サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

22/60サンティアゴ巡礼・体育館に泊る・辛い雨はモチベupの話を!

WRITER
 
507オルニージョス体育館に泊まるB
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳中三次女と10歳の小5弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)スペインの旅へ行くことにしました。私は英語が苦手、もちろんスペイン語も話せません。子どもを二人を連れ海外の巡礼路を歩くなんて…、無謀とも言える巨大なチャレンジでしたが、何とか現状の生活の流れを変えたい!と意気揚々に出発したのでした。ところが初日にガイドブックを失くし、歩き出し2日目にはスマートフォンが使えなくなるという…、度重るアクシデントに見舞われ、早々にガックリと肩を落としました。けれど後から考えると、3人はカミーノの全てを自分たちの目で見て感じ、最大限にカンを働かせ、世界中の巡礼者と身振り手振りで見聞きし情報を得ながら進みました。スマホの画面を見つめる時間など全くありませんでした。ただひたすら、中世の巡礼者のように黄色い矢印➡だけを頼りにして、歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

5/7(金)→オルニージョス:目覚ましのギター 20km/€23   体育館ベッド @€5×3

 

目が覚め、時計を見ると6時30分でした。

7時には起きて、支度をしないといけないわ~、絶対に起きよう。いつも出遅れちゃうから、、。

Kumi3

と、うとうとしながら考えていました。しかし結局のところ、思いっきリ寝入ってしまいました。

ジャスト7時になると、リアがギターを弾き始めました。

ボリュームを押さえた静かなメロディーで、みんなを上手に起こしてくれました。

お早う~!ギターの音が聞こえるね~。

Chai

 

507 Camino スペイン巡礼 アルベルゲ

とても居心地の良いアルベルゲでした。

たった一泊だったけれど、みんなフレンドリーで、譲り合い助け合いながら、過ごすことができました。

オスピタレロがそういう雰囲気を作ってくれたのかしら。

Kumi3

さりげなく、巡礼者を見守っているようなオスピタレロのおじさんを想いました。

8時になると、私たち以外の巡礼者は、みな出発してしまいました。

 

お別れを言いたかったよ!

 

私たちは、オスピタレロと(アルベルゲの世話人) 別れを惜しみながら、道の案内などを聞いていました。

オスピタレロは、ChaiとDenに

「頑張ってな!」と声を掛け、ハグをしてくれました。

そして

あ、やっぱり、もう一度トイレ行かせてね!

Kumi3

と支度を整え直し、さらに出発が遅れました。

あれ~、雨が降って来たよ~。

Chai

窓ガラスに雨筋が、次々と打ち始めました。

やだなぁ~。カッパ着なくちゃ。

Den

いざ出発!と決めてからも、もたもたしている私たちでした。

 

507ブルゴス寄付アルベルゲステンドグラス

階段を降りる途中、窓のステンドグラスは、ホタテのデザインでした。

2階のアルベルゲから下まで降りると、

あれ?

軒下で、誰かが待っているようでした。

リアでした。

ずいぶん前に出発したと思っていました。

20分ぐらい…。 

寒い外で、待っていてくれたのでした。

リアは「お別れがしたかったからね!」と言いました。

1人で歩く巡礼者は、たいてい速足でした。一日に30kmぐらい歩く人もザラにいました。長い距離を稼ぐためにも5分でも10分でも早く出発したいはずでした。

507ブルゴス小さなアルベルゲ前巡礼仲間と

「じゃあね、ブエン・カミーノ!」

リアは、Chai、Den、私と順にハグをしてお別れをしたあと、速足で出発していきました。私たちは、歩きが遅いので無理に追い付くことはしませんでした。

リアとここでお別れなんだね…。

Chai

多分、もう会えないね。淋しくなるな…。

Kumi3

リアはこの数日間、さりげなく私たちを助けてくれたのでした。

 

 

ブルゴス大聖堂さようなら!

 

 さあ、今日は20km!

雨カッパを着て歩き始めました。

アルベルゲが充実していると、翌日は、気持ちよく歩き出すことが出来るのでした。

507ブルゴス大聖堂曇り空

ブルゴス大聖堂、さよなら!

