9/60カミーノ初めての寄付の宿にドキドキ・買い物で€10落とす

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

4/24(土)→エステージャ/ 青空がお出迎え 22km/31 公営 ご飯付き 寄付3人で€3

 

天気がよくて、景色が綺麗です!

424抜ける空木景色も色鮮やかに映ります。

 

並んだ木絵ハガキみたいな木をみつけ、見とれてしまいました。歩くことに慣れてきました。

 

話しながら歩く余裕が出てきた

 

今日は、たくさん話しながら歩きました。

例えば…   プちゃんがうちに来るまでのこと。カミーノにくる前に観た『イントゥザワイルド』という映画のこと。自動車教習所のこと。自由に飛行機に乗れる日本人って恵まれていること、地球温暖化のこと、ピパスというヒマワリのタネのお菓子のテリヤキ味のこと。臓器売買のこと。遺産争いのこと。野球のスクイズのこと。脳梗塞のこと。

とにかく、思いつく限りのことを話しながら歩きました。歩き慣れてきたのでしょう。会話を楽しむ余裕が出てきました。

 

424青空田舎伝

麦畑の道。

 

424石造りトンネル

トンネルに続く道。

 

424藪2人

やぶの道。

 

424木の小さな橋

小さな橋の道。

 

424橋2人上

大きな橋も渡りました。

景色を、楽しんで歩くことが出来てきたのは、体力が付いてきたのかもしれません。

 

男子はトイレが楽でいいなぁ

 

途中、トイレに行きたくなりました。

424青空麦畑2人

Denはすぐにそこらへんで済ませることができました。

Chaiは、

男子ずるい!

Chai

とボヤいていました。

Chaiは若い女子なのでバルを見つけるか、アルベルゲまで我慢していました。

私は、中年なので、そのへんにお花畑を見つけていました。

 

 

街が見えてもなかなか遠いのだ〜

 

 

4242人倉庫

今日は暑い暑い〜。

 

4242人街が見えた

街が見えて来ましたが、なかなかたどり着けません。

 

424暑い2人疲れ

街に着くころには暑さでバテバテでした。

Denは コーラが飲みたい、コーラが飲みた~い~と呪文を唱えながら歩きました。

 

424道歩きチャイ

街の入口でバルを見つけ飲みもの手に入れ、トイレも借りることができました。

 

Denペケーニョ攻撃に合う

 

バルは便利です。飲み物の補給はもちろん、ご飯も、ちょっとした食品も有り、トイレも借りられます。

 

424構って犬

結構な確率で犬がいました。それで、疲れが癒されることも度々でした。

 

Denは念願ののコーラを手にいれました。

424伝コーラ

ゴクリッ、うまい!  

するとDenは、スペイン人のおじさん2人に

「ペケーニョ!チャンピョン、バモス!バモス!(頑張れ!)」と励まされました。

そしてその後、頭をボンッボンッ!と叩かれました。ペケーニョ攻撃です。

おまけに「いくつなんだい?」と英語で聞かれ「10歳(テン)」と答えると

「えーっ、5歳かと思ったよ!」などと言われてしまいました。

ムカつくっ!

Den

Denは、学校で背の順は、前から1、2番です。西洋人から見ると、東洋人はことさら幼く見えるようです。

 

寄付のアルベルゲ 

 

暑さで、よろよろしながらたどり着いたアルベルゲは「寄付」と書いてありました。いくらでもいいの?ホントかなあ。

不安な面持ちでアルベルゲに入りました。サンタクロースみたいなおじさんがオスピタレロでした。

クレデンシャルにスタンプを押し、チェックインする時に本当にお金を請求されませんでした。

代わりに、ドナティブ(寄付)と書いてある箱を示されるだけでした。私たちは€3入れました。安いわぁ!

