サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

7/60カミーノのアルベルゲ居心地はオスピタレロ次第で決まる!

Kumi3
WRITER
 
アメパンプローナ四角
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

4/22(木)ウテルガ / 温かい朝食の嬉しさ  16.7km/56 民間アルベルゲ  @€10 ×3

 
 
パンプローナのアルベルゲ、パタボーンは、街外れでちょっと不便なところでした。建物も古くて小さく質素でしたが、とても居心地の良さを感じました。
 
 
パタボーン朝食
そして思いもよらず、朝食が付いていました。
オスピタレロは、こどもたちにはココア、わたしにはコーヒーをいれてくれました。
 

朝食に温かい飲み物があるって嬉しいね〜!

Chai

 
「トーストにチーズをいっぱいのせようっと!」
「黒すぐりのジャムがおいしいね〜!」
と、お腹いっぱいに食べました。
 
いつまでもお茶していたいけれど、行かなくては…。
 
7時半過ぎ、出発しました。
 
おじいさんとおばあさんにお礼を言い、ハグしてお別れしました。
 

建物よりも設備よりも、ここのオスピタレロのお人柄が温かいから、居心地が良かったんだね。さあ、歩こう!

Kumi3

 
 
 
パタボーン朝
スペインの朝8時前は、まだまだ暗いのでした。
 
 

雨模様、なめくじ・カタツムリに癒される

 
 
朝からけっこうな雨が降っていました。カッパを着て歩き出しました。
 
アメパンプローナ四角
シトシトシト、、、。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ パンプローナ門
しばらくして雨は止みましたが、寒い~!
 
 
 
パタボーンから橋クリア
 
古い石造りの橋を渡りました。
 
 
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ パンプローナ 橋
 
橋を渡るといっきに建物が少なくなっていきました。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ 道の右 菜の花
 
菜の花の季節です。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ くろなめくじ
 

うわっ!黒いナメクジ初めて見た~!

Den

 

よく見るとキレイね~。

Kumi3

 
 
いなか道パタボーン
家がまばらな田舎道になってきました。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ カタツムリこども
 

あっ、カタツムリの赤ちゃんだ!

Chai

 
 
パタボーンから麦ばたけ二人
一面が麦畑の道になりました。
 
 
麦ばたけ私
 
どんよりとした空の下、寒いさむい~。
 
 
田舎道パタボーンから前に二人
いつでも雨が降りそうでした。
 

寒いね~。早く行こうよ。

Chai

 
 
 
パタボーンからワインディングロード

ちょっと待って、これ見て!でかいっ!!

Den

ピンポン玉ぐらいあるコロッとしたカタツムリでした。

 

422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ カタツムリ

元気なカタツムリが「こんちわ~!」

こんな日は、小さな生き物たちに癒されるのでした。

 
 
 
 

屋根があるだけで有難い

 

再び雨が降り出しました。
 
パタボーンから街中へ
 
少し、町になってきました。この町にはアルベルゲはありません。バルも見当たりませんでした。
 
雨の中、なかなか休めるところがありません。
 
屋根が大きめに張り出している民家の軒下で、ランチをとることにしました。屋根があるだけでありがたいのでした。
 
軒下でランチ
 
雨をやりすごしながら、パンにサラミソーセージを挟みました。 
こどもたちは日本では雑穀の入ったパンはヤダっ!と言っていたのだけれど
 
ここでは、夢中でムシャムシャと食べていました。
 
 

寒い雨の中、5時間で12km…

 
 
13時、お昼休憩を終え、歩き出すと、町は徐々に田舎道になっていきました。
 
『町名と距離、アルベルゲ(宿泊所)が書いてあるプリント』を見ると、一番近いアルベルゲまで、あと5kmありました。
 
道が悪く雨模様なこともあり、朝から5時間でたったの12㎞しか進んでいませんでした。
 
 
 
ワレモコウチャイ
アルベルゲの町はまだまだ遠いね。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ ドロドロの細い道 水たまり12
足元、気をつけてね!
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ ドロドロの道 12
 

あ~、一歩一歩が疲れる~!

Chai

 
 
 
ぐちゃぐちゃ道伝てっぺん
 
足元はドロドロでした。ズルッと滑るので油断できません。一歩いっぽ足場を選んで歩くようでした。さらに靴の底に泥が付いて重たくなっていました。
 

あ~、杖があって助った~!