 

507ブルゴスから出発、石橋1.2

石橋を渡りました。

 

507スペイン家の補修

あら、こんな家の補修法があるのね~。初めて見ました。

 

507カミーノ道のホタテマーク

道にカミーノのビッグサイズホタテマークがありました。

 

ブルゴスの街のはずれに公園がありました。

507カミーノスペイン公園遊具

おしりがカップにはまってグラングランッ!

スペインの公園は日本と違う遊具があって、面白いんだよ!

Den

公園を見ると必ず遊ぶDen でした。

 

小さな犬が付いてくる

 

雨の上がりましたが、空は鉛色でした。

507ブルゴスカミーノ小型犬

小さな犬が、ひょっこり現れました。

 

507カミーノ犬がついてくる

Denのあとを付いてきます。振り返ると止まり、歩き出すと犬は、また歩き出すのでした。

しばらく追いかけっこを楽しみました。終いには心配になってしまいました。

もう帰ったら?お家へ帰れなくなっちゃうぞ?

Den

 

小さな村で白猫がお出迎え

 

小雨が降ってる中

507ダルダホス村

小さな村に入りました。

 

507カミーノ巡礼道の白猫

今度は白猫がお出迎えです。

ニャーッ!

途中見つけたパン屋さんで買ったパンは、焼き立てでした

そして、こんな丸パン初めてでした。

507カミーノ丸パンが美味い

わあ、まだ温か~い!

Den

それっ!かじりつかなくちゃ!

 

 

507ブルゴスから小さな教会1.3

素朴な教会を通り過ぎました。

 

曇り空、麦畑、メセタの大地

 

507雨曇りメセタの大地はじまる1.2

すっかり、家がなくなってきました。

 

507メセタの大地1.2

メセタの大地が続きます。

 

507カミーノメセタの大地曇り1.2

ねえ、寄り道しないでよ~!

Chai

 

507カミーノメセタの大地の麦畑1

ずっと、ずっと麦畑が続きました。

 

507メセタ大地1本の木

向こうのいっぽん木が

「寒いだろう、わしも一人で頑張っているよ、あんたたちも頑張れー!」と言っているようでした。

 

 

雨も忘れる産まれた時のエピソード

 

ブルゴスの大都会で見た、街中の温度計は2℃でした

家もなく、吹きっさらしの一面の麦畑は、さらに冷えました。

今日のように雨が降ったり止んだりの凍える寒い道を歩くのは、しんどくて気持ちが下がりました。

う~ん、寒いよ~。疲れたよ~。

Den

歩くペースが遅くなり、我慢大会になっていました。

寒くて、道が単調で、雨も降って来る…、めげないように歩くためには心の栄養が必要ね…。

Kumi3

と私は考えました。

そうだ、ここで話しておこう!みんなが聞きたい話は、あれよね!

Kumi3


『産まれた時のエピソード』を話しながら歩くことにしました。

お姉ちゃんはどんなだったの?

「ねえ、お姉ちゃんはどうだったの?」と、ChaiとDenは、聞きたがりました。

おねえちゃん登場!

Rai

Raiが生まれた時はね…。

臨月の時、お友だち夫婦が来てね。グツグツ煮える鍋を皆んなでつついて食べたのね。楽しくて、美味しくて、かなり食べ過ぎてしまってね。

その日の夜中に、お腹が痛くなったの。

尋常じゃない痛さに、お腹壊したかも!と思って、朝一番で病院に行ったらね、

それが陣痛!だったのよ。

初産なのにストーンと産まれた安産だったわ。

Chaiが生まれた時の話

あたしの時は?

Chai

4月初旬にお父さんとRaiと3人でディズニーランドへ行ったのよ。妊娠8ヶ月だったわ。ところが、前日まではポカポカ陽気だったのに、急に2月ぐらいの寒さになってしまったの。

ママは、すっかり体が冷えてしまってね。お昼過ぎに先に帰ることにしたぐらいだったわ。

お父さんとRaiは「パレードを見てから帰るよ。」って言ってね。

ママは一人で家に帰り、お湯に浸かってようやく身体が温まったの。

それから、風邪をひいたようになってしまってね。

一週間後の朝4時ぐらい、お腹が痛くなって来てね、お姉ちゃんの時のことがあったから、大事をとってタクシーを呼んで病院へ行ってみたの。

そしたら、陣痛が始まっていたのね。

病院に着いて一時間半後に

1ヶ月早くChaiが産まれたの。

「ディズニーランドに行きたくて、早く飛び出して来ちゃったんじゃな~い?」と皆んなにジョークを言われたわ。

体重が1800gだったから、そのあと一か月間、保育器に入ったのね。

先に退院したママは、毎日、家で絞った母乳400㏄を届けに、電車とバスに乗って病院へと通ったのよ。

保育器の中で、Chaiが小ちゃくてびっくりしたよ。

でも、保育器の中で両手両足をニョキニョキ動かして、踊っているみたいでね、元気だったから安心したのよ!