 

424アルベルゲごはん

それなのに、パスタとサラダの夕飯、コーヒーとパンの朝食も付きました。何てありがたい‼︎

寄付のアルベルゲ最高‼︎

 

424アルベルゲベッド

ベッドも清潔。

 

424女子トイレ

女子トイレのドアがちょっと面白かったです。シスターの表情が切迫!

 

ケニアに会えた!

 

Inigoとケニアも来ていました。

424ケニア

Denはケニアの横で、宿題をしたり、撫でたり、ずっとそばにいました。

 

424ケニア鼻

ケニア大好き~!

けれど、このアルベルゲは犬は泊まれません。Inigoとケニアは別のアルベルゲに移動してしまいました。

 

ミサに出た、今度は大成功!

 

夕方7時から始まるミサに出ました。最後列に、控えめに席をとりました。神父様が歌いながら入ってきました。

Denと同じぐらいの男の子と女の子が白い服を着て入ってきました。お話がはじまり、一同が立ち歌を歌いました。袋が回ってきて寄付をし、再びお話です。

そのあと前後左右の人とハグ、または頬っぺたにジェスチャーのようなキスをしました。私たちも3人でハグをし、その後、前の知らないおばさんとおじさんとハグをしました。

一同、前に出てください、といった呼びかけがありました。

これは行ってはいけません。丸いおせんべをカトリックの人だけがもらいます。

だんだんミサのやり方がわかってきたよ!

Kumi3

 

ミサの中で巡礼者が祝福される

 

ミサの終わりに、周りにいる人から「前に行け、行け~!」とゼスチャーされ、押し出されました。どうも、これは前に出て良さそうです。7.8人の巡礼者が祭壇前に並び

神父様がそれぞれの国の名前を言うようにいわれました。私たちは

From Japan(日本から)

Chai

と言いました。他、スペイン、ドイツ、カナダの人がいました。

神父様は最後に「ピルグリムに行く者に幸あれ~!」と祈ってくれました。私たちは、みんなで嬉しそうに笑い合い、ガッツポーズを取りました。

ミサに集まった街の人々が一斉に拍手をしてくれました。

 

 

買い物で€10を渡す

 

8時過ぎ、ミサが終わりました。まだ日が暮れません。

424サンミゲル

私は、アルベルゲに戻り、外のベンチでビールを飲み、すっかりくつろいでしまいました。スペインのサンミゲルビールを飲んでみました。おいしくてお値打ちです。

明日の買い物しなくていいの?行って来ようか?

Chai

さっきの教会の前の広場に、お店が軒を連ねていました。

あ、そうだ、忘れていた…。

それじゃね、明日のパンと水とチョコレートを買ってきて。今日はたくさん歩いたから、お釣りで2.3日分のおやつ買っていいよ~。

Kumi3

とChaiに€10札一枚を渡しました。

「やったー!わあい!」ChaiとDenは大喜び。やる気満々で買い物に出かけました。

 

買い物夕方2人

子どもたちだけで、買い物に出すのは初めてでしたが、いまさっき行った教会のまわりなので、様子もお店もわかってたのでよしとしました

 

買い物で€10落とす

 

しかし、5分と経たずに戻ってきました。

Chaiがポケットにいれたはずの€10を落としたというのです。

すごく落ち込んで

ごめんなさい、ごめんなさい!

Chai

いいよ、いいよ。そういうこともあるよ。気にしないでいいさ!

Kumi3

と言いましたが、Chaiはうつむいたままでした。泣いているようでした。

よおし!ママも今から一緒に買い物行くよ。kikosを探そうよ。

Kumi3

ようやく日暮れです。まだ、街は人で賑わっていました。Kikos を見つけ、お菓子、パン、秘密兵器のチョコサンドビスケット、チュッパチャップスを買いました。

そのあと、雑貨屋を見つけ、ブレスレットや首飾りなんかなど、€1でなかなかカワイイものがあり、買ってみました。

私なりに盛りあげたつもりだったのだけど、、。

Chaiは、よほど口惜しかのでしょう。気持ちは沈んだままでした。

もう、今日は寝ようか。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です