サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

52/60サンティアゴ大聖堂ボタフメイロ、ミサで涙、巡礼証明書貰う

Kumi3
WRITER
 
605サンティアゴ大聖堂 正面camino スペイン
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

6/6(日)サンティアゴ・デ・コンポステラ 巡礼事務所へ向かう 0㎞/€89 神学校アルベルゲ@€12×3

 

昨日、Koreaのお兄さんに教わった通り、8時には巡礼事務所へと向かいました。

606サンティアゴ Santiago Camino アルベルゲ前広場

神学校のアルベルゲを後にしました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂 アルベルゲから見下ろす

あの三つのトンガリ屋根がサンティアゴ大聖堂だね!

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂 アルベルゲからむかう12石かべ

坂を下って街に向かおう。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂 途中教会鐘

古い小さな教会の前を通り過ぎました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂 途中教会

いつの時代に来たのかな?というくらい古い建物の町並みでした。

 

606 Santiago Santa Clara サンタクララ 

壁の彫刻がステキだね~。

 

606 Santiago church 壁マリア 

サンティアゴの街はカテドラル(大聖堂)だけでなく、他にも教会がいくつもありました。

 

20分ほど歩き、巡礼事務所に着きました。

605スペイン巡礼 移転前 巡礼事務所 サンティアゴ Santiago

開くのは9時でした。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 並ぶ人

すでに20ほど並んでいました。

 

巡礼証明書を手に!内容を解明してみた

 

巡礼事務所の建物の中に入りました。階段までずっと、人の列が続いていました。

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 中の絵

巡礼事務所の廊下の壁には、このような絵と文字が描かれていました。

 

巡礼事務所に入ると、スタッフは証明書の発行手続きをテキパキとこなしていました。窓口は7~8個ありました。まるで、日本の銀行カウンターのようでした。

次々とクレデンシャルを審査し、証明書を発行していました。

申請用紙は、並んでいる間にすでに配られていました。

そこには三つの欄がありました。

①カトリック

②スピリチュアルの探究

③文化的興味

それらのどれかに、チェックを入れるのでした。

私たちは「スピリチュアルの探究」にチェックをいれました。

いよいよ、順番が来ました。

 

カウンターのスタッフに、記入済の申請用紙とクレデンシャルを一緒に提出しました。

606クレデンシャルcredential スタンプ

私たちのクレデンシャルは、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから始りました。途中でスタンプの押すところが無くなってしまい、ノートの表紙を切り取り、布テープで貼り足して使っていました。

どこを歩いて来たのかを、日付とスタンプが証明しているのでした。

5分ぐらいすると、私たちは名前を呼ばれ、それぞれに巡礼証明書が発行されました。費用は掛かりませんでした。(2010年当時)

☆巡礼証明書☆

606サンティアゴ巡礼クレデンシャルcredential Camino

巡礼証明書の文字は、ラテン語で書かれていました。

CAPITULUM hujus Almae Apostolicae et Metropolitanae Ecclesiae Compostellanae sigilli Altaris Beati Jacobi Apostoli custos, ut omnibus Fidelibus et Peregrinis ex toto terrarum Orbe, devotionis affectu vel voti causa, ad limina Apostoli Nostri Hispaniarum Patroni ac Tutelaris SANCTI JACOBI convenientibus, authenticas visitationis litteras expediat, omnibus et singulis praesentes inspecturis, notum facit:Dnam  hoc sacratissimum Templum pietatis causa devote visitasse . In quorum fidem praesentes litteras, sigillo ejusdem sanctae Ecclesiae munitas, ei cofero. Datum Compostellae die 6 mensis Iunii anno Dni 2010. Annus Sanctus.

神聖なこの証書と教会の大聖堂であなたを祝福します。ヤコブが埋葬されたコンポステラの祭壇と一緒に。世界中からの信者と外国人のために献身、誓い、スペインの使徒たちの信仰、 聖なるヤコブが私たちに遺す史跡、私たちの遺す言葉は、最も熱心で神聖な大聖堂にあります。全ての者のそれぞれの内に存在する魂を探求する。このことを熱心に行い訪れたものにもまた、聖なる教会のご加護の印が付いた証書を提供します。  201066日にCompostellae で与えられました。聖なる年。(2010年は聖年であったので、この言葉が付属されていました。通常の年はありません。次の聖年は2021年です。)

 

カウンターの職員は、3人の証明書をクルクルっと巻き、一本の赤い筒に入れてくれました。

わあ!嬉しい〜‼︎

私たちは、担当のお姉さん職員と、カウンター越しに握手をしました。ニコニコ笑顔で手を握り返してくれました。

ムーチョ・グラシアス!

