「私はKumi3、こちらがChai 、そしてDenです。」
 
と、お互いに紹介をし合い、4人でバルに向かい歩き出しました。
 
外に椅子のあるバルを見つけ、座りました。
 
オリーブ、タマネギのピクルス、ピパス(ヒマワリの種) チップスで、大人はビール、子どもはコーラをたのみました。
 
Teppiは、仕事の休暇を使いながら、カミーノを何回かに分けて歩いていました。

考えてみれば、この時間に、このアルベルゲの玄関ですれ違うことがなければ、私たちは出会うことはなかったのでした。

カメラを忘れた事件、なんとなく水切りをしてしまった道草が、結果的に、私たち4人が、バルで乾杯することに繋がっていたのでした。
 
このカミーノの、道で出会うというその偶然と縁を祝福し、みんなで乾杯をしました。
 
 
 

299回断られても300回目がある!

 
 
Teppiはとても愛妻家でした。
なんとプロポーズを300回して、結婚したのだそうです。
 
つまり、299回は断わられたという訳でした‼︎
 
けれどそれは、ただ口で300回言うのとは訳が違いました。
 
TeppiはAFSという公益財団法人の高校留学プログラムに参加し、語学を徹底的に学び、その一方でスポーツに明け暮れ、大学も大学院も、そして仕事もグローバルに展開する会社で、バリバリと仕事をしていました。
 
常に自分磨きを惜しまなかった結果、プロポーズは成就したのだと感じました。
 
Teppiから欲しいものは諦めるな。手にするまでとことん頑張れ!というメッセージをもらった気がしました。
 

バルの4人は、ずっと喋りっぱなしでした。

 
428アイス屋
途中、ChaiとDenはアイスクリームを買いに行きました。
 
Teppiは、英語とドイツ語が堪能でした。バルの外テーブルに座っていると、顔見知りのいろんな国の巡礼者たちが、Teppiに声を掛けてきました。
 
「ハイ!Teppi!」
 
すると、Teppiは、英語またはドイツ語で返し、談笑する姿を目の当たりにしました。

すご~い!

Chai

うらやまし~い!

Kumi3

かっちょいい~!

Den

私たちは、うっとりしながら見ていました。
Teppiは、そのうちの一人と夕御飯を食べに行くよ~と言うので、
私たちは、メルカドで買い物して自炊するよ〜と別れました。
 
 

メルカドディナー

 
 
メルカドを探索しました。
 
428ログローニョスーパーこぶた
 
肉売り場で、丸焼き用の子豚をみて、ドキッとしました。日本では、こんな様子は見たことありません。顔が付いていました。
 

もし、これをし買ったら、私…、料理できるかしら。自信ないわぁ…。

Kumi3

お肉、有り難く食べないといけないね。
 
 
428パスタ
私たちは、トマトパスタを作り、ソーセージを添えた夕食にしました。
 
 
428イチゴ
デザートにイチゴ、生クリームスプレー缶、シンプルなビスケットを買いました。これで、イチゴケーキもどきが食べられました。
 
今日のお楽しみのデザートでした‼︎
 
 
 

ログローニョのカテドラル

 

 
428ログローニョ教会大
15世紀に建てられたログローニョのカテドラルは、鐘が2つの塔に分かれていて、彫刻が素晴らしいものでした。
 
 
428ログローニョ Logrono 教会 横から
後ろ横から見ると、こんな感じでした。
 
 
 
428ログローニョ街
街なかも、壁面に彫刻がいっぱい。
 
 
428ログローニョポスター
ログローニョのポスター。今年は聖なる年の巡礼ということでした。
 
 
428男胸像
胸像のモニュメントがありました。
 
 
428歩く銅像
巡礼者の像かしら?学生さんかしら?
 
そして、面白かったのが車止めでした
信号が赤になると、この鉄柱がせせり上がってきます。信号が青になると地面に引っ込むのでした。
 
 
428ログローニョ伝信号
Denが乗ってもビクともしません。
 
 

お別れのホタテ貝ブレスレット

 
 
 
その夜、街での夕食から戻ってきたTeppiは、ChaiとDenにカミーノのシンボルのホタテ貝をモチーフにしたブレスレットを、プレゼントしてくれました。
 
ChaiもDenもとても喜んで、さっそく腕にしてみせました。

うわあ、素敵!Teppi ありがとう!

Chai

一日に30km以上を歩くTeppiは、朝ご飯も昼ご飯も、歩きながらパンをかじっていく、超速足スタイルでした。

チュッパチャップスだ~カタツムリだ~犬が可愛い~水切りしたい~と、道草スタイルの私たちとは、ペースが全然違うのでした。

ここで、私たちはお別れでした。

 
 
 

ログローニョ夜の買い物

 
 
私たちは、ベッドに戻り寝袋に入ろうか、というところでした。
 
するとChaiとDenが

Teppiに、お返しに何か差し入れをしたい。お店に見に行きたい!

Chai

そうなの?OK、まだお店やってるわよね、急いで行こう!

Kumi3

いま、夜の9時でした。近くにお店があるのを覚えていました。
 
428ログローニョ Logrono 街並み夕方 12
私たちは、急いで夜の買い物に出掛けました。スペインは、まだ日が暮れていませんでした。
 
 
428ピパスとハートチョコパイ
 

ピパスのテリヤキ味っておいしいんだよ。そしてハートのでっかいチョコパイも、いいよね!

Den

 
428伝茶夜手紙
 

ねえDen、Teppiは寝てるかもしれないから、手紙を書いて付けようよ。

Chai

おっけ~!

Den

ChaiとDenは、お店の前の街灯の下で、持っていたノートの切れ端を破いて手紙を書きました。
 
 

「ねずみ小僧Den」再び!

 
 
夜10時、アルベルゲに戻ると、部屋は真っ暗になっていました。巡礼者は早寝早起きなのでした。
 
Teppiのいる部屋は、イビキに包まれていました。
 
今日、再び「ねずみ小僧Den」の出番でした。
小さなライトを持ち、足元を照らしながらTeppiのベッドまで忍び足で行きました。
 
たどり着くと、お菓子と手紙を枕元に置いて、素早く逃げてきました。
 
私とChaiは、部屋の外で待っていました。
 
コソコソ声で聞きました。

Den、うまく置けた?オッケ~?

Chai

うん、オッケ~‼︎

Den

コソコソ声で答えました。
 
ミッション無事終了です!
 
自分のベッドに戻ると、ChaiもDenも
ブレスレットを腕につけたまま寝ていました。
嬉しい気持ちで眠っているのがわかりました。
 
私たち3人は、久しぶりに家族以外の人Teppiと
 
なんの気兼ねもない日本語で、
カミーノのこと、日本のこと、自分のこと
思う存分に話すことができました。
 
Teppiは快く聞いてくれました。
 
そしてTeppiも、自分自身の話しをしてくれました。
 
今日、嬉しそうに眠っているのは、ブレスレットが素敵だったからだけでなくTeppiが、ChaiとDenを大人と同じように巡礼者としてリスペクトしてくれたこと、それで今までカミーノを歩いて来た自分たちの日々を、誇らしく思えたのでした。
 
この日を機に、暑さや疲れは、あい変わらずあるものの
 
自分はカミーノを歩く巡礼者だ!という主体性が出てきたのでした。
 
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。はじめは、歩き慣れず、背中の荷物も重く、泣きが入った子どもたちでしたが、五感をフルに働かせ、次第にたくましくなっていくのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です