サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

9/60カミーノ寄付アルベルゲ・ペケーニョ攻撃・買い物で落ち込む

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳中三次女と10歳の小5弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)スペインの旅へ行くことにしました。私は英語が苦手、もちろんスペイン語も話せません。子どもを二人を連れ海外の巡礼路を歩くなんて…、無謀とも言える巨大なチャレンジでしたが、何とか現状の生活の流れを変えたい!と意気揚々に出発したのでした。ところが初日にガイドブックを失くし、歩き出し2日目にはスマートフォンが使えなくなるという…、度重るアクシデントに見舞われ、早々にガックリと肩を落としました。けれど後から考えると、3人はカミーノの全てを自分たちの目で見て感じ、最大限にカンを働かせ、世界中の巡礼者と身振り手振りで見聞きし情報を得ながら進みました。スマホの画面を見つめる時間など全くありませんでした。ただひたすら、中世の巡礼者のように黄色い矢印➡だけを頼りにして、歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

4/24(土)→エステージャ/ 王妃の橋を渡る 22km/31 公営 ご飯付き 寄付3人で€3

 

朝、6時半、部屋は電気が点いて巡礼者たちは旅支度の真っ盛りでした。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ アルベルゲベッド2Denの上のベッドの人は、すでに出発してしまいました。

Den、おはよう!

Kumi3

ううん、まだねむーい…。

Den

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ アルベルゲベッド朝ご飯

朝ごはんは、ビスケット、トマト、スープ、ヨーグルトでした。

カリカリしたバターガーリックパン、おいしいね!

Chai

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ アルベルゲ

朝7時半、アルベルゲを出発しました。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 教会

マヨール通りを後にしました。

 

424 スペイン巡礼 町エステージャ 途中町石橋右横

アルガ川にかかる王妃の橋を渡りました。巡礼者のために架けられた橋でした。

 

424 スペイン巡礼 町エステージャ 途中町 石橋の中

橋の上はこんな感じ。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 教会シルエット

振り返るとプエンテ・ラ・レイナの町が「いってらっしゃ~い!」と送り出してくれるようでした。

 

 

チュッパチャプスがあれば大丈夫!

 

 

4242人街が見えた

向こうに町が見えてきました。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 途中教田舎道23

あの町で休憩しようかね。

Kumi3

途中、おしゃれなクロスがみえました。

424十字架

何かな?と近くに寄ってみると

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ お墓白い十字架スペインの墓地が柵ごしに見えました。

町までは遠いよ~!ここで休もうヨ。

Den

と休憩にしました。

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 道で休憩

道の砂利の上で、休憩タイムをとりました。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ チュッパチャプス

Denはチュッパチャプスがあれば、どこまでも歩けるよ!

Den

 

スペインの4月は猛暑!

 

天気がよく、青空が広がりました。

424抜ける空木景色も色鮮やかに映りました。

 

424 スペイン巡礼 町エステージャ 景色 木と家

大きな岩のモニュメント?家よりも大きいね!

 

並んだ木大小に並ぶ木が、絵ハガキのようで見とれてしまいました。

 

424青空田舎伝

菜の花もピカピカしてる、きれいに映えるね!

 

話す余裕が出て来た!

 

今日は、たくさん話しながら歩きました。

例えば…  

犬のプちゃんがうちに来るまでのこと…。

カミーノにくる前に観た『イントゥザワイルド』という映画のこと。

自動車教習所のこと…。

自由にパスポートを取り飛行機に乗れるって恵まれていること…。

地球温暖化のこと…。

スペインのピパスというヒマワリのタネのお菓子のテリヤキ味のこと…。

424 スペイン巡礼 お菓子 ピパス

臓器売買のこと…。

遺産争いのこと…。

野球のスクイズのこと…。

脳梗塞のこと…。

とにかく、3人は思いつくままに話題をあげ、知っている限りのことを話しながら歩きました。きっと歩き慣れてきたのでしょう。会話を楽しむ余裕が出来てきました。

暑くなってきたね…。

Chai

 

424 スペイン巡礼 エステージかえる黒

ひゃあ!カエルが干からびてる!!

Den

この暑さじゃ、無理もないわね…。

Kumi3

 

途中、トイレに行きたくなりました。

424青空麦畑2人

Denは、すぐにそこらへんで済ませることができました。

男子ずる~い!

Chai

Chaiは中学女子なのでバルを見つけるか、アルベルゲまで我慢していました。

私は、中年女子なので、そのへんでテキトーにお花畑を見つける、たくましさでした。

 

ペケーニョ攻撃!

 

 

424 スペイン巡礼 エステージ 石のアーチ12

暑いよ~!汗びっしょり。

Den

一枚、長そでを脱ごうよ。ホント暑い~!

Chai

 

424暑い2人疲れ

4月とは思えない猛暑となりました。

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 途中教会

途中の町の教会。

 

424 スペイン巡礼 町エステージャ 途中壁の木

これは、ぶどうの木かしら?葉が茂ったら日よけになるのかな?

