サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

Animal/カミーノは動物やカエルがお出迎え〜

WRITER
 
黒ナメクジ
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

芝生で、道端で、自由な面々!

 

牛並び

「お?巡礼者かい?わしらには関係ないね~!」

自由に草をはむ、のんきな牛さんチームでした。

黒ナメクジ横

うひゃっ!なにこれ~。ナメクジ⁈

Chai

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 ナメクジ

雨上がりの道~、ルンルン♫

黒ナメクジ雨の日、カミーノの道によく出没していました。

歩きはじめの頃は「あ、いたっ!ヒエーッ!」と不気味がっていましたが、そのうちに慣れっこになってしまいました。

 

黄色カタツムリ

赤ちゃんカタツムリ。

 

 

カタツムリ黒

この子たちを、バケツに集めているおじさんがいました。

 

609 サンティアゴ巡礼 カタツムリ カミーノ セー

食べられちゃうのね…。

Kumi3

501カタツムリ

ほっこり肉厚だよ~。

スペインではカタツムリは「カラコレス」といってポピュラーな家庭料理だそうです。

 

428コウノトリ大

子宝と幸運を呼ぶコウノトリ。

 

524 カミーノ ビアフランカ コウノトリ サンティアゴ巡礼

高い所のてっぺんに、がっつりと存在感満載で鎮座していました。

 

518カミーノ マザリフェ 石鐘3 教会

コウノトリの巣は、教会とよく共存していました。

 

429ダンゴ虫

ダンゴムシは日本と変わらないね!

Den

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ ミミズ トサントス 

ミミズもね!

Kumi3

ミミズ君、踏まれないようにと道から草っぱらへ移動してあげました。

423虫

カミキリ虫かな?

 

518カミーノ マザリフェ 田舎道 黄色てんとう虫

てんとう虫かな?(ピンぼけでゴメンナサイ!)

 

423とかげ

トッケーが大急ぎ!

 

429リス

リスも素早くて、目に留まらない!!

 

427イースターバーニーチョコ

チョコのうさぎ君も飛び入り~!

これは、イースターのお祭りで食べるのでした。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 石建物 後ろ納屋ニワトリアップ

農家のお庭で元気なにわとり。左端の犬の顔、おじさんぽい!

(犬は別のアルバムで特集しています。)

 

429あひる

「なんか食べものちょうだいヨ〜!」

自然公園内の鳥たち。

 

501ニワトリ

ニワトリ伝説の街、カルサーダのアルベルゲに住んでいるおんどりさん。

516 カミーノ サンティアゴ巡礼 レオン 鳥金網

庭で放し飼いの鳥さんたちでした。

 

527 カミーノ オスピタルデコンデサ ニワトリ

ニワト玄関先のニワトリたちは、居場所をわきまえているようでした。

 

522カミーノ マンヘリン 山道 鳥亡骸

自然界は厳しくて…、こんなことも。

 

609 サンティアゴ巡礼 馬800 カミーノ セー

山の斜面でのんびりしている~。

504馬

草っぱらで、はむはむしている~。

 

527 カミーノ オスピタルデコンデサ 馬巡礼

527 カミーノ オスピタルデコンデサ 馬巡礼後ろ姿

馬で巡礼をする人たち。

馬で巡礼をする人々は、行き先にトラックを先回りさせて、荷物と馬の食事を届けてもらうのだって~。

Kumi3

 

522カミーノ マンヘリン 山道 犬1ろば サンティアゴ巡礼

ここはいつの時代のどこですか~?

Chai

そんな気持ちにさせられる田舎道。

510ポブラシオン・デ・カンポス、サンティアゴ巡礼、道の馬1.2

かわいい~!(でもちょっと怖い)

510ポブラシオン・デ・カンポス、サンティアゴ巡礼、道の馬タッチ2

馬の触り方を教えてもらいました。

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 ポニー倒れた

昼寝、、と思います。

 

419 パンプローナ カミーノ サンティアゴ巡礼 パンプローナ はい色馬足黒

たて髪の短い馬。

 

カミーノ 馬のスペイン人二人

たて髪がふさふさの馬。

 

カミーノ田舎道、白黒馬

美しい馬~!

 

横切る馬

わあ!突如、馬がどっかどっか走って来た~!

 

馬の横腹

目の前を走り抜けました。

びっくりした~‼

Chai

馬の親子

生まれたばかりの仔馬発見!支えられてやっと立ったね。

がんばれ~!

Den

 

427馬走る

馬とバイクと車が信号待ちしてました。

 

519 カミーノ オルビゴ カエル

ぐわっ!ぐわっ!