Den

 
 
写真スポットぐちゃぐちゃ
 
素敵な写真スポットも、足元が泥んこ水溜まりでした。
 
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ 畑の田舎道12
 
目指すアルベルゲは定員が16名でした。

入れるかなあ。満員だったらどうしよう、、。

Chai

 
雨の悪道伝
3人は自分のペースで、転ばないよう慎重に歩いていきました。
靴の中に水が浸みてグチャグチャでした。
 
 

ああ〜、寒い。もう雨の中、7時間も外にいいるわ~。

Kumi3

 
 
 
 

アルベルゲの怖いお姉さん

 
 
あった〜!
アルベルゲ発見~!!
 
バルの2階アルベルゲになっていました。
冷え切った凍える手で、わらわらとカバンからクレデンシャルやお金を準備しました。
 
レセプションの前に3人で立ち、
 
「オラー!」
 
と、挨拶をしました。すると、受付のお姉さんは、無言のでした。それどころか、睨むような目つきでした。
 
「怖っ!」
3人はとても不安になりました。
 
チェックインのスタンプを押してもらうために、出したクレデンシャルカードは、投げて返されました。
 
私たちの言った
「グラシアス~…。(ありがとうございます)」
も、むなしく響きました。
 
お姉さんは、腕を組み、椅子にふんぞり返るようにして階段を登る私たちをにらみ付けていました。
 

ひえっ!あの人怒ってるの?

Den

泊まるのやめようか? 1人10ユーロは値段も高いし…。

Chai

けれど、、もう雨の中に戻るのはいやだよね…。

Kumi3

 
2段べっど4/22
しかし2階の部屋に上がると、ベッドは清潔で、ChaiもDenも2段ベッドの下の段が取れました。私だけが上の段でした。
 
 

カミーノを歩き終えた一日のルーティンワーク

 
 

あ~、寒かった、疲れた。休みたい、眠りたいよ~。

Den

ちょっとまって~!
どんなに疲れていても、アルベルゲに着いたらやらなければならないことがあるのでした…。
 
・シャワーを浴びる。(当たりはずれが有ります…。今日はOK!
・下着、シャツ、靴下を洗う。(水が冷たい、絞るのに力がいるなどけっこう疲れる仕事)
・オーバーパンツの汚れを拭き取る。(雨の日)
・靴の泥をぬぐい取る。(雨の日)
 
シャワーは、熱い湯がジャンジャン出る「当たり」のものは3日に一回といった具合でした。
洗濯は、洗濯機があれば使わせてもらいましたが、たいてい風呂場か洗面で、自分の下着、靴下ぐらいは手洗いしておかないといけません。干場が雨で干せないときは、ベッドのパイプに掛けておきました。
 
雨の日は疲れている上、さらにオーバーパンツの汚れ、靴の掃除をしておかなければいけません。明日の朝、スムーズな出発をするために。
 
今日は、靴の底から、土の固まりがごっそり取れました。
 
 
伝ベッド422
雨だから、靴下をベッドのパイプの干さなくちゃ。
 
そんなカミーノのルーティンワークを全て終わらせると、やっと休憩タイムでした。
 
ChaiもDenもベッドにゴロンと横になったかと思うと、3時間ほど気を失ったように眠ってしまいました。
 
私は、その間、一人ゆっくり日誌を書いたり、所持金を数えたり、窓から雨が止んだ夕焼けの空に見て、ボーッとして過ごしました。
 
疲れているのですが、子どもたちが昼寝している間、束の間の一人の時間を過ごす事もも大切なのでした。
 
 
夕焼け422
雨が上がりの空は、優しい感じだね。
 
 
 

お姉さんが怖くて1階に降りれない

 
 
私は、近くにお店が無いか探索しなくては…と階段に向かいました。
 
1階に降りるのを躊躇しました。さっきのお姉さんが居たらと思うと…
気持ちが引けました。
 
そーっと階下を覗いてみると、ちょうど他の巡礼者たちが到着し、お姉さんは受付をしているところでした。
 
ササッ~!と素早く階段を降りて、私一人、外に出てみました。
雨は止んでいました。
 
買い物をしようと、あたりをうろうろ歩き回りましたが、近くにお店はありませんでした。 
 

食料の調達は出来そうにないわ。お姉さん感じ悪いし、宿代も高いけれど、ディナーを頼むしかないわ…。

Kumi3

 
宿に戻り、ピルグリムディナーを2人分頼むことにしました。
一人分12ユーロでした。
 
 

優しいお姉さんが教えてくれたディナーのこと

 
 

今日はずぶ濡れ、ドロんこ道の中、よく頑張ったよね。温かい物を食べようよ。ピルグリムディナー頼もうね!

