サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

32/60カミーノお金の持ち方、首絞め強盗に遭った人が教えてくれた

WRITER
 
517カミーノ leon レオン ライオン水道
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

5/17(月)→レオン / 朝ごはんのジャム 観光日 0km/€53   @€4×2

 

アルベルゲRRMMの朝食は6時からでした。私たちは5分過ぎに食堂のテーブルに付きました

517カミーノ leon レオン 観光日 rrmm 朝食

ベイサンは、もうテーブルに付いていました。

ここは寄付なのに、朝食が付くなんて!なんとも有難いわぁ。

Kumi3

パン飲み物をお願いすることができました。私たちはコーヒーコラカオにしました。

そして各テーブルの上には、手作りのイチゴジャム、アプリコットジャムが置いてありました。

今日、40㎞近く歩く予定と言っていたベイサンは

パンた~っぷり

ジャムを乗せていました。エネルギー補給しなきゃね。

Denが目を丸くして耳元で言いました。

ねえママ、ベイサン見て!あんなにいっぱいジャム乗せてもいいんだね、Denもやろ~うっと!

Den

Denは、パンにパンの厚さと同じぐらい山盛りのジャムをのせました。

パクリ!

うっまーい!!

Den

私たちはシアワセ~な朝食をいただきました。

 

お別れの手紙は雲の形

 

玄関で出発するベイサンを、見送りました。

ベイサンは、私たち渡すものがあるとポケットから何かを取り出しました。

それは、ノートを雲の形のようにちぎって作ってくれたカードでした。

518 カミーノ レオン 手紙

には

“会えてよかった!。子どもたちと素晴らしい旅を。日本にいつか行きたいと思うよ!”

Chaiには

“菜の花みたいに明るくニコニコ輝いているChai。僕の英語を辛抱強くわかろうとしてくれてありがとう。”

Denには

“赤く小さな火の玉のようなDen、素晴らしいパワーを持っているね。巡礼がんばるんだよ!” 

そして、昨日の日本語レッスンで聞いたのかな。

「Saiyonara」(さよなら) と最後に書いてありました。

ベイサンは時間を割いて、一人ひとりにこんな心のこもったカードを作ってくれたなんて

Kumi3

私はジーンと胸が熱くなりました。

ベイサンありがとう!私も出会えて嬉しいよ!

3人は、それぞれハグをして別れました。

このカードをお守りにして、カミーノ歩こうよ!

Chai

ベイサンは、子どもたちと本当に楽しそうに遊んでくれました。またカミーノを歩くおじいさんおばあさんたちにも、大人気だったのでした。

 

スーパーマーケットの東洋人

 

歩きながらEroskiスーパーマーケットを見つけました。

お昼ご飯を仕入れて行こうか!

Kumi3

オッケー!

Chai

お店の中をうろちょろしていたDenが、興奮した様子で報告しに来ました。

ね、あそこに、日本人ぽい人がいるよ!

Den

へ?どこ?

 

Denは、隣の食品通路を指しました。そこに東洋人の男性が見えました。けれど、Korea(韓国)の人かもしれません。

西洋人のほとんどの人は、東洋人を見ても

Japan? Korea? Chaina?

全く区別がつかないようでした。

私たち日本人からするとChainaの人は、すぐにわかりました。なんとなく服装身のこなしが、少し私たちとは違う感じがしました。

しかしKoreaの人は、さっぱり分かりませんでした。向こうもそう思っているようでした。近づいて顔を合わせ、

「あ~っと、Korea?Japan?」と同時に声を掛け、言葉の違いでお互いにわかるのでした。

 

首絞め強盗に遭った日本人

 

あの…、日本のかたですか⁈ こんにちは!

Kumi3

517カミーノ leon レオン スズキ2

その人は、S木さんと言いました。スペインへ来たのは、3回目だそうです。今回のスペイン旅行は30歳の誕生日をサンチャゴ・デ・コンポステラで迎えるため、ということでした。

S木さんは、初めてスペインに来た6年前

スペイン南部の街、ゴルドバで

首絞め強盗 に遭っていました!

財布パスポート、時計、カメラ…

身ぐるみ全てはがされた!そうです。

パスポートを取り戻そうと抵抗したので、ボコボコにされてしまいました

そのあと、日本領事館へ行き、パスポートの再発行をしてもらい、無事に帰国することが出来たそうです。

わあ、怖いですね・・・。

Kumi3

S木さんは

「命があってヨカッタです!」と言っていました。

そんなことがあってもまた、よく、スペインへ来たのですね?