Chai

ムーチョ・グラシアス!

Den

感激で胸がいっぱいでした。

事務所を出るとき、私たちは自然とスキップになっていました。

 

ヤコブ像にハグをする

 

軽い足取りで、カテドラルに向かいました。

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂12 逆光

階段を上りキンターナ広場に出てみると、カテドラルに向かって長い長い行列ができていました。

 

605スペイン巡礼 サンティアゴ広場 探索 Santiago 街 

なんだろう、これ?

Den

一番後ろに並んでみようよ!

Chai

私たちはとりたてて用事もないので、列の一番後ろに付きました。

1時間と少し並び、やっとカテドラルの建物の中に入りました。行列は狭い階段も、そのままに続いていました。

私たちは、押し出されるように進み続けました。

はて?一体何があるんだろう。もう1時間以上も並んでるわ…。

Kumi3

何も知らない私たちでした。

そのたどりついた先に、ヤコブの像がありました。その背中ごしに、階下のミサの祭壇を見下ろすことができました。

ヤコブ像は、全体が金ピカでした。そしてボディ全体に、ダイヤモンド、ルビーサファイヤなどの宝石が散りばめられていました。グリム童話に出て来るような、王様のイメージでした。

なんてゴージャス!

ピカピカで目が眩みそうでした。

これは、そのヤコブ像にハグをするのための行列でした。

1だいたい10秒ぐらい、ヤコブ像に両手を回し、自分の頬を肩に預けるのでした。そうして目を閉じてじっとしている人、何かを願うように囁く人と皆それぞれでした。

順番がきました。ヤコブ像は、私やChaiが ハグするのにちょうどよい肩の高さでした。Denは背伸びをするようでした。

ヤコブ様、全部歩きました。

Den

カミーノが終わるのが淋しいです。

Chai

わたしの番が来ました。ヤコブ像を両手で抱え、左の頬に自分の頬を寄せました。

ハグをしながら、

食糧や靴をありがとうございます。カミーノが終わっても見ていていください。

Kumi3

一瞬、時が止まった気がしました。

そして、ヤコブ像を離れたとき、スワッ!とおでこに爽やかな風が吹きつけた感じがしました。

 

 

サンティアゴ大聖堂

 

 

サンティアゴ大聖堂 caminoスペイン巡礼正面景色

でっかいね! やっと着いたね。サンティアゴ大聖堂だ~!!

Den

たくさんの人がカテドラルの前で歓声を上げ、ハグをし、写真を撮っていました。

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂12光

サンティアゴ大聖堂は、出来てから800年も経っているんだって。すごいね~!!

Chai

605サンティアゴ大聖堂 正面camino スペイン

素晴らしい造形だね‼カテドラルの建物が祭壇みたいね。1985年に世界遺産に登録されたのだって。ローマ、エルサレム、そしてこのサンティアゴがキリスト教の三大聖地といわれているのだって。

Kumi3

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂時計台 雲クロス 青空

見上げながら、周りを歩いていきました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂時計台 縦右壁 青空

中は1200人が収容できるということでした。

 

サンティアゴ大聖堂 スペイン巡礼123

さあ、ミサに行ってみようね!

Kumi3

ミサは12時から始まるのでした。

 

サンティアゴ大聖堂でボタフメイロ体験(動画あり)

 

いよいよカテドラルに入りました。

今日は日曜日でした。さらに聖年でもありました。スペイン国内から来た人、海外からの観光客、そして巡礼者たちでカテドラル内はいっぱいでした。

 

606サンティアゴ大聖堂 教会の中 Camino カミーノ

何とか祭壇近くの、柱のそばに落ち着きました。

11時までに、巡礼事務所で手続きをすると、ミサで名前を呼ばれると聞いていました。

9時半には巡礼証明書をもらっていたからきっと呼ばれるよ!

Chai

ハポン」ていうんだよね

Den

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂司祭

私たちは、全身の神経を耳に集中させ「ハポン~ 〇〇...」という言葉を待っていました。

わからない、聞こえなかった〜。

Chai

早口でもあり、うまく聞き取れず…、言ったかどうかは、わかりませんでした。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂中 ボタフメイロ縦2

そうしているうちに、ボタフメイロに火が入りました。

「ボタフメイロ」というのは巨大な香炉のことでした。

昔の巡礼者たちは、長旅を終えミサのためこの大聖堂に集まると、その臭いは相当なもでした。当時は髪や体を洗うことなど、ひんぱんには出来ませんでした。

それで、その臭いを消し、カテドラル内の空気を浄化させる役目を果たす巨大な香炉、ボタフメイロが登場しました。

教会の空中に6人がかりで綱で引き上げ、南北に振られるのでした。

これは聖年は毎日振られます。それ以外の年は祝日式典、そして大きな献金があった時に振られるのでした。

 