 

Denが生まれた時の話。

Denはどうだったの?

Den

3人目だったからね、さすがに、これは陣痛だ!と分かったのね。

夜の1時ぐらい、お父さんのバイクの後ろに乗せてもらって病院に向かったの。ママもバイクに乗っていたから、慣れていたしDenは家の近くの病院だったからね。

その夜は、月がとっても綺麗だったの。

休日でね。夜勤はおばあちゃんの看護師さんがいたの。

着いた早々

「あれ~、また来たよ。もうたて続けに3人だわ。満月だからかね~。と言っていたわ。

また、おばあちゃん看護師さんが言うには

「あなた、静脈瘤がひどいじゃないっ!輸血するかもよ。血管確保!」といいながら点滴用の針を刺したのだけどね

老眼鏡がないと見えないと言って取りに行ったの。

なんだか不安になっちゃたわ~。

4時間ぐらいウンウン陣痛を我慢してね。

Denは、元気よくオンギャーオンギャー!と泣いて飛び出してきたんだ。

安産で、輸血は必要無かったよ!

髪の毛が濃くてね、オデコ全部が眉毛が生えてるようだったわ。

 

産まれた時のエピソードを聞くとChaiとDenは、寒い雨の中にもかかわらず気持ちがホカホカしたようでした。

私は、突然に母が亡くなったので、自分が産まれた時のエピソードを、聞かずじまいでした。それがとても残念でした。

このカミーノで、ゆっくり話すことができてよかった!

Kumi3

私自身も、心がホカホカしながら歩いたのでした。

507メセタの大地、曇り空、左右に麦畑

わたしは、コウノトリが運んできたって言われたよ。

Chai

Denはキャベツから生まれたって言われたの信じてたよ!

Den

 

Kumi3の作った陶人形をギャラリーに載せました。

Kumi3

以前、陶芸の仕事をしていました。赤ちゃん、こども、動物、物語を感じる風景など、カミーノで感じたエピソードと共にコメントを付けてあります。よかったら、ご覧になってください。

 

507ワインディングロード、メセタの大地1

わあ!町が見えてきたよ。もう少しだね!

Chai

 

 

オルニージョスの町、寒空に待ち人あり!

 

犬が付いてきたり、産まれた時のエピソードで、雨だというのに20kmの距離を、割合い早く歩き終えることが出来ました。

家がちらほら増えてきました。

オルニージョスの町に入ったようでした。

アルベルゲを見逃したら大変ね!

Kumi3

たった一つのアルベルゲの看板を見落したことにより、10km先のアルベルゲまでへ行くことにもなり兼ねないのでした。3人は緊張しながら歩きました。なかなかアルベルゲの看板がみつかりませんでした。

すると、寒空の下、道端に立っている人が見えました。

 

507オルニージョス町入り口 巡礼仲間

近づくと、フランスから来たセルジュでした。

ブルゴスのアルベルゲで二日間、私たちは一緒でした。

「もう、着くころかな、と思ってね。」セルジュは言いました。

うわぁ~!ヨカッタ。メルシー!

Den

507オルニージョスアルベルゲ

このアルベルゲは、ニワトリのモニュメントが看板替わりでした。かなり分かりづらかったのですが、セルジュが案内してくれたので、迷わずアルベルゲに着くことができました。

ところでセルジュは、女性ものの刺繍があるジーンズを履いていました。私がジーッと見ると、セルジュも気がついて

「前に余りに暑くて、長ズボンをアルベルゲに置いて来ちゃってね。寒くなって慌てて買ったんだよ。お店に女性もののジーンズしか無くてさ、ワッハッハ!」

「あ~、それで!わかるわ〜、イヒヒ!」

十日ぐらい前、私たちも連日の暑さに参ってしまい、手袋や長袖、タイツなど、防寒になるものをアルベルゲに置いて来てしまいました。ところが、つい三日前に雪が降り、厳しい寒さの中、持っている防寒の服がギリギリ状態になっていたのでした。