Chai

と聞くとS木さんは

「地中海を挟んで、すぐ向こうにアフリカ大陸があり、イスラム文化とキリスト文化が入り混じり、古い石造りの建物や教会、ワインと食事、おおらかな人々…。

スペインは、あふれる魅力いっぱいの国なのですよ。」と言いました。

私たちはスペインについて、このカミーノの巡礼の道しか知りません。

けれど、その気持ち分かるなぁ!とうなづきました。

 

517 カサデロスボディーネス ガウディ カミーノ 通る12

このレオンの街ひとつをとっても、建物のすばらしさ!

 

517カミーノ leon レオン 観光日 パラドール見上げる

建物に施してある装飾や彫刻、

まるで、美術館が街になったよう。

 

517 カミーノ レオン 街並み A

街の通りは、映画の中の街並みを歩くようでした。

606サンティアゴ Santiago Camino バル タコパンスープ601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin チーズケーキバル2

美味しい食べ物

503パエリアうかうか

パエリヤ~!

またお店は、お客さんが店内にいても午後はシエスタで、2、3時間お店を閉めるのが決まりでした。

そして平日の仕事が6時に終わり、それからも日没が遅く夜の9時半すぎ夕焼けでした。

 

大人でも公園でサッカー、バスケ、卓球をしたり

バルでビールやワインで飲みながら、わいわいがやがやとおしゃべりをして

仕事のあとの明るい自由時間が長く

くつろいで過ごす時間の余裕がたっぷりあるように見えました。

誰かが言っていました。

世界で一番の楽しみ上手

スペイン人なんだよ!と。

ヨーロッパの中でも、特にスペインっていうのは

飾り気のない生き方が際立つ国!なのでした。

 

スペイン旅ベテランの防犯チェック 

 

 憧ればかりを話していると、S木さんは

「油断をしないでスペインの旅をしないとね。」と身の引き締まる声掛けをしてくれました。

実体験で学んだS木さんに、巡礼の後にマドリッド、バルセロナへ行くつもりの私たちの、貴重品の持ち方のセーフティーチェックしてもらいました。

私は少し自信がありました。お腹の薄っぺらいウエストバッグ現金と3人のパスポートを入れていました。もうこれは、シャワーを浴びる時でも、寝袋の中にでも肌身離さずに持っていました。

その上に、タンクトップ、Tシャツ、長袖のプルオーバーシャツを着ていました。

ズボンは、アウトドア用のパンツで四つのポケットにチャックが付いていました。そのポケットの中にお財布を入れていました。

まあ、こんな感じでフランスから、ここレオンまで旅をしてきた訳ですが、特に危ないことはなかったのでした。

セーフティーチェックはすんなり合格かな~!

Kumi3


さらに、子どもたちも私も、日に焼け、雨風にさらされ、いいカンジにすすけていました。

とてもお金持ちには見えない!のでした。

 

が、しか~しっ!

間髪を入れず、チェックが入りました。

「あ~、全然ダメですね!

もう、お財布を使っていること自体がアウトです。

ここにお金が入ってます盗ってください!と言っているようなものです。

もう、今日からお財布はやめてください。

 

「どれどれ…、中を見せて・・・。

わ~っ!

カードまで入れているんですか?

最悪です!!!!!!

カードは、腹巻にいれてください。

使ったら腹巻に戻して、持つようにしてください。

お札はポケットに

10ユーロづつ分散して

持つようにください。

ちょっと多めにお金を使うときは、

靴下のすね、靴の中100ユーロ札を隠して持ち、払う直前にササッ!見られないように出してくださいね。

完璧なアドバイスをしてくれました。

ひえ~!わかりました。ありがとう、S木さん!今日からお財布を使わないようにしますね!

Kumi3

私は、その日から『現金分散10ユーロ方式』を実践することにしました。

それは日本に帰国するまで、ずっと続けていました。

 

サン・マルコス修道院、今はパラドール

 

 

517 カミーノ レオン パラドール

サンマルコス修道院の前に出ました。

 

517カミーノ leon レオン 観光日 パラドール玄関

大きい!彫刻が素敵!

いまはパラドール(五つ星の国営ホテル)となっていました。

517カミーノ leon レオン パラドール クレデンシャル

ひとり一泊2万5千円は無理なので、レセプションで

517 parador スペイン巡礼 クレデンシャル スタンプ

クレデンシャルにスタンプだけ、押してもらいました。

 

レオン大聖堂のステンドグラス

 

さあ、レオンのカテドラル。どんなだろうね。行こうか~!

Kumi3

517カミーノ leon レオン 大聖堂外観

角を曲がると、いきなり目の前に大きな三つのとんがりが現れました。 

わああ~、カッコイイ!

