15/60カミーノは人に合わせなくていい・オスピタレロの大歓迎!

アバター
WRITER
 
430なへら橋茶うしろ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

4/30(金)→ナヘラ / スペインの夜明けはゆっくり 16km/€24   川添いアルベルゲ   寄付 €5

 

朝、キッチンのテレビ台の下に私とDenは、ズボンを一本づつ置いてきました。そこは『置いてきます貰いますコーナー』になっていました。

少しでも軽く!

7時過ぎ、アルベルゲを出発。久しぶりに朝焼けを背中に歩きます。朝、8時ぐらいでもまだ薄暗く、車はヘッドライトを点けていることもあります。

 

430朝焼け伝

イテテ、靴に石が入ってる〜

 

430田舎の畑家

ナバラッテの街は、赤い粘土が産出します。

 

430焼きもの店

陶器屋さんをいくつか目にしました。

 

430犬ばう

犬さん、吠えないでね。なんか強そう…。

 

430うま

ヒヒーン、おはようございま〜す!

 

430田舎みち茶ひとり歩く

田舎道は続く…。

 

430見下ろす伝茶

丘から見下ろす景色。ぶどうの苗がそこいら中に見渡せます。

 

便利なスポーク!スウェーデン製

 

途中、ベンチに座ってヨーグルトを食べました。

430茶ヨーグルトスプン

スプーンはこれ、プラスチック製のスプーンフォーク。

別名スポーク。スウェーデン製です。日本で買い持っていきました。これは軽くて丈夫です。とても重宝しました。

 

カミーノは人に合わせなくていい

 

私たちは、皆それぞれの速さで歩くようになりました。

430葡萄畑伝茶

Chai 、Den、私の順です。

道のりが長くなってくると、たとえ親子であっても、一緒に並んで歩くことが難しくなってきました。歩幅と歩速が違うのです。意識しないと並んで歩くことができません。

「人と合わせて歩かなくていいよ〜。」 

「自分のペースでいいんだよ〜。」

さらに「ここで気を使ってどうするの?ずっと気をつかってきて、やっとここに来たのでしょ。カミーノで思う存分、自分を実現していきなよ。」

と、カミーノが呟いているようでした。

 

巡礼者が増える

 

この頃、巡礼者が増えてきました。

4301本道人伝茶

道が平坦で、前と後ろが遠くまで見渡せるようになってきた、というだけではないようです。

 

430田舎道トラクター

巡礼のシーズンが始まったのかもしれません。

アルベルゲのベッドの空き状況が、気になってきました。

 

公園、トイレ、犬…、道草カミーノ

 

私たちは、歩くのが遅いのには理由があります。

その1:公園で遊びたがる人。

430しょんべん小僧

芝生のスプリンクラーでしょんべん小僧ですか⁇

 

その2:トイレ休憩がやたら多い人。

430バルトイレおかん

「いや〜、バルでトイレ借りたの、待たせてゴメ〜ン!」

ChaiとDenは待ちぼうけ。ロスタイムが多いこと…。

 

その3:犬好き…。早く歩きたいChaiですが、犬を見つけたら、話しは別です。

430茶と黒犬

いい子だねぇ〜。

430茶シーズー

かゆいの?ここかな?シャカシャカシャカ〜!

そんな訳で私たちは道草の多いカミーノなのです。なかなか先に進みません。

 

道案内のおじさんの正体は?

 

ナヘラの町に入りました。かなり疲れているはずなのに、

アルベルゲがいっぱいになっちゃう‼︎

Den

とトップに躍り出ました。

430まちをでる伝茶

「早く〜!」と私を急き立てます。

アルベルゲがわからずウロウロしていると「こっちへこい!」と手招きするおじさんがいます。どうやら道案内をしてくれるようです。付いて行きました。

 

 

430アルベルゲ

5分ぐらい歩くとアルベルゲに着きました。

すると、おじさんがカウンターの中に入り、クレデンシャルにスタンプを押してくれました。

 

430ポスタピレロ

おじさんはアルベルゲのオスピタレロだったのです!

おじさんは私たちを大歓迎してくれました。何かと気にかけ、構ってくれます。

「パンはいるかい?」「チョコバー食べな。ほらほら、3本ずつ取って。」「パスタ、持っていきな。」「ベッドから落ちないかい?」「これがスパニッシュオムレツだ。さ、食べて食べて。スペインの代表的な料理だよ〜!」「ホタテ貝のバッチあげよう。」

 

気の毒な近所のちびっ子たち

 

おじさんの姿が見えないと思ったら、近所からDenと同年代のちびっ子たちを 3.4人を引き連れてきました。

そして、ちびっこたちに「ほら、見てごらん!この子たちはな、日本からはるばるカミーノを歩きにきたんだぞ!お前たちも見習いなさい!」

どうやら、そんな事を言っているようです。地元のちびっ子たちは「はいはい、わかりましたっ!」というような返事をし、おじさんの話しが終わると、ピューッ!と逃げるように居なくなりました。 

ちびっ子たち、悪かったね、余計なお世話だよね〜。おじさんの感激ぶりに、私は苦笑いしてしまいました。

オスピタレロが、そうやって私たちを大歓迎し、盛り上げてくれるので、他の巡礼者たちも気にかけてくれました。

「ようこそ!ジャパンから?」

「よう、頑張ってるな〜、ちびすけ!」

「ハ〜イ!一緒に写真撮ろうヨ!」

5人ぐらいの巡礼者と一緒に、わいわい写真を撮りました。

 

シャワーの当たりとハズレ

 

今日は、日差しが薄く寒い中を歩きました。アルベルゲに着いてからの一番の関心事は、シャワーが「当たりかハズレか」という事です。潤沢に温かいお湯が出てくると、もうそれだけで最高!幸せな気持ちになります。

それで、私たちはシャワーの造りに詳しくなってきました。危険なタイプは、タンクにお湯を溜める仕組みのシャワーです。ナヘラのアルベルゲはそれでした。

Chaiと私が浴びた時は、温かいお湯が出ていい調子でした。

温まったー、シアワセ〜!