 

424道歩きチャイ

草花の植木鉢を壁に上手に飾る家を、よく見掛けました。

 

バルをみつけ、お昼休憩にしました。

バルは便利です。飲み物の補給はもちろん、食事やちょっとした食品も有り、トイレも借りることができました。

424構って犬

そして結構な確率でがいました。それで、癒されることも度々ありました。

Denは歩きながら

コーラが飲みたい、コーラが飲みた~い!

Den

と呪文を唱えていました。

ここで念願のコーラを手に入れることが出来ました。

424伝コーラ

ゴクリッ、うま~い!  

Den

するとDenは、スペイン人のおじさん2人が

「ペケーニョ!チャンピョン、バモス!バモス!(頑張れ!)」と励ましてくれました。

そしてその後、頭をボンッボンッ!と叩かれました。

ペケーニョ攻撃でした。

おまけに「君いくつなんだい?」と英語で聞かれました。

10歳!(テン)

Den

と答えると

「え~っ、5歳かと思ったよ!」

と言われてしまいました。

うわ~ん、ムカつくっ!

Den

西洋人から見ると、東洋人はことさら幼く見えるのでした…。

 

アルベルゲまでラスト4㎞!

 

コーラを大事に、ちびちびと飲みながら歩いていたDenでした。

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 田舎道12向き合って

あ~あ、空っぽになっちゃった~!あと、どれぐらい?

Den

 

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 途中 掲示板 田舎道12

さっきの町から、あと4㎞あるわ~。あと1時間かな。

Chai

 

424 スペイン巡礼 橋12

これは中世の時代からある橋だって~。

Kumi3

424 スペイン巡礼 町エステージャ 途中教会建物

橋を渡ると大きな教会がありました。

 

424石造りトンネル

なんだか立派な道だね。右に曲がるとトンネルがあるよ。

 

424 スペイン巡礼 エステージ トンネル右メモ

あら、誰かの書き置きの手紙があるよ、ほら、右端の石の上に…。

 

424藪2人

草木に巻かれたような、藪の道をずんずん行きました。

 

424木の小さな橋

小川に架かる小さな橋を渡りました。

 

4242人倉庫

なかなか着かな~い!!

Chai

 

エステージャ、初めての寄付アルベルゲ 

 

暑さで、ヨロヨロしながらたどり着いたアルベルゲは

「寄付」と書いてありました。

寄付のアルベルゲは初めてだわ。いくらでもいいってホントかなあ?

Kumi3

不安な面持ちでアルベルゲに入りました。サンタクロースみたいなおじさんが、オスピタレロでした。

424 スペイン巡礼 町プエンテラレイナ 道でスタンプ

「ほら、ペケーニョ、自分で押してごらん。」とオスピタレロがスタンプを渡してくれました。

わーい!グラシアス!!

Den

クレデンシャルにスタンプを押しました。

そして、チェックインする時、本当にお金を請求されませんでした。

代わりに、ドナティブ(寄付)と書いてある箱を示されました。

私たちは3人で3ユーロ入れました。

少なくてすみません…。助かります!!

Kumi3

 

424アルベルゲベッド

明るくて清潔なベッドでした。

 

424女子トイレ

女子トイレのドアがちょっと面白い。シスターの表情が切迫~!

 

ケニアに会えた!

 

シャワーと洗濯を終え、外に出てひなたぼっこをしました。

 

424 スペイン巡礼 エステージ アルベルゲ 23

シャワーも浴びてポカポカ陽気の下、最も気持ちがいい時間でした。

 

424 スペイン巡礼 エステージ ケニア

あっ!ケニアも来てる~!

Den

424 スペイン巡礼 エステージ ケニア2

Denはケニアの横で、宿題をして遊んでいました。

424ケニア鼻

ケニア、ハイ、チーズ!

Chai

けれどこのアルベルゲは、犬は泊まれないということで、主人のイニゴとケニアは別のアルベルゲへと移動して行きました。

あーん、ケニア、バイバイ。また会えるかな…。

Den

夕方7時半、夕食の時間でした。

424アルベルゲごはん

なんとありがたいことに、アルベルゲで、パンとサラダのディナーを用意してくれたのでした。

わあ!ありがた~い!!

Kumi3

 

ミサに出席、今度は大成功!

 

夕方7時から始まるミサに出ました。最後列に、控えめに席をとりました。

神父様が歌いながら入ってきました。その後をDenと同じぐらいの男の子と女の子が、白い服を着て入って来ました。お話が始まり、一同が立ちあがり歌を歌いました。

布袋が回って来て、小銭を寄付をしました。

再びお話が始まりました。

そのあと、前後左右の人とハグ、または頬っぺたにジェスチャーのようなキスをしました。

私たちも3人でハグをし、その後、前の席の地元のおばさんとおじさんとハグをしました。

それから「一同、前に出てください。」という呼びかけがありました。

これは、前に行ってはいけません!

