サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

4/60カミーノ、オーストラリア仲間、馬が飛び出し自動販売機に3連敗

Kumi3
WRITER
 
馬の親子
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのです。そしてカミーノは、まるで私の人生に組み込まれていたように日々が運び、それは長女にまで繋がっていたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

4/19(月)→パンプローナ 出発が出遅れた~   21.7km /€38   公営ジーザスマリア @€6×2

 

朝、皆、7時に起き7時半には出発できそうだったのですが、中庭に干した洗濯物の取りこみができず、立ち往生していました。中庭に出る鍵が閉まっていて、取りに行けないのでした。

オスピタレロ、遅いね~。

Kumi3

来たのが8時過ぎでした。大急ぎで洗濯した服をバックパックに詰め、出発しました。多くの巡礼者は、すでに出発していました。

 

ズビリの町は、時計の針と同じ回数、教会の鐘が鳴り響きました。

どこにいても時間がわかるって、便利かもね。

Chai

8時半、歩き出しました。

パンプローナまでの道2人並び

けっこう早起きしたけど、出遅れちゃったね…。

Den

 

馬の牧場がいっぱい

 

天気は曇りでした。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 煉瓦建物何百年も前から立っている石造りの建物。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 煉瓦建物お墓

その横には墓地がありました。

 

どんどん、家がまばらになってきました。馬が金網越しにコンニチハ。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ 黒馬

「いってらっしゃい~!なるべく洗濯物は、前の日に取り込んでおくんだよ~!」とアドバイス…。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ はい色馬

「どこから来たの~?」元気のよい馬が私たちを調査しに掛け寄って来ました。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ はい色馬足黒

原っぱになってきました。のんびり草を食んでいる馬は、ちょっと違う種類かな?

この辺りは馬の牧場が多いのでした。

 

4日目はだれてきた…

 

2時間ぐらい歩いたところで、3人ともバテバテに疲れてしまいました。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ 田舎道 右木花

歩き出して4日目でした。

少し慣れてきて、1日の流れがざっとわかって来た頃でした。たいてい何とかなるじゃない、と緊張感が無くなって来たようでした。

パンプローナ道2人木の下

ね~、休憩にしようよ。

Den

さっき休んだばかりじゃな~い⁈

Kumi3

何だか、気合いが入らないのでした。

 

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 石建物12 後ろ

ちょっと座ろうよ…。

Chai

 

犬もいるし、ちょっと休むことにしました。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 石建物 後ろ納屋ニワトリ

馬とに犬とニワトリと、猫もそのへんからひょっこりと出てきそうでした。

ブレーメンの音楽隊みたいじゃない?

Chai

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 石建物 後ろ納屋ニワトリアップ

ヒヒン・ワン・ニャン・コケッコッコー!

よく見るとめん鶏はケージの中で、たまごを産んでいました。のどかな農家の庭先でした。(しかし、犬の顔がおじさんっぽい…。)

 

 

突然、馬がっ! 心臓がドキドキ〜ッ‼︎

 

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ ワレモコウ

なにやら、枯れた大きな猫じゃらしみたいな草がありました。ポキッと折りマイク代わりにし、インタビューをしたり、歌を歌いながら歩いていました。すると…

 

突然!真横の草原から、ドッコドッコと一頭の馬が駆けてました。

419サンティアゴ巡礼、馬、カミーノ、パンプローナ

ッポッポッポッポ~

うわあっ‼

Chai

「そこどけ~!」

Chaiの鼻をかすめるように道を横切りました。

 

馬の横腹

とっさに飛び退いたChaiは、もう、心臓が飛び出しそうでした。

私もびっくりしたのと、踏まれないで良かった〜と、ドッキリ、ヒヤヒヤしました。

 

くつろぐ横切り馬

当の馬はどこ吹く風。草野原にドテッ!と横になりくつろいでいました。

あ~、びっくりした~!馬みたいに芝生で寝転んでいた~い!イイナ~。

Chai

 

カミーノは赤白ペンキの道しるべもある。 

 