Chai

最後にDenが浴びた時、タンクのお湯が尽きたようです。途中から真水のシャワーになってしまいました。

ぎゃあああ!

Den

悲鳴が聞こえ、その後Denは唇が紫になり、ぶるぶると震え、しばらく凍えていました。

 

公園の謎 

 

ナヘラの町は川沿いに芝生が続いています。

430なへら橋茶

橋を渡り、街の探索に出かけました。公園発見!

私たちは、カミーノを歩く巡礼者の中で、誰よりも公園に親しんでいると思われます。そこで、毎度のように気付く謎がありました。

「あそこにあったよね、、? あら、ここにも!」

 

430伝滑り台

そう、公園に卓球台があるのです。しかも雨ざらしで…。

 

 

カミーノはタイムマシーン

 

芝生を散歩し、3人でブランコに乗りました。

そういやぁ、小さい頃はよく公園に連れて行ったなぁ。膝の上に乗せて漕いだなぁ。あ~、懐かしいなぁ…

Kumi3

みんな大きくなって、学校、宿題、部活、習い事、手伝い、ゲームなど、あれこれやる事がある忙しい日々を送っています。公園を見ても素通りです。

 

430ブランコ三人

いま、カミーノで3人はブランコに乗っています。私たちは、今日を歩き終え、洗濯もシャワーも済ませた巡礼者で旅人でひま人です。物やお金は無いけれど、時間はたっぷりあるのです全く時計も見ず、のんびりと好きなだけブランコで遊びました。子どもの頃に戻ったみたい‼︎

カミーノはタイムマシンになってくれたね〜!

 

エロスキのアイスは98セントユーロ

 

陽射しが出てきて、暖かくなってきました。 

430アイスクリーム

エロスキスーパーマーケットで買った1リットルで98セント(120円ぐらい)の激安アイスクリームを、芝生に転がり皆でつっつき合いながら食べました。

わあ~い、シアワセ〜。

さらに夕飯もエロスキで調達しました。食材が豊富です。

 

430チキンディナー

ご飯を炊きチキンのソティーを作りました。ピザももらいました。スタミナ定食!

 

柵が無いベッドとイビキ問題!

 

3人分のベッドの割り振りは、下の段1つ、上の段2つでした。

430ベッド

2段ベッドは二つがピッタリとくっ付いています。そして恐ろしいことに、ベッドの横に転落防止の柵が付いていませんでした。

ベッドに柵があっても、Denはいつも下段に寝るようにしていました。えらく寝相が悪いのと、夜中に必ずトイレに行くからです。一人で行くのは難しいので、私が暗闇の中、小さなランプを点け、トイレまで誘導をしていました。

今までは、ベッド下段2つに私とDen、上段にChaiというパターンでベッドが取れていました。

また、2段ベッドの下段は何かと便利です。荷造りするのも、トイレに行くのも、タオルを干すのも、早朝に出発する時も、ササッと出れるのです。皆、ベッドの下段を狙っているのでした。なかなか、そこは変わってもらえません。

さて、今回は下段が一つしかありません。ベッドもくっついています。誰が寝たらいいだろう…。

隣にどんな人が来るかを見て考えよう。

するといかにも、いびきをかきそうなおじさんが来ました。この時点でChaiは上に決まりました。嫌がるのがわかったし、若い女子だし、、という考慮もありました。

寝相が悪いDenは下段の方がいいかな、、。一人で大丈夫かしら。

しかし万が一、隣のおじさんを蹴ったりしたら、マズいなぁ。

でも、柵がない上段から落ちるのも怖いし。すると

上で寝たい!今まで上で寝てなかったもん。それに、隣のおじさんがいびきをかいたら嫌だよ‼︎

Den

おじさん、可愛そうに。いびきをかいてもいないのに、勝手にそんな事を言われて…。

たしかに、近くに爆音のいびきをかく人がいると、もう最悪です。真夜中に、まわりの人の頻繁な寝返りのゴソゴソ音と、絶望的な溜め息が聞こえてきます。それを知っている私も、やはり眠れなくなったからです。

じゃ、私が下の段ね、、

Kumi3

私は、子どもたちが落ちるかもしれないと、心配で気が気でありませんでした。ベッドの柱にショールや洗濯用のヒモを、二重三重に張りめぐらしました。

その晩、隣のおじさんは静かでした。しかし私は眠りが浅く、夜中に5、6回起きては、上段の様子を窺いました。誰も落ちることなく、無事に朝を迎えることができました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スペイン巡礼の道は子どもと一緒に歩くことが出来ます。英語もスペイン語もダメな母は、二人の子どもの知恵と勘を頼りに歩いた2か月、930km。毎日が驚き、感激、悩み、ケンカの連続。記事を読んで笑えたり、旅気分を味わってもらえたら嬉しい!と思いながら作るサイトです。Kumi3の絵本作品、他の子連れ旅も掲載していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です