12/60カミーノを遊ぶ、大人と子どもの線引きが無くなる!

アバター
WRITER
 
427カプかたつむり
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

4/27(火)→ビアナ / 朝ごはんは道端で 11km/€37 石造りの街公営宿  @€6×2

 

目が覚めたら着替えと荷造り準備をして

427道に三人影

早々にアルベルゲをでました。

 

427朝のサンドイッチ

道端に座り、朝ごはんです。バケットにナイフで切り込みをいれ、サラミハムを挟み、レタスをちぎって挟み込みます。サッサとその場で作りました。

ちなみに「レタス洗わないの?」

「うん、洗わないよ!」

見た目に土がついていたらそこは使わないけれど。リンゴも梨もトマトも、シャツでゴシゴシ拭いてからかじる、カミーノスタイルです。

 

427伝茶さきに土手がみえる

昨日と同様に田舎道の風景が続きます。

 

427お墓

途中、スペインのお墓を目にしました。

 

カミーノ楽しい人

 

空と木と草と大地の形や起伏、色の量配分の違いで組み合わさる景色が続いていきます。

427伝茶山道もくもく

暑くなりそうねぇ。

 

427あすふぁると4人

前のグループ、抜けそうで抜けないなぁ。

 

427ムギばたけ

今日は天気がいいから緑が美しい〜!一面に続く麦畑です。何にもなくったってステキ!

 

427きいろに赤い花

あら、あの花は一人で頑張ってるわ。

私は景色に飽きることはありませんでした。

何て言ったって、仕事や家事の日常からエスケープして来ている訳ですから、その事を思い起こせば、いつだってウキウキ感が湧いてくるのです。

誰も聞いていないことをいいことに歌を熱唱して歩いていました。

 

 

427カタツムリ

道の真ん中で踏まれそうなカタツムリを拾い、杖に付け、一緒に歩いてみました。虫や小動物で道草するのは、こどもたちの専売特許でしたが、どうやら私にも伝染したようです。歩きながら楽しむ余裕が出てきました。

 

カミーノ疲れてる人

 

けれど、今日のChai とDenは違いました。

427伝茶ワインディング

あー、疲れた休みたい…。

Chai

チュッパチャップスないの?

Den

あー、喉が乾いた~。休みたい。

Chai

コーラグミ食べていい?

Den

あ~疲れた、休もうよ。

Chai

 

またパン?チョコないの?

Den

この繰り返しが半端なく起きてきました。昨日と同様です。

 

427伝茶青空たたずみ

このどこまで行っても田舎の道に飽きちゃった〜。アメでもないと歩けないよ!といわんばかりです。

 

427遠くまっすぐにビアナ

やっと町が見えてきました。一番高いのっぽの建物が教会です。

町は、見えてから大抵1時間〜1時間半ぐらいでたどり着きます。あと10km歩いて、ログローニョの街に行きたいけれど、もう13時です。ダメそうね〜。

途中で朝食をとったり道のアップダウンがあったにせよ、5時間で11kmしか進みませんでした。いくら何でも遅すぎるわ…。

 

3段ベッド 英語値段交渉をお願いする

 

427ビアナ看板

ビアナの街に泊まることにしました。

 

427ビアナ町大きく

アルベルゲは、高台にありました。

 

三段ベッド

初めて見る3段ベッドです。

3人で上中下と寝るように言われました。

ええっ!それ無理だわ。Chai、値段交渉も言ってくれる?

Kumi3

Chaiに英語で

母と弟は、一番下のベッドに寝ますから、ベッドは2つでいいので、2人分の宿泊費でいいですか?

Chai

と言うようにお願いしました。

Chaiのほうが英語が通じる確率が高いことを、悔しいけれど認めました。私は、英語の文法がメチャクチャで、ジェスチャー入りでないと伝えることが難しいのです。

うまく、伝わりました!

ベッドはChaiが真ん中、私とDenか一番下で、2人分の宿泊代で泊まることができました。頼もしいわぁ!!

ベッドにそれぞれ寝袋を広げ、シャワーを浴びたあと、街の探索に出掛けました。

 

ビアナはヨーロッパらしい石造りの街

 

街探索は一番楽しい時間です。

427伝茶町歩きリュックなし

ビアナの街はその古い佇まいが素敵でした。

 

427ビアナホール

建物の何処かしらに彫像があります。

 

427ビアナ彫刻門

なんて、素敵な家の門構えでしょう!