Den

大きい!素敵なデザインね~!

Chai

入場料は

大人一人5ユーロ、

子どもは半額の2.5ユーロでした。

中に入ると

517カミーノ leon レオン 大聖堂内観

わぁ!ステンドグラスに透けてくる光がまぶしい~!

 

窓の図柄が物語のように繋がっているのでした。

この窓からの光を見ていると、神秘的な気持ちになるね。

Chai

わあ~、素敵。いつまでも見ていたいな~。

Kumi3

 

517カミーノ leon レオン 教会中

大聖堂の祭壇も、素晴らしい装飾でした。絶えず祈りを捧げる人が行き、来ていました。

 

レオンの街でうっとり!⇒ がっくり!

 

 

ステンドグラスって、いろんな色が混ざった、光のシャワーを浴びているみたいね~。

見ていると、リラックスし心地よくなってきました。

天井が高くて開放感~、光が降ってくるね~!見とれちゃう。うっとり~!

Kumi3

…と

それもつかの間。

ママっ!トイレ、トイレっ!もう我慢の限界~!

Den

とDenが真っ青になっていました。

ええっ!…そうなの?いま~⁈

Kumi3

がっくり…

トイレを探し大慌てで一緒に走ることになりました。

聞いて回るとカテドラルの中にトイレは無いということでした。

仕方なく、カテドラルの外に出てしまいました。

バルを探しトイレを借りました。

あ~あ、中をもっと観たかった…。

Kumi3

517カミーノ leon レオン 大聖堂ステンドグラス外観広場のベンチに座り、カテドラルを見上げました。

 

518カミーノ leon 大聖堂 横アングル

せめて外観の美しさに癒されようとベンチに座りました。

巡礼仲間のリアは、これを描きたいと、ブルゴスからレオンへ行ってしまいました…。

わかるな~、うんうん、と思いを巡らせ再び

うっとり~!

と見とれるもつかの間…。

うわあっ!ママ、きゃっ!

Chai

ええっ何?やだぁ~!

Kumi3

今度は私の頭に

鳥の糞が直撃!

517カミーノ leon レオン 大聖堂 鳩フン

髪に白いドロドロがくっ付いていました。

がっくり…。

 

 

レオンの街のあれこれ

 

517カミーノ leon レオン プードル

スーパーマーケットの前でお行儀よく、ご主人を待つプードルちゃん。

 

517カミーノ leon レオン 豚肉 メルカド

肉売り場で見た豚肉。わあ、リアル~。

 

517カミーノ leon レオン ライオン水道

街中のおしゃれな水道の注ぎ口。

 

517カミーノ leon レオン ゴミ箱

街のゴミ箱。テレビのような扉を開け、ゴミを捨てるのでした。

 

517カミーノ leon レオン お店アクセサリー

ブレスレットを買おうとレジに行ったChaiは

「14時を過ぎたから、ダメ!」と言われ売ってもらえませんでした。そのあとお店はすぐに鍵を閉めました。時計を見ると14時を5分過ぎていたのでした。

シエスタは絶対!なのでした。

 

517カミーノ leon レオン 観光日 時計

街角の時計、おしゃれ~。なぜか、スペインは温度計がセットなっていました。

 

517 カミーノ レオン 街 モニュメント塔 ヤコブ

モニュメントは、ベンチに合体していていました。見て触れて、楽しむことができました。

こういうモニュメントってイイナ、楽しいね!

Den

 

517カミーノ leon レオン エンパナーダ

スーパーマーケットでエンパナーダアイスクリーム、オレンジが7個1.5€、重いけれど買いました。広場に座りランチにしました。

 

レオンの二つ目のアルベルゲに移動

 

今晩の宿は、レオンにあるもう一つの公営アルベルゲに移動しました。

5階建ての大きなアルベルゲでした。部屋は小じんまりしていてシャワーも温かく、まあまあの居心地でした。

518カミーノ leon アルベルゲレオン 取手とれた

ちょっと、ドアノブが壊れていましたが…。

荷物を置くと、大きなショッピングモールの看板が見えました。そちらのほうへ行ってみることにしました。

 

おじさん店員の親切は勘違い

 