ブルゴスの巨大アルベルゲから大勢の人がスタートしたせいか、20km先にあるこのアルベルゲは、14時には、ほぼ満員でした。

セルジュは、アルベルゲの部屋に自分のベッドを取った後、私たちがこの町に行くと言っていたのを思い出しました。迷子にならないか心配になり、道で待っていてくれたのでした。

 

 

アルベルゲ満員!体育館に泊まる

 

アルベルゲに入ると

「フル!(満員!)」と言われました。

え~ッ!

Kumi3

けれど、体育館でよければ、泊まる事ができると言われました。

オッケーです!

Chai

「ではこちらへ。」と予備の宿泊所、体育館へと案内されました。

 

507オルニージョス体育館に泊まる

それは、倉庫から折りたたみベッドを自分で運び、好きなところに広げて寝る、ということでした。

うんしょ、どっこいしょっ!

Den

 

507オルニージョス体育館、泊まる、簡易ベッド

体育館の壁添いに、3人のベッドを並べました。

わぁ、寒〜い!

Kumi3

体育館は、暖房もなくだだただ広いので、こと更に寒く感じました。

でも、とりあえずベッド確保!

よかった〜!休めるね~。

Chai

 

 

悲しいシャワー

 

今日は、一日中寒い雨の中を歩いてきました。

なんとしても、熱いシャワーで温まりたいのでした。

Denが1番にシャワーを浴びました。すると悲鳴が、、、。

うぎゃあ~途中から水に変わった〜っ!

Den

私のところへ、残念な報告がありました。Denはガタガタ震えてしまいました。あらら~…。

少し時間が経てばお湯が出るかもよ~と私は、30分ほどしてからシャワーを浴びに行きました。

すると

あら、いい感じ!

Kumi3

始めは熱かったのですが次第に温度が下がっていくシャワー…。水になる直前に慌てて止めました。

うわああ…、ぶるるっ!今日の一番の楽しみが…悲しい~。

Kumi3

Chaiは私の様子を見て、浴びない事にしました。

正解! 

けれど、私たちの寝袋は裏切りません。

507オルニージョス、カミーノ寝袋は羽毛が最高

3人は寝袋にしばらくの間、うずくまりました。

そうして、身体が温まるまで、ミノムシのように待ちました。

 

巡礼者の友、ドライソーセージ

 

2時間ぐらい昼寝をし、身体が温まったところで散歩と食料調達に出かけることにしました。

507カミーノ、オルニージョス町の探索

小さな田舎の町は、すぐに終わってしまいました。

 

ドライソーセージとピクルス

しかし、昨日知ったドライソーセージを小さな食料品店で買うことができました。程よい塩味と持ち運びの良さで、この先も我ら巡礼者の友でした。

 

暖炉のそば、質素で満たされたディナー

 

体育館に戻ると、さらに冷えていて凍えそうでした。

アルベルゲのキッチンスペースの建物に、夕食を食べに行きました。その部屋だけ、暖炉が焚かれていました。セルジュも来ていました。

 

507オルニージョスアルベルゲ、赤ワインディナー

夕食はそこのテーブルに陣取り、ペットボトルに入れて持ってきた赤ワインの残りとChaiとDenは自動販売機のホットチョコレートを手に持ち、声をあげました。

「サル~!(カンパーイ)

夕食のメニューは、昼とたいして変わりませんでしたが、セルジュの持ちよりのチーズとハムが加わり、テーブルの上はいくらか賑やかになりました。

何も不足はないな…と思いました。

温かい暖炉、パンとワインとチーズ、

ChaiとDenが笑顔、仲間同士お互いを讃え、ねぎらう気持ち…。

心がとても満たされているのを感じました。

 

夕食後は、カードゲームが始まりました。隣にいたおばちゃんも加わり、ババぬきをしました。

楽しくて、みんなでゲラゲラ笑いっぱなしでした。

507オルニージョス、アルベルゲ、ババ抜き

Denの番です。セルジュからカードを引きます。

 

507オルニージョス、カードゲームババ抜き

ババでしょ~‼︎

Denって、わかりやすい反応ね~!