Kumi3

一階に降りるの、なんか怖いよ~。

Chai

 
でも、一階のバルに行かないと、夕食を食べることはできません。
 
ChaiもDenもそろりそろりと、さっきの怖いお姉さんの所在を確かめながら階段を降りていきました。
 

お!居ないみたい!ふう~、ヨカッタ!!

Den

 
ピルグリムディーナーをお願いし、3人はテーブルに着きました。
 
この時にオーダーを取りに来てくれたお姉さんは、さっきのお姉さんと、まるで違っていました。
とてもフレンドリーで
笑顔が素敵なお姉さんでした。
 
ChaiもDenも、さっきの受け付けのお姉さんに、相当ビビっていたので、優しいお姉さんに変わり、心底ホッ!としていました。
 
お姉さんとケラケラ笑いながら、身振り手振りでメニューを選んでいました。
 
このお姉さんが、笑顔で根気よくChaiと私に英語で説明してくれたおかげで、初めてピルグリムディナーのしくみがわかりました。
 
・前菜サラダパスタスープから選びます。)
・主菜(肉料理魚料理など、2種類から選びます。)
・デザートケーキ、ヨーグルト、リンゴ丸ごと一個など2種類用意してあり、そこから選びます。)
 
 
そして、このディナーは大当たりでした!
 
パスタ422
前菜のパスタ
 
 
ベジータすーぷ422
野菜たっぷりのスープ?煮物かしら…。
 
 
チキン422
ボリュームチキン!

うーん、やわらか~!

Chai

 
 
 
サカナ422
お魚も大きくておいしい! 
 
 
デザートは、本来はヨーグルトだったのですが、お姉さんは
 
「ほら、こっち来て。選んでいいわよ!」とChaiとDenをアイスの冷蔵庫に手招きしました。
 
422 カミーノ チョコベリーアイス
 

やった~!うひゃひゃ!

Den

 
 
 

知らないと損!カミーノの赤ワインの謎

 
 
そして、ディナーのテーブルに赤ワインがピッチャーで置かれました。
 
お姉さんに聞くと
「これはこの店のハウスワイン。フリーなの。いくらでも飲んでいいのよ!」
 
 
422カミーノ、サンティアゴ巡礼、赤ワイン無料
好きなだけどうぞ!だって~。
 
ここで初めて、知りました。
 
ピルグリムディナーの時、テーブルの上にあるワインは
自由に飲んで良いのでした。
 
今まで、他の巡礼者が飲んでいるのを見て
いくら払うのかなぁ、みんな豪勢に飲むなぁ…と、感心していました。
 

なぁーんだ!無料だったとは。水みたいな位置づけかしら!

Kumi3

 
ピルグリムディナーの赤ワインの謎が解け、無料だと知るとつい、飲み過ぎてしまいました。
 
 

アルベルゲの良し悪しはオスピタレロ次第

 
 

このアルベルゲ、最初のお姉さんは怖くてサイテーと思ったけど、もう一人のお姉さんは優しくてよかったね。いっきにサイコー!居心地よくなった!

Den

 

そうだね。いくらシャワーや部屋が良くっても、オスピタレロが感じ悪いと居心地も悪いよね!

Chai

 
そういえば、今朝出てきたパンプローナのアルベルゲも、建物や設備はくたびれた感じだったけれど、オスピタレロのおじいちゃんとおばあちゃんが、温かくもてなしてくれたので、とても居心地の良いアルベルゲという印象になりました。
 
 
美味しい食事とデザートにアイスをもらい、ChaiとDenは超ハッピーになっていました。
 
 
コインパソコンがあり、お小遣いの1ユーロで20分だけ、インターネットにつなぎました。
 
 
 
日暮れ422
夜9時、まだ外は明るいのでした。
 
 
422 サンティアゴ巡礼 ウテルガ 夕焼け空
 
ついに太陽が沈みました。
 
ChaiとDenはベッドに入ると、すぐに眠りにつきました。
今日、あんなに昼寝をしたのにね…。
 
雨の日は、体力の消耗が激しいのでした。
 
私も二段ベッドの上の段で、横になるとすぐに熟睡してしまいました。
 
 

二段ベッド要注意!!

 
 
寝袋に胸まで入り、気持ちよく寝ていたのですが…、
ふと寝返りを打った瞬間
 
ばさっ!

ひっ危な~い。そうだ、上の段だったわ…。

Kumi3

右腕だけがベッドの横に落ちて、ぶらーんとぶら下がりました。
 
腕だけ落ちた感覚に
ドッキリ!とした怖さを感じ、そのあとは、しばらく目が冴えて眠れませんでした。
 
 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です