 

427家植木鉢

窓に植木鉢を置く家をよく見かけます。

 

427ホンダバイクアメリカン

ホンダのバイク。

 

427とらんざるぷ

またもやホンダのバイク。スペインで人気のようです。ちょっと嬉しい〜。

 

427ビアナ水道

水道を発見したなら、水を汲んでおかなくちゃ。この辺りの水はおいしいのです。

 

427ビアナポスター顔

ライブのポスター。

 

427ビアナポスター1

またもや、ライブのをポスター。

ビアナは、建物は古いけれど、街に活気があります。

看板が出ていなくても、古い石造りの建物をよく見て回るとお店がいくつもありました。

パン屋さん、ミニスーパー、アイスクリーム屋さんなど、気の向くままに食べ歩きをしました。

私はいつも子どもたちの分を買って自分はコーヒーを飲んで満足なのですが、ここでは一緒に食べて楽しみました。

 

ビアナ、サンティアゴ巡礼 チョコ掛けドーナッツ

チョコレート掛けドーナッツ。

 

ビアナ、サンティアゴ巡礼 ジェラートアイスクリーム 1.2.3

ジェラードアイスクリーム、

Denに、食料雑貨店で、自分で好きなもの買ってごらん、というと

427伝買い物おばさん

イースターバーニーの巨大なウサギチョコを見つけました。

427イースターバーニーチョコ

中は空洞でペットボトルぐらいの大きさがあります。日本で見たことがありませんでした。もう、ワクワク!

夕食は、素材を買いキッチンでパスタとサラダを作りました。

作った人は洗いません。

 

427茶皿洗い

片付けはChaiとDen の仕事で~す。

 

1週間ぶりにスマートフォンを使う

 

今日は、気持ちに余裕があります。スマートフォンに電源を入れ、家に電話をしました。

 

427家に電話茶

お父さんとお姉ちゃんに無事を伝え、近況を伝え合いました。犬のプちゃんの元気なことを聞き、ホッとして電話を切りました。

その後、直ぐに電源を落とし、バッグにしまいました。それでもまだ、夜7時半でした。

 

ヒマ人Denの偉業?に沸く!

 

私とChaiは、日誌を書いて過ごしました。

Denは、漢字、算数ドリルをやり終えてしまいました。ヒマ人です。

そこで、たまたまあった50セント硬貨を立て、その上にもう一枚立てるという遊びを始めました。

427コイン立てカラー

これが、結構難しいのです。倒れる、転がる、乗らない、バランス崩す、また倒れる、始めから、、、

30分、ずっと集中した末にやっと出来ました!

アルベルゲのいろんな国籍の人が「お〜!すごい!すごーい!」と声を掛け、褒めてくれました。通りすがりに写真を撮っていくお姉さんもいました。

「どれどれ、ボウズ、俺もできるぞ!」とチャレンジしたスペイン人のお兄さんも

「オー、ノー!難しい‼︎」と降参でした。

ゲームもスマホも無い中で、自分で考え出した遊びなのです。

なおさら嬉しい〜‼︎

 

427伝コインたて

もう「どや顔」です。

 

日暮れがゆっくり、時間がたっぷり

 

夜8時半、再び街に出ました。まだまだ外は明るいのです。ブラブラ散歩をしていると

 

427馬が街を走る

街の車道にパッカパッカと音がします。

 

427馬走る

もいいんだね、、。へぇええ、びっくり!

このように、道を馬で走る姿を時々見かけました。それも自転車やバイク代わりに、というイメージです。

ヨーロッパというか、スペインは、人と動物が近い気がしました。日本では、柵や檻で分離されているので、それが当たり前に考えていましたが、犬、馬、牛など、かなり自由度が高く、繋がれている事のほうが稀でした。

 

427ビアナから夕空

夕焼けがなかなか始まりません。

公園で遊んでから帰ることにしました。4人乗りのスプリングが付いたシーソーがありました。3人で乗りました。

 

427公園遊具

私が一番、ギャハハ〜ッと笑いながらワッサワッサと揺らし、はしゃいでしまいました。

 

歩きながら道路にライトが埋め込まれている場所がありました。

私は、Chaiにデジカメを渡し「撮って撮って~。」とお願いしました。

 

ビアナ、サンティアゴ巡礼 カミーノ 幽霊 町探索

ほら、幽霊みたいでしょ!

Denは食いついてきましたが、Chaiは白けた様子でした…。

今日は、カタツムリをくっつけたり、Chaiが私の代わりに英語で受付をしてくれたり、いっしょにお菓子探し、公園でDenよりもはしゃいだり、幽霊になったり…。

だんだん大人と子どもの線引きが無くなって来るようでした。

いま夜の9時10分です。まだ陽が沈まないので、明日に備え、アルベルゲに帰って寝ることにしました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です