カミーノは、道に迷う事がないようにと、所どころ道しるべがありました。しばらく無いと、少し不安になりました。

ホタテ道しるべ2人

青地に黄色のホタテ貝のマーク、これがポピュラーです。

 

]カミーノ矢印と道標419白赤い印

黄色い矢印、林の中では、赤と白のペンキが木に塗ってあることもありました。

 

パンプローナまでの道弟

草っ原の細道が続きました。

 

パンプローナ途中、ばて弟

あーん、疲れた〜、肩が痛~い。

Den

 

木の柵細道弟

片側に柵のある道を行きました。

 

石ガラガラパンプローナまでの道

石ころゴロゴロの上りでした。

はぁひぃはぁひい...

Chai

 

パンプローナまでの道2人ひと休み

立ったまま休憩しようか~。

Kumi3

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ 山の景色

そこからの見晴らしはこんな感じでした。

 

下に降りていくとこんな石造りの古い家がありました。

 

 

ダメ自動販売機に怒り!

 

今日は出発から出遅れたうえに、ペースが遅く、疲れが際立ってきました。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 川風景

川沿いに歩きました。

 

パンプローナ橋

石の橋を渡ると建物がたくさん見えてきました。結構大きな町、アルレに入ります。

なんかね、足の甲が痛いんだ~。

Den

どうする?ここでアルベルゲを探そうか?

Kumi3

と聞くと

パンプローナまで頑張る!

Den

ということでした。あと4㎞ぐらいありました。

ところが、ペットボトルの水が空っぽでした。

いまは13時過ぎ、14時から16時まで、お店はシエスタで閉まってしまいます。を抜ける前に水分を仕入れなくては…。きょろきょろと見回しながら歩きましたが、お店も水道も見当たりませんでした。

すると、自動販売機を発見しました。

ヨカッタ~!

それぞれ、好きな飲み物を買っていこう~。

Kumi3

€1入れました。

チャリン…。

お金の落ちる音のみで、ボタンを押しても、うんともすんとも言いませんでした。

ジュースが出て来ない上に、返金レバーを押してもダメでした。

えっ~!何で~っ。もう一回やってみようよ。

Chai

勇気をだして、もう一回、€1を入れてみました。

チャリン…。

音が虚しく響きました…。

自販機怒り

出てこないっ!もおっ、やだーっ‼︎

Den

するとスペイン人の地元ギャル3人がワァワァ言いながら近付いて来ました。

「わたしに貸して!やってあげるから!」と言っているようでした。機械をのぞきこんだり、返却レバーをガチャガチャした後、私のほうを見て

「お金出してみて!」手の平を出しました。

ここは流れに乗って、お願いしてみよう。

コインが€2しかなかったので「これでいい?」と渡しました。

でも…このボロい自動販売機、€1のジュースを買うだけでも、出て来ないのに、さらにお釣りが出るなんて、そんなお利口なこと出来るのかな。いやでも、きっと何か地元スペイン人の自動販売機攻略法があるのかもしれない…。

Kumi3

地元ギャルたちは、自信満々にコインを自動販売機に入れました。

みんな、息を飲みました。

チャリーン…。

またまたまた…虚しく響く…。

コインの落ちる音のみ、何も出てきませんでした。

ギャルは3人とも、済まなそうな顔をして私たちを見ました。DenとChaiは、思いっきりテンションが下がり、うなだれてしまいました。

ああ…。

Chai

すると、ギャル3人は、顔を寄せ話し合いをしていました。

そして

「付いて来て!」というゼスチャーするのでした。よくわからないけれど、あとに付いていくことにしました。

 

 

スーパーマーケット・EROSKI「エロスキ」

 

ギャルたちに付いて3分ぐらい歩くと、シエスタをしていない地元のスーパーマーケットに案内してくれました。

そこはEROSKIエロスキ」という名前の激安スーパーでした。

普通、一本€1するコーラが、なんと一本€0.39でした。

DenとChaiとテンションが急に上がりました。

安いっ‼︎ 何もかも〜!