 

フランスの子ども歌 ♪カミーヨ  ラショニーヨ

 

セルジュがフランスの子ども歌を教えてくれました。

♫カミーヨ ラショニーヨ ソプリーヨ ソデプリーヨ 

カミーヨ ラショニーヨ ソプリーヨ セラビィ〜。

歌詞とメロディが可愛くて、ノートに書きました。

ゼスチャーがあります。

両手でグーを作り、向かいあわせ、人差し指だけを交互に掻き出すように動かします。

歌いながらイモ虫がケンカをするように動かすのでした。

 

地味なべっこう飴も嬉し〜い!

 

507オルニージョス、アルベルゲ飴もらう

オスピタレラのおばさんが、ChaiとDenに飴をくれました。

日本にいたなら、いろんなお菓子が手に入ります。

こういう地味なベッコウ飴は、Chaiなど、たぶん気にも留めないのでしょうが、ここカミーノでは、貴重な食料でした。

 

507オルニージョスアルベルゲ、赤ベッコウ飴1.2

ムーチョ・グラシアス!、わあ嬉し~い!明日歩きながら食べよう。

Chai

 

とても疲れている時、席を譲れるか?

 

私たちは、寝る直前まで暖炉のある食堂にいました。そこだけ暖房があるので、宿泊者が集まって来ました。あとから来た人は椅子がなく、みんな立っていました。クタクタに疲れた足を座って休ませたい。

椅子が確保できている人は 超ラッキー!でした。

ところがセルジュは、

あとから来た人に、椅子を譲ってしまいました。そんなことをする人は、見たところ、セルジュ1人だけでした。

若いお兄さんやお姉さんでさえ、一度、椅子に座ったら絶対に離さない構えで座って居ました。

先に来たんだから、もちろんいいじゃない!です。

食堂に、どんどん人が増えてきました。

その人たちは壁を取り巻くように立ちながら暖をとり、立ちながら飲んで食べ、おしゃべりをしていました。

中には年配の人もみえました。

私もセルジュのように立って食べている人にを譲ろうかな…。

と思ったのですが…、

思ったのですが…、

思ったのだけれど…。

でも、私も足がクタクタっ!

クタクタなのよ…!

どうしても出来ませんでした…。 

セルジュはすごいなぁ。あっさりと人に椅子を譲れるなんて…。

Kumi3


寒空の下、宿を気にして待っていてくれ、仕方なしの女物のジーンズを履き、飲み残しの激安赤ワインを喜んでくれ、子どもたちが飽きないよう根気よく遊んでくれ、自分も疲れているのに席を譲ってしまい、そして ワッハッハ!と笑う…。

セルジュは、

心がしなやかで優しくて。

でも、そのために自分がしんどいことも躊躇なく出来てしまう。

本当に強い人だなぁ!

と感じたのでした。

 

体育館ベッド大盛況!

 

寝る時間になりました。

私たちは体育館に戻りました。中に入ったと同時に、外はすごい雨音のスコールが降りました。

セーフ!でした。

 

507オルニージョス体育館に泊まるC

 体育館の折り畳みベッドの数は、始め5台ぐらいでしたが、いつの間にか15台ぐらいに増えていました。

さらに冷え込んで吐く息が白いけれど、寝袋に入れば大丈夫!でした。

3人は、すぐに深い眠りに落ちました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳中三次女と10歳の小5弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)スペインの旅へ行くことにしました。私は英語が苦手、もちろんスペイン語も話せません。子どもを二人を連れ海外の巡礼路を歩くなんて…、無謀とも言える巨大なチャレンジでしたが、何とか現状の生活の流れを変えたい!と意気揚々に出発したのでした。ところが初日にガイドブックを失くし、歩き出し2日目にはスマートフォンが使えなくなるという…、度重るアクシデントに見舞われ、早々にガックリと肩を落としました。けれど後から考えると、3人はカミーノの全てを自分たちの目で見て感じ、最大限にカンを働かせ、世界中の巡礼者と身振り手振りで見聞きし情報を得ながら進みました。スマホの画面を見つめる時間など全くありませんでした。ただひたすら、中世の巡礼者のように黄色い矢印➡だけを頼りにして、歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。