カトリックの人だけが貰う、丸いお煎餅でした。

パンプローナのミサで大失敗したことがあったのでした。

だんだんミサのやり方がわかってきたね!

Kumi3

お煎餅をもらう儀式、聖体拝領 が終わったあと、周りにいる人から

「前に行け、行け~!」と背中を押されました。

どうも、これは前に行って良さそうです。

7,8人の巡礼者たちが、祭壇の前に並びました。

神父様が「それぞれの国の名前を言うように。」と、言われました。

私たちは

From Japan(日本から)

Chai

と言いました。

他、スペイン、ドイツ、カナダの人がいました。

神父様は

「ピルグリムに行く者に幸あれ~!」と祈ってくれました。

私たちは、みんな笑い合い、ガッツポーズを取りました。

ミサに集まった街の人々は、一斉に拍手をしてくれました。

 

買い物おねがい!と10ユーロを渡す

 

8時過ぎ、ミサが終わりました。まだまだ日が暮れませんでした。

424サンミゲル

教会の帰り、三人は飲み物を買いました。私は、アルベルゲのベンチでスペインのサンミゲルビールを飲み、すっかりくつろいでいました。

明日の食料の買い物をしなくていいの?行って来ようか?

Chai

さっきの教会の前の広場に、お店が軒を連ねていました。

ここは、朝食も出してくれるとうことでした!けれど、昼の食料はあったほうがいいのでした。

あら、じゃお願いするわ。パンとハムと水を買ってきて。今日はたくさん歩いたから、お釣りで2.3日分のおやつも買っていいわよ~。

Kumi3

と、Chaiに10ユーロ札を、一枚 渡しました。

やったー!わあい、おやつおやつ~!

Den

ChaiとDenは大喜び!やる気満々で買い物に出掛けて行きました。

 

買い物夕方2人

子どもたちだけで、買い物に出すのは初めてでしたが、今さっき行った教会のすぐそばにミニスーパーがありました。さっき飲み物を買い、様子もわかってたのでOKとしました

 

買い物に行ったはずが…。

 

しかし…、

二人はすぐに戻ってきました。

みると、Chaiの様子が、変でした。

あら?どうしたの?

Kumi3

お店でお金を払おうとしたら、ポケットにお金が無かったの…。ごめんなさい!

Chai

Chaiは、ポケットにいれた10ユーロを落としたのでした。

いいよ、いいよ。そういうこともあるよ。そのジャージのポケット、チャックもないし、落ちやすいのよ。気にしないでいいって!

Kumi3

と言いましたが、Chaiはうつむいたまま、涙がにじんでいるようでした。

よおし!ママも今から一緒に買い物へ行くわ。kikos(お菓子屋)を探そうよ。

Kumi3

街はまだ明るく、人で賑わっていました。

Kikos を見つけ、

424 スペイン巡礼 お菓子 グミ424 スペイン巡礼 お菓子 かえるグミ

グミ、駄菓子、パン、チョコビスケット、チュッパチャップスを買いました。

 

424 スペイン巡礼 町エステージャ モニュメント

街のウインドウに、ネジのナットやワッシャー、金属パーツで作られたアート作品が飾られていました。

わあ、面白いね~、アイデアだわ~!

Kumi3

私は歩きながら、あれこれ気分転換を図りました。

雑貨屋を見つけ、ホタテ貝の形の素朴な首飾りを見つけ、買ってみました。

わあ、似合う似合う~。お守りにいいじゃない!

Kumi3

私なりに、気持ちを盛りあげたつもりだったのだけど…

Chaiは、よほど口惜しかのでしょう。気持ちが沈んだままで、表情がありませんでした。

アルベルゲに戻りました。

 

424 スペイン巡礼 教会 エステージャ 夜

夜9時40分、エステージャの街に、日が暮れました。

Chai、10ユーロ失くしたことなんて気にしなくていいよ。ママも、お財布落としたりするもの~。もう、今日は寝よう。おやすみなさ~い。

Kumi3

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳中三次女と10歳の小5弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)スペインの旅へ行くことにしました。私は英語が苦手、もちろんスペイン語も話せません。子どもを二人を連れ海外の巡礼路を歩くなんて…、無謀とも言える巨大なチャレンジでしたが、何とか現状の生活の流れを変えたい!と意気揚々に出発したのでした。ところが初日にガイドブックを失くし、歩き出し2日目にはスマートフォンが使えなくなるという…、度重るアクシデントに見舞われ、早々にガックリと肩を落としました。けれど後から考えると、3人はカミーノの全てを自分たちの目で見て感じ、最大限にカンを働かせ、世界中の巡礼者と身振り手振りで見聞きし情報を得ながら進みました。スマホの画面を見つめる時間など全くありませんでした。ただひたすら、中世の巡礼者のように黄色い矢印➡だけを頼りにして、歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。