スーパーマーケット、エロスキのライバル的存在

カリファーというところでした。とても広く、一階のフロアに食料品、服、電化製品、家具まで全て置いてありました。巨大倉庫といった感じのお店でした。

あちらこちら、スペインの生活用品を見て回りました。どれも買えないけれど、キッチン用品、スポーツ用品、おもちゃ、家具など、見て回るだけでも楽しくなりました。

子ども服売り場で、赤ちゃんサイズの赤いTシャツを自宅のワンコ、プちゃんのお土産に買いました。

さて、夕食を探そうと、調理済みの冷蔵コーナーへと行きました。

私はピザを買うことにしました。ChaiとDenは、ハンバーガーを手に取りました。

どちらも、電子レンジでチンすれば、チーズも溶け、ハンバーガーもアツアツ、それでもう今日のディナーは決まり!、手抜きができるわ!と目論んでいました。

きっとレジの近くに、電子レンジがあるでしょ~。

Kumi3

と思っていました。

それは、日本のお店を想定したのではなく、以前カミーノの途中で寄ったカリファースーパーマーケットで、買ったピザをお店の電子レンジで温めて食べている人を見たからでした。

な~んだ、日本と同じなのね〜!とそこで思ったのでした。

Chaiは、それを見ていなかったので

ここじゃ、温めるのは無理だよ~。

Chai

と言いました。

大丈夫よ、温めて食べてる人、前に見たのよ。じゃ、聞いてみるからね!

Kumi3

と、通りがかった店員のおじさんに

「これを今、温めて食べたいのですが…。」

ピザバーガーを見せながら身振り手振りの英語で説明しました。

私の英語もダメだけれど、おじさんも英語が苦手ようでした。

お互い困った変な笑い顔で、会話を続けていました。

おじさんは途中でわかった!といったふうに

「そうだ、こっちへ来い!」というゼスチャーをしました。

私たちは、カルガモの親子のようにピザとハンバーガーを水平に持ち、一列になって付いて行きました。

ここ広~い!

Den

ずいぶん奥まで歩いていくのね…。

Chai

売り場の端から端まで歩くようでした。

私はもしかして...

こんなに奥まで来るなんて…。もしや従業員用の温めるところがあるのかな、そこを貸してくれるとか?

Kumi3

などと考えました。

しかし… 

着いたのは

電子レンジ売場…でした。

『お買い得80ユーロ電子レンジ』を指さし

にっこり満面の笑顔のおじさん でした。

あ~、違うの。電子レンジを買いたいんじゃなくて、これを買って温めたいの…。

Kumi3

けれど、ジェスチャーでも、英語でも、スペイン語でも、うまく伝わらないので

「ありがとう~。ムーチョグラシアス!」

お礼の言葉笑顔バラまいて

「電子レンジは買わないです~!」と丁重にお断りしました。

くくく~っ!

Chai

3人は笑いをこらえるので精一杯でした。

 

スーパーマーケットグルメ達人

 

品物をもとのところに戻すのもおっくうになり、そのまま近くのレジで買ってお店を出ました。

スーパーマーケットの外の芝生に座り、夕飯にしました。

もう、いいね。これで。冷たくても我慢して~!

Kumi3

517カミーノ leon レオン 生ピザ、メルカド買い

冷たいピザは溶けていない小さなビットのチーズがポロポロとのっていました。ナイフで切って食べてみると、、

あら!、でも美味しいじゃない。味は問題ない、大丈夫だわ。ただチーズが伸びないだけよ!!

Kumi3

と負け惜しみ?いや本当に~。

ハンバーガーも同様にチンしなくても大丈夫!冷たくても味がしっかり付いているので食べやすいのでした。

私たちは、ここからスーパーマーケットグルメ達人昇格しました。

『ピザを買って温めずに食べることが出来る技』を身に付けました。

 

置き忘れにショック!自分災害

 

スーパーマーケットの近くに、ショッピングモールがありました。私はそこでトイレを借りました。

そのとき、いくらかのお金、カメラ、パスポートのコピー生活小道具一式入ったショルダーバッグトイレの壁にかけたまま、皆のところへ戻ってしまいました。

あれっ!ないっ! 

Kumi3

すぐ気が付いて戻りバッグを無事に取り戻すことができました。

しかしっ!

ああ、たるんでいる!

今日、S木さんにチェックしてもらったばかりだというのに。

置き引きならともかく

置き忘れは、もう自分災害だわ~。自分で難民になって苦しむのよ~。

Kumi3

わたしは自己嫌悪になり、しばしひどく落ち込んでしまいました。

ダメだわ~。どうしてこう不注意なのかしら…。

Kumi3

ショッピングモールでChaiと一緒にお土産のブレスレット、ピアス、ミサンガを買いました。

お買い物も、選ぶ気力に欠け、楽しめませんでした。

アルベルゲに戻ると

卓球の練習するね!

Den

Denは、テーブルを食堂の壁に付け、一人で壁打ちピンポンに燃えるのでした。

Denはラケットを買ってよかったね...。

Kumi3

とテーブルに突っ伏して力無くほめる私でした。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です