Kumi3

私たちは感動して、他にもチョコレートやドライフルーツ、ナッツなどを仕入れました。元気がモリモリ湧いてきました。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 街水色壁

しばしヨーロッパらしい町並みを歩きました。

 

黒洗濯物

洗濯物もスペインぽいね!気のせいかな…。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 モニュメント顔

モニュメントがありました。王様かな?

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ広場入口 まちなみ右2

とりあえず、好きなコーラが買えてハッピー!

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ広場入口12

ひゃ~、まだここから4㎞かぁ…

Den

 

雨合羽は100円均一のポンチョ。

 

パンプローナの城壁が見えてきました。

パンプローナ城壁

こんなに、青空だったのですが…。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ 城壁入口12

急に大粒の雨が降り出しました。

と思ったらすぐに止みました。通り雨でした。

雨合羽は、アウトドア用のポンチョは重いので、ウインドブレーカー兼合羽の上下を着て、その上に100円均一の薄いビニールのものをバックパックにもかけて雨を凌ぎました。

 

荷物を置いてパンプローナを探索

 

城壁の門をくぐり、パンプローナの街に入りました。少し迷子になりましたが、ジーザスマリアという大きくて綺麗なアルベルゲに着きました。

ベッドに荷物を置き、シャワーを浴び、着ていた服を洗濯しました。

 

みんな、お洗濯終わったね。街の探索に行こ~う!

Kumi3

パンプローナシティホール

パンプローナのシティホール。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ広場

広場にいってみました。

スペインは9時半過ぎに日が暮れます。地元の人は5時半なんて、まだまだお昼といった感覚でした。

 

  再びEROSKI「エロスキ」

 

パンプローナの街をぷらぷら歩くと「MELCADO」という文字が目に入りました。イラストスペイン語の本で調べてみると「ス-パーマーケット」という意味でした。

近寄ってみる、またまた「EROSKI・エロスキ」でした。そこで、スペインの気になる品々をゆっくりと探索しました。

 

パンプローナウサギスーパー

丸ごとのウサギ肉を発見!ドキドキ。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 スーパー洗剤

頼もしい。洗剤おじさんのキャラ!

 

アルベルゲにキッチンがあったのをチェック済みでした。ミルクにビールにパン、クラッカー、チーズ、パスタ、チップス、チョコレート、いちごも買おう~!買い物の時間はとても楽しいのでした。

 

国際指圧大会

 

赤毛のお姉さんが通ると

あの人、指圧セラピストって言ってたの聞いたよ

Chai

とChaiが言うので思いきって話しかけてみました。

すると、とても気さくでフレンドリーな人でした。オーストラリアからカミーノを歩きに来たそうです。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 アルベルゲ ディナー3

「一緒にご飯を食べませんか?」と声を掛けると「喜んで!」とテーブルに付いてくれました。

お姉さんはオーストラリアからきたペンと言いました。指圧マッサージの学校を卒業したばかりでした。

ペンは「カミーノを歩く旅で、自分自身を隅々までしっかりとヒールしてから(癒してから)人をヒールする仕事に没頭したいと思うの。」と言いました。

 

オーストラリアのペン

食事の後「オーストラリアと日本の指圧大会やろう!」と提案し、日本とオーストリアの筋肉のツボの研究をしました。

足三里というツボがあります。膝の下の外側です。そこを指さし

私が「足三里」(あしさんり)と言うと

ペンも「Ashi-Sanri~」(アシィ~サンリィ~)と英語らしく言いました。

お互いの言い方が面白く、ゲラゲラと笑いました。

 

 

荷物を軽くする工夫は続く

 

Chaiはずっとノートに英語のテキストを書き写していました。

それがやっと、終わりました。

このテキスト、置いていくね。

Chai

これで、テキスト一冊分、バックパックが軽くなるはずです。

ナイス~!

 

今日のベッドはこんな感じでした。

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 アルベルゲ ベッド

二段ベッドの下の段が取れ、Denは落ちる心配が無く安心でした。

では、おやすみなさい!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのです。そしてカミーノは、まるで私の人生に組み込まれていたように日々が運び、それは長女にまで繋がっていたのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です