7/60カミーノのアルベルゲ居心地はオスピタレロ次第で決まる!

アバター
WRITER
 
アメパンプローナ四角
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

4/22(木)ウテルガ / 温かい朝食の嬉しさ  16.7km/56 民間アルベルゲ  @€10 ×3

 
 
パンプローナのアルベルゲ、、パタボーンは、ちょっとへき地で、建物も小さく質素でしたが、居心地の良いところでした。
 
パタボーン朝食
思いもよらず、朝食が付いていました。こどもたちにココア。わたしはコーヒー。朝食に温かい飲み物があるって嬉しい〜!
 
トーストにチーズ、黒すぐりのジャムがおいしい〜!たっぷり付けて食べました。
 
おじいさんとおばあさんにお礼を言い、ハグしてお別れしました。
 

建物よりも設備よりも、ここのオスピタレロのお人柄が温かいから、居心地が良かったんだね。さあ、歩こう!

Kumi3

 
 
 
パタボーン朝
スペインの朝の8時はまだ暗い。
 
 

雨、靴がぐちゃぐちゃでドロドロ、おまけに寒い。

 
 
朝からけっこうな雨が降っています。カッパを着て歩き出しました。
 
アメパンプローナ四角
シトシトシト、、、。
 
 
パタボーンから橋クリア
街が町になり
 
 
いなか道パタボーン
家が少なくなり
 
 
パタボーンから麦ばたけ二人
淋しい道になり
 
 
パタボーンからワインディングロード
ワインディングロードになりました。
 
左右には、どこまでも麦畑が広がっています。晴れていたら、きっと気持ちいいだろうなぁ。
 
 
ぐちゃぐちゃ道伝てっぺん
足元はドロドロ。ズルッやと滑るので、油断できません。さらに靴の底に泥がくっついて重たくなっています。一歩いっぽ足場を選んで歩くようでした。杖があって助かりました。
 
 
 
写真スポットぐちゃぐちゃ
素敵な写真スポットも、どんよりのグチャグチャです。
 
 
 

屋根があるだけで有難い。

 

 
パタボーンから街中へ
少し、町になってきました。
 
 
軒下でランチ
お昼は民家の軒下で、雨をやりすごしながらパンにサラミソーセージを挟みました。 
こどもたちは日本では雑穀の入ったパンはヤダっ!て言ってたのだけれど、、、
 
ここでは夢中でムシャムシャと食べています。
 
 
 

寒い雨の中、5時間で12kmしか進まず…。

 
 
歩き出すと、町はまた、田舎道になってきました。
 
町名と距離、アルベルゲ(宿泊所)の定員が書いてある紙を見ると、一番近いアルベルゲまで4.7kmありました。
 
 
田舎道パタボーンから前に二人
ああ〜、寒い。もう雨の中、5時間も外にいます。
 
 
ワレモコウチャイ
町が見えない。
 
 
麦ばたけ私
靴の中に水が浸みてグチャグチャです。ウテルガのアルベルゲまで、このペースだと2時間はかかるでしょう。
 
定員は16名です。入れるかなあ。満員だったらどうしよう、、。
 
 
 
雨の悪道伝
3人は自分のペースで、転ばないよう慎重に歩いていきました。
 
 
 

アルベルゲの怖いお姉さん

 
 
あった〜! アルベルゲ発見。
 
バルの2階が泊まれるような造りになっていました。やっと辿り着いたのだけれど、レセプションのお姉さんは、ひどく横柄な態度でした。
 
チェックインのスタンプを押してもらうために、出したクレデンシャルカードも、投げるように返され、ニコリともしませんでした。 
 
「怖っ!」3人はとても不安になりました。
 

泊まるのやめる? 値段も高いし。

Chai

けれど、、もう雨の中に戻るのはいやだよね?

Kumi3

 
1人10ユーロでした。
 
 
2段べっど4/22
しかし、ベッドは清潔で、シャワーも温かく、なかなか良かったのです。やっとひと心地つくことができました。
 
 
 

カミーノを歩き終えた一日のルーティンワーク

 
 
あー、休みたい、眠りたい。でも、どんなに疲れていても、やらなきゃならないことがあるのです!
 