 

606サンティアゴ大聖堂 ボタフメイロミサ6人男 Camino 

6人の剛腕な男の人たちが綱をひっぱり、ボタフメイロを引き上げました。

これは2010年聖年、サンチアゴ大聖堂ボタフメイロの映像です。↓↓↓

 

ボタフメイロは、空中にぶら下がるとカテドラルの中を南北に、ぶおーん、ぶおーんと大きく揺れました。

隙間から白い煙がこぼれて落ちて来ました。

いつも牛の臭いで悩まされていたDenは

いいにおいがする!

Den

お香の香りが降り注いできました。

あんな、大きなぶんぶく茶釜が空中を飛んで香りを撒くなんて‼  おもしろ~い!すごい発想ね。迫力があって、そして美しい形よね‼

Kumi3

 

アンヘリネス~約束どおり名前を呼んだよ!

 

教会内はボタフメイロと一緒に音楽が流れました。人々の歓声やざわめきが湧きおこる中で、Chaiは叫びました。

アンヘリネス〜!

Chai

Denも同様に「アンヘリネス〜!!」

522カミーノ スモサ アンヘリネス 2日焼けどめ522カミーノ スモサ アンヘリネス 12

アンヘリネスは、暑さの厳しい日、道の途中で自宅に招き入れてくれ、お茶とお菓子をご馳走してくれたおばあちゃんでした。出発間際、3人の顔に日焼け止めまで塗ってくれました。

そして

「お願いがあるの。サンティアゴ大聖堂に着いたら、私の名前を呼んでください。私の名前はアンヘリネスと言います。」と頼まれていました。

Chaiはしっかり覚えていたのでした。もちろん、Denも私も。

 

425 エステージャ 公園おじさん スペイン  カミーノ509カミーノ、旅育、カスティージャ、おばあちゃん515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino おじいちゃん

そして、パンと15ユーロを持たせてくれたおじさん。

お弁当を用意してくれたおばあちゃん。

お水を汲んで来てくれたおじいちゃん。

巡礼路の途中、たくさんのスペインの人々に助けてもらいました。

 

 大聖堂ミサ、ハグして涙…

 

ミサは終わりに近づき、周囲の人とハグをする時になりました。

後ろの人とハグをしました。スペインから大聖堂を訪れた人のようでした。

右側の人は、ドイツから来た巡礼者のご夫婦でした。

「Saint- jean?(サンジャン?)」と一言、聞かれ

「Yes! Saint- jean!(はい!サンジャンから!)」と答えました。

すると、うんうんと頷き、お互いの眼に涙がジワッと浮かんできました。

ご夫婦それぞれと、ギューッとハグをし、背中を叩き合いました。

そして、最後に左側のChaiDenと思いっきりハグをしました。

そこで堪え切れず、涙がポタポタとこぼれ落ちました。

グスッ、よく歩いたね。ChaiとDenは、こんな小さな身体で800kmも…。頑張ったね。

Kumi3

そのあとは、手で何度も涙をこすり取りながら、ミサを続けました。

昨日、サンティアゴの街にたどり着いた時

「ついにサンティアゴ大聖堂、巡礼のゴールだ~!!」

と嬉しい気持ちで見上げました。

しかし、どこか実感が湧いてきませんでした。

それが今日、大聖堂の中で歩いた日々を思い起こしたとき、涙が後から後からあふれ出て自分でも驚いたのでした。

 

606サンティアゴ大聖堂 ミサCamino 煎餅

カトリックの信者の人々は「聖体拝領」に並びました。神父様に聖なるお煎餅を貰うのでした。

カトリックでない人は絶対にもらってはいけないのでした。

以前、パンプローナの教会のミサでもらってしまい、大ひんしゅくをかった事件がありました。

 

ミサが終わりました。

静かに人々が広がり出しました。

私たちは、広いカテドラルの中を歩きました。

祈るための小さな祭壇の部屋がありました。そこには、ロウソクが灯され、厳かな雰囲気が漂う中、ひざまづき祈りを捧げる人が幾人もいました。

私たちは、その扉の中に入りました。すると、ChaiとDenも自然と背筋が伸びました。

しばらく椅子に座り、目を閉じ大聖堂の空気を感じていました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂中 天井目

大聖堂の天井に「目」がありました。

 