 

509カスティージャ、カミーノ、旅育、カエル

踏まれそうなイボガエルくん、草むらへピョンッ!と追い立てました。

521 カミーノ サンタ・カタリナ・デ・スモザ カエルオブジェ 口開き サンティアゴ巡礼521 カミーノ サンタ・カタリナ・デ・スモザ カエルオブジェ サンティアゴ巡礼425 ロスアルコス スペイン お菓子グミ カミーノ

こんなカエルくんたちも飛び入り~。コイン投げとグミ。

 

416カミーノ、サンティアゴ巡礼、ピレネー、オリソン、モグラタンポポ

あ、モグラ⁉でも死んじゃってる…。

Den

誰かがお花を供えてくれました。

 

415サンジャンピエドポー、羊、サンティアゴ巡礼

黒ソックス羊。

 

604 サンティアゴ巡礼 スペイン 羊 金網アルカ

毛を刈るとヤギっぽいね。

 

524 カミーノ ビアフランカ 羊野原 サンティアゴ巡礼

お食事中~。

 

505羊群

羊飼いのおじさんがカランコロンと鐘を鳴らし、追い立てていました。

 

523ポンフェラーダPonferrada カミーノ 羊

猛暑の日。暑くても、毛皮が脱げないのね~。

 

512 カルサディージャ・デ・ラ・クエッサ カミーノ 17km一本道 羊の群

いくらでも草あるよー。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊1

民家の裏庭に山盛りの羊がいました。

 

511ビラメンテロ・デ・カンポス カミーノ 羊3

マスターのお誘いでジンギスカンバーベキューに参加しました。ふとみると裏庭に彼らが…。

バーベキューしちゃってゴメンナサイ…。

Kumi3

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 羊群れ後ろ向き

あらら、はずかしがり屋さん?

Chai

 

507カミーノ巡礼道の白猫

おーいで~!

Den

522カミーノ スモサ アルベルゲ 猫 サンティアゴ巡礼

日本と変わらないね~。

 

608サンティアゴ巡礼 道ネコ 12カミーノ アス・マロナス

雨が降っていても、寄り道してネコと遊んでしまう~。

 

523マンハリン カミーノ 牛ネコ

おはよう!ウシ柄ネコちゃ~ん。

 

523マンハリン カミーノ 子猫 ハグリット 猫3匹

生まれて2週間のちびネコたちを見せてくれました。

 

523マンハリン カミーノ 母親猫

お母さんネコがガン見しています。

 

522 カミーノ マンヘリン ネコ サンティアゴ巡礼

トマトやレタスを食べるネコ。

522 カミーノ マンヘリン 黒ネコ サンティアゴ巡礼

ネコに触れるようになったー!

Den

カミーノの収穫かもね!

523マンハリン カミーノ 子猫 2の手

子猫もかわいいけど、左後ろのわんこ、ナイスショット!

510ポブラシオン・デ・カンポス、サンティアゴ巡礼、ネコ

「なんか美味しいものないの~?」

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 サンマメ茶猫

むにゃ~ん、寝てるにゃ~ん!

 

526 カミーノ ルイテラン 牛多数

のんきな牛たち。

 

526 カミーノ ルイテラン 牛一頭

立っていると疲れるわい。からだが重くて~。

527 カミーノ オスピタルデコンデサ 牛道路を行く

あ、牛の群れ!車も人もよけてくださーい!

 

527 カミーノ オスピタルデコンデサ 牛軍団

わわわっ、はじに寄ります~!

Den

 

530 スペイン巡礼 サモス 田舎道 牛

ガリシア地方は、牛がたくさん!ニオイもたくさん~!

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 子牛

子うしは、小さなハウスに入っていました。

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin 牛行進 いるいる

あ、また通行止め!

Chai

 

601 カミーノ caminoポルトマリンportmarin 牛行進 12

あら~。牛さんのお出ましね。左の道にいきたいいんだけど、、ちょっと無理ね…。

Kumi3

608サンティアゴ巡礼 子牛12 カミーノ アス・マロナス

「へ?なんか用?」

609 サンティアゴ巡礼 牛左12 カミーノ セー

うわっ来た!

Den

609 サンティアゴ巡礼 牛正面 カミーノ セー

「なによ!何んにもしないわよ!」

608サンティアゴ巡礼 牛の群れ 斜めカミーノ アス・マロナス

きれいに草が短くなっています~。

 

602 Camino カミーノ パラスデレイ papas de rai 向かう トカゲ

何~‼ こんなの初めて見たよ!

 

608サンティアゴ巡礼 道トカゲ 12カミーノ アス・マロナス

これはさっきのと違うね!

Den

 

609 サンティアゴ巡礼 豚大 カミーノ セー

豚は、雑食なので野原で放牧というわけにはいきません。

あんまり早く太っちゃダメだよ!

Chai

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 ロバ1

いいこ~!

Chai

「うへへっ!」

613ムシア サンティアゴ巡礼 最終地Muxia 田舎道 ロバこちら見る

「また会える?」

多分ね!

Kumi3

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です