・シャワーを浴びる。(当たりはずれ有り)
・下着、シャツと靴下を洗う。(水が冷たい、絞るのに力がいるなどけっこう疲れる仕事)
・オーバーパンツの汚れを拭き取る。(雨の日)
・靴の泥を取る。(雨の日)
 
シャワーは、お湯がジャンジャン出る当たり!のものは3.4日に一回といった具合でした。(2010年当時)
洗濯は洗濯機があれば使わせてもらいますが、混んでいたり少ししかない時は、たいてい風呂場か洗面で、自分の下着、Tシャツ、靴下は手洗いしておかないといけません。干場が雨で干せないときは、ベッドのパイプにかけておきます。
 
雨の日は、疲れているのに、さらにオーバーパンツの汚れ、靴の掃除をしておかなければなりません。
 
靴の底からは、土の固まりがごっそり取れました。
 
 
 
伝ベッド422
今日は靴下をベッドのパイプの干さなくちゃ。
 
そんなカミーノのルーティンワークを全て終わらせると、やっと休憩タイムです。ChaiもDenもベッドにゴロンと横になったかと思うと、3時間ほど気を失ったように眠ってしまいました。
 
私は、その間、一人ゆっくり日誌を書いたり、所持金を数えたり、窓から雨が止んだ夕焼けの空に見て、ボーッとして過ごしました。
 
 
夕焼け422
雨が上がりの空は優しい感じだね。
 
 
 

怖いお姉さんが居るので1階に降りれない

 
 
宿の1階に降りるのは、気が引けました。さっきのお姉さんが居たらと思うと…。あの怖い態度はなんだったんだろ。私たちがあまりに泥だらけだったせいかな。
 
そーっと階下を覗いてみると、いつのまにか他の巡礼者たちが到着し、バルは人でいっぱいに賑わっていました。
 
ササッ~と素早く降りて、私一人で外に出てみました。雨は止んでいます。買い物をしようとキョロキョロしましたが、近くにお店は見当たりませんでした。食料の調達は出来そうにありません。  
 

お姉さん感じ悪いけど、ディナーを頼むしかないわ〜。

Kumi3

 
 

優しいお姉さんの素敵なディナー!

 
 
今日はずぶ濡れ、ドロ道の中、よく頑張ったよね。
温かい物を食べなくちゃ!
 
というわけで、ピルグリムディナーを2人分頼むことにしました。
 
 

一階に降りるのなんか怖いよ~。

Chai

 
でも、一階のバルに行かないと、夕食を食べることはできません。
 
ChaiもDenもそろりそろりと階段を降りて、さっきの怖いお姉さんの所在を確かめました。
 
...居ないみたい! テーブルに着きました。
 
この時にオーダーに来てくれたお姉さんは、さっきのお姉さんと違っていました。とてもフレンドリーで笑顔が素敵なお姉さんでした。
 
ChaiもDenも、さっきの受け付けのお姉さんに相当ビビっていたので、優しいお姉さんに変わり、ホッとしました。お姉さんと笑いながら、身振り手振りでメニューを選んでいました。
 
そして、このディナーは大当たり!
 
パスタ422
前菜のパスタ
 
 
ベジータすーぷ422
野菜たっぷりのスープ?
 
 
チキン422
ボリュームチキン
 
 
 
サカナ422
お魚も大きくておいしい! 
 
 
 
 

知らないと損!カミーノのワインの謎

 
 
ディナーのテーブルに赤ワインがピッチャーで付いてきました。
 
 
422カミーノ、サンティアゴ巡礼、赤ワイン無料
ハウスワイン、好きなだけどうぞ、フリーっ!
 
ここで初めて、ピルグリムディナーの時にテーブルの上にあるワインは、自由に飲んで良いことがわかりました。
 
今まで、他の巡礼者が飲んでいて、いくら払うのかなぁ、みんな豪勢に飲むなぁ、、と感心していました。
 

なぁーんだ!無料だったとは。水みたいな位置づけかしら!

Kumi3

 
はじめて、カミーノのワインの謎が解けました。
 
 

アルベルゲの良し悪しはオスピタレロ次第

 
 

このアルベルゲ、お姉さん意地悪でサイテーと思ったけど、もう一人のお姉さんは優しくてよかったね。いっきにサイコー!居心地よくなったよ!

Den

 

そうだね。いくらシャワーや部屋が良くったって、オスピタレロが感じ悪いと居心地も悪いよね!

Chai

 
そういえば、今朝出てきたパンプローナのアルベルゲも、建物や設備は古くてへたった感じだったけれど、オスピタレロのおじいちゃんおばあちゃんが温かくもてなしてくれたので、居心地の良いアルベルゲという印象になりました。
 
 
 
美味しい食事とワインと親切な宿のお姉さん。今日の雨の辛さも忘れてしまいました。こどもたちもデザートにアイスをもらい、超ハッピーになっていました。
 
 
パソコンがあり、20分だけ使っていいことにしました。
 
 
 
日暮れ422
夜9時、まだ外は明るいのです。
 
ChaiとDenはベッドに入るとすぐに眠りに落ちました。今日、あんなに昼寝をしたのにね。雨の日は消耗が激しいようです。
 
 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です