お土産はサンティアゴの名前の入ったナイフ

 

大聖堂の中に、お土産屋さんがありました。

そこで、カミーノすごろくやキーホルダーを買いました。

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂広場12

カテドラルから広場を眺めました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂出口

サンティアゴ大聖堂から出て、通りの賑わいのほうへ向かいました。

お土産屋さんに寄りました。

606サンティアゴ巡礼 お土産 ナイフ

Denは、刃にSantiago と文字が彫り込まれているナイフ。

606サンティアゴ巡礼 お土産 ブレスレット

Chaiはブレスレットを買いました。

私は、サンチャゴデコンポステラの絵が彫ってあるキーホルダーと小さなカバンを模した銀細工を買いました。

 

 

懐かしい顔と再会

 

巡礼事務所のある通りに出てみました。お昼は何にしようかナ~、と探索していると

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 12st

あ、日本人?STおじさんだ!

Den

どうやら、同じ神学校アルベルゲに泊まっていることが判りました。

「SNおじさんは?」と聞くと、パラドールに泊まったということでした。

606Camino サンティアゴ巡礼 パラドール入り口

キンターナ広場にドデンと構える古くて重厚な建物のパラドールは、スペイン国営の宿泊所でした。

入り口にシークレットサービスのようなスーツのスタッフが、常駐していました。

 

パラドール、一泊25千円だって!

Chai

うわっ、いいお値段!私たちは一泊12ユーロ。だいたい1440ね!

Kumi3

いつか、泊まってみたいね~!

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 12お姉さん

あ、私たちをかくまってくれたお姉さん!

 

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 123KORE

レオンのアルベルゲでベッドが隣だったお姉さん!

 

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 2h

わあ!アルベルゲに泊まれるよう戦ってくれたホセ!

午後になっても巡礼事務所に並ぶ人の列は途絶えませんでした。

606サンティアゴ Santiago Camino 巡礼事務所 並ぶ人p

ああ、ピノがいる!! ねえ、昨日、ゴゾのアルベルゲにメモの紙を貼ったんだよ、見た?

Den

と聞くと

「見た見た〜!同じ神学校のアルベルゲにベッドを取ってあるよ!」とピノは言いました。

ヤッター!あとで会えるね!

Den

Denはピノが大好きなので、大喜びでした。

 

 

打ち上げご馳走ランチ

 

たどり着いた巡礼者で、賑わう巡礼事務所の通りは、外にイスとテーブルを出したバルがいっぱいでした。

さあ!ごちそうを食べようよ、何が食べたい?

Kumi3

プルポ!プルポ!茹でだこ食べたーい!

Den

街を歩き回り、タコ料理のありそうなレストランが地下にありました。

ドア越しに覗いてみると、お客さんで賑わっていました。

うん、美味しそうな予感!

スペイン、お隣のモロッコはタコの産地でした。お店のディスプレイが大きな茹でタコを頭を下にして吸盤の丸まった足を上にして置いていました。

606サンティアゴ Santiago Camino バル タコ

アハハ!面白いね。

Chai

 

606サンティアゴ Santiago Camino バル12s

案内をしてくれたバルのお姉さんも親切でした。

それぞれ、好きなものをオーダーしました。

606サンティアゴ Santiago Camino バル タコパンスープ

プルポ(茹でだこ)、ムール貝のスープ。

やったー!タコタコ、プルポ!!

Den

わあ~、ムール貝のスープ、だしが利いていて美味しい~!

Kumi3

606サンティアゴ Santiago Camino バルチキン

チキンソテーとエビもたのみました。

このチキン、柔らかくておいしい!最高!!

Chai

聖地にたどり着き、巡礼証明書を手にしたお祝いに相応しいランチでした。

ピノが言ってたよ。大西洋の海に沈む夕陽を見たら、巡礼が本当に終わるんだって~。

Den

フィステラまで歩こうよ。大西洋の海が見たい!ここは、人が多過ぎて疲れちゃう。もう、明日にはカミーノに戻ろうよ!

Chai

フィステラまで、あと100kmよね。5日間ぐらかな。OK!  明日出発ね!

Kumi3

そうなると、今日でサンティアゴの街はお別れでした。

ランチの後、気が済むまで街探索をすることにしました。

 

サンティアゴ街角アート

 

さすが、サンティアゴの街はカミーノのゴールであり、大観光地でもありました。たくさんの出店があり、道端のパフォーマンスも様々なものがありました。

606サンティアゴ Santiago Camino 街並チョコ屋台12

練りチョコおじさん。

お願いすると、ココアの粉と砂糖とオイルを練って棒状にしてくれるのでした。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並油絵アート

油絵を描いているおじさん。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並フラワーアート

花、茎、葉を使い、サンティアゴ大聖堂を作っているグループがいました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並フラワーアートアップ

どんぐりも並べてる!作るの楽しそう!

Chai

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並段ボールアート

道に大きなを厚紙を貼り、マジックインキで描いたサンティアゴ大聖堂のイラストがありました。その紙の上に、寄付のコインが集まっていました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並ピザ屋台12

ピノがピザを買っていました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み屋台1p

あのね、フィステラまで5日かかるんだけどね、明日から行くんだ。ピノたちも行こうよ。

Den

「そうか、OK~!」

「Bien vamos!(いいね、行こう!)」

 

 

図書館に新聞を探しに行く

 

Chaiが街の案内図を見て、近くに図書館があることを発見しました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み大きい青空12

そこに行けば、セブレイロ峠で取材された新聞の記事が、あるかもしれないね。

Chai

先週の日曜版の新聞に載ったと聞きました。

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み青空1後ろ

図書館へ、新聞のバックナンバーを探しに行こう~。

 

しばらく、歩きました。

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み大きい青空

あの建物の向こうかな?

Den

606サンティアゴ Santiago Camino 教会中

図書館!と思っって入ったところは、教会でした…。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 青空12ベンチ

あ〜ん、がっかり…。

Chai

三人ともすっかり疲れてしまい、木陰のベンチで昼寝をすることにしました。

スペインの4時はまだまだ暑く、額に髪の毛がべったり張り付くようでした。小一時間じ~っとしていました。

そろそろ、神学校アルベルゲに帰ろうか。

Kumi3

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み青空12

ため息交じりの帰り道でした。

しかし、救いの神が現れました!

606サンティアゴ Santiago Camino 街並パン屋

チョコパン買って~!

Den

チョコは、みんなを笑顔にするのでした。

 

おこげご飯とお醤油で和食気分

 

606サンティアゴ Santiago Camino 街並み坂1登り

神学校アルベルゲまでの帰り道、日陰を選んで歩きました。

地下キッチンでお米を炊き、アボガドにお醤油をかけて食べました。

ああ、おこげにお醤油、うまいうまい!

Den

ランチにご馳走食べたから、今晩はこんなんでいいわよね!ねっ!

Kumi3

手抜き晩ご飯と、サラダ代わりにトマト、オレンジを食べました。

昨日に引き続き、残ったご飯でお醤油おにぎりを作り、キッチンを片づけました。

 

スペイン夕焼け、夜9時半まで公園で遊ぶ

 

晩ご飯を夕方6時に食べても、ここスペインは、夕暮れが9時半ぐらいでした。まだまだ、明るく散歩するには余裕の時間でした。

スーパーマーケットの探索に行こうよ!

Chai

と近くにあるディアスーパーマーケットに向かいました。

ところが、きょうは日曜日。お店はお休みでシャッターが閉まっていました。

残念〜。

通り道で見た公園で、遊ぶことにしました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 公園落書き

公園に着くと、お兄さんが壁にイラストをペンキで描いていました。

8時になりました。

「少し寒い~」というDenに、私の赤と黒のチェックのプルオーバーを着せてあげました。ダボダボだけれど。

うん、これで大丈夫!

Den

と喜んで着てくれました。

606 カミーノ赤いシャツ

わたしは、亡くなった母が天国で微笑んでいるのを感じました。そのシャツは私が高校生の時、母がミシンで縫って作ってくれたものでした。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 公園12遊具

3人で好きなだけ遊びました。

606サンティアゴ Santiago Camino 公園橋遊具12

ブランコ、すべり台、シーソー...。

をしても、嬉しくて楽しくて、ゲラゲラ笑ってしまいました。

大聖堂のミサ、ボタフメイロ、巡礼証明書、ヤコブ像にハグ、巡礼仲間と再会、お土産選び、タコやチキンのご馳走ランチ、道端アート、図書館探し、お醤油ご飯、公園遊び…、

サンティアゴの街はなんとまぁ、忙しくエキサイティングな一日をくれました。

 

606サンティアゴ Santiago Camino 公園12後ろ

寝不足では明日、へこたれるね。もうそろそろ帰ろうか。

Kumi3

明日、ここから大西洋へ向かいます。

あと100㎞歩くのでした。

カミーノがまだ続くと思うと、嬉しい~!

Chai

 

606サンティアゴ Santiago Camino 大聖堂シルエット

大聖堂が夕焼けに包まれました。

サンティアゴの街、出会えて嬉しかったヨ!

おやすみなさい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です