サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

18/60サンティアゴ巡礼でパエリアの作り方を教わる

WRITER
 
503パエリアうかうか
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

5/3(月)→トサントス   肩が痛くなければ歩ける! 17.4㎞ / €14 歌とミサの宿 寄付€3

 

7時過ぎに起きました。サクサクと出発支度を済ませました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ 朝食キッチン 12

それから朝食です。カモミールティー、サンドイッチ、バナナを食べました。

キッチンは座る所が無かったので、仕方なく立って食べました。

最近、発見したことがありました。

それは 肩が痛くならなければ、どこまでも歩ける!ということでした。

昨日、道の途中のおやつに…と買ったバナナ1房も

持って歩くには重すぎるわ~、バナナのせいで肩が痛くなったら大変!

Kumi3

と朝食に全部食べることにしました。ChaiとDenは1本ずつ、私は3本食べました。それだけでもバックパックは、ずいぶんと軽くなるのでした。

買い物の時、買いすぎちゃったんだよ、ママは…。

Chai

 

雨が止んだだけでハッピー気分!

 

朝8時、出発しました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう泥道2

朝から小雨が降っていました。ガッカリ…。

でも、昨日はたっぷり寝たから、今日はエネルギーいっぱいだよ!

Den

503茶後ろ建物

カッパを着て出発しました。

向こうの空が明るいから、晴れてくるかもね!でも、寒~い!

Chai

私はズボンを3枚はきました。

雨が降ったり止んだりでした。風も吹いてきました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう町並み3晴れた

カッパのフードが外れないようにと、帽子のつばに洗濯バサミで留めました。

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう泥道2晴れた

やった!雨が止んだよ~!!

Den

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう町並み12晴れた

雨の中を歩くのと、そうでないのとでは、疲れ具合が雲泥の差なのです。

よかった~!雨があがったね。

Chai

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ 看板トサントスむかう レンガ建物

そんなことだけでも、ささやかなハッピーを感じるのでした。

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ 家2 

道の途中の何でもない家なのですが、緑のドア上の丸い造りが、素敵~

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう レンガ建物23

町のシティホールかしら?黄色いポストがあるから、郵便局かしら?

しばらく歩くと町は終わりました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスむかう田舎道12晴れた

再び田舎道になりました。道は舗装路でした。

雨上がりに、嬉しがっている小さな生き物もちらほら…。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ ミミズ トサントス 

あっ!ミミズ踏まれちゃうよ~!

Den

DenとChaiは、ミミズを傷めないように草むらへと誘導しました。

 

コラカオ・Colacaoとの出会い

 

雨はいったん止んだと思ったのですが、再び降ってきました。

503旗のバル

万国旗がいっぱい立ち並んだBar(バル)を発見しました。

日本の旗は無いね~。ざんねん。

Chai

3人はテーブルに座りました。今日は雨と風で身体が冷えきっていました。

うひゃ~、寒かった~。温かいものをたのもう~。

Kumi3

今まで暑い日が続いていたので、子どもたちはバルでオーダーする飲み物は、コーラかオレンジジュースでした。ちなみに私は、夏でもいつでもホットコーヒーと決まっていました。

まず私が注文しました。

ウノ  カフェレチェ  (ミルク入りコーヒー1つ)

Kumi3

ChaiとDenに「どうする?」と聞いている間に

バルの店員さんは、子どもと見るや

「ドス(2つ)  コラカオね!」

勝手に決めてしまいました。

503コラカオ

出て来たのは、ガラスコップに入ったホットミルク

黄色い Colacaoと書いてある袋でした。

どうやら、自分で袋を破り、ホットミルクに入れてかき混ぜるのでした。

これがスペインのスタンダードなホットチョコレート、「コラカオ」でした。バルでは子どもの飲みものとして、当たり前になっていました。ココア粉と砂糖が調合してあるものでした。

503コラカオ

カミーノのどの街どのバルでも、ホットチョコレートを頼むと、ホットミルクとコラカオの袋が出てきました。

でも、なんで熱いミルクがガラスのコップに入っているのだろう…

Chai

それが、コラカオの決まったスタイルなのかもね…⁈

Kumi3

503コラカオ大

こんな大きな容器のコラカオもありました。アルベルゲのキッチンで大人もよく飲んでいました。

ほか、ボカディージョ=バケットのハムサンドイッチを食べ、心もお腹も満たされました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ バル 機関車車

バルの前に、機関車にデコレーションされた自動車がありました。

男子、こういうの好きよね。

Chai

 

コウノトリの巣と教会

 

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ教会 横 コウノトリ

おや、教会の上に巨大マイク?

 

503コウノトリ教会

いえ、違います~。コウノトリの巣でした~。

 

通り過ぎる町

 

途中の町で、パン屋さんを発見しました。焼き菓子もあり、シュークリームを1つずつ食べ、ハッピーになりました。

さらに、焼きたてのバケットパンがありました。夕食と明日の朝食にするため、欲張って3本買うことにしました。ビニールの手提げに入れて持って歩きました。

かさばるけれど、軽いから大丈夫!

Kumi3

503道工事中

道路は工事中でした。

 

503街をぬける伝茶

カッパは、バックパックにくくり付け、雨に備えて歩きました。

 

503板の橋

道路に並行した巡礼者用の道がありました。

 

雨の草っぱらトイレ、神に祈る

 

雨が降ってきました。足元は泥んこ道でした。

503泥の一本で道

見渡す限り草っぱらの一本道でした。

あー、トイレ行きた~い!でも、ナイスなポイントがないわ。どこかバルまで我慢しよう…。

あ~でも、もう限界だわ…。

Kumi3

こんな時は、勇気と決断が必要でした。

見渡す限り、人が来ないね…。きっと今がチャンス!!!

Kumi3

「ママ、トイレね〜!」と二人に叫び、呼び止めました。

ChaiとDenは

「もお~、ロスタイム…。」という顔をして

野生の馬のようにうなだれ、雨に打たれながら、無言で立っていました。

私は、草っぱらで神様に祈りました。

神様、人が通りませんように!

お待たせ~。ごめんね~。

Kumi3

いいよ〜…。

Chai

 

 泥道ですっ転ぶ

 

再び歩き出しました。足元をかなり気をつけて歩いていたのですが

503曲がり泥道

水溜りを避けようとして、泥道で足がズルッ!と滑り、右側にべったん!と転んでしまいました。

うわあっ!

Kumi3

身体の右半分とバックパックが泥んこになってしまいました。

先を歩いていたChaiとDenは、私が転んだことに気が付かず、どんどん先へ行っていました。

私は叫びました。

待って~!転んだぁぁ~

Kumi3

ええっ~?

Chai

2人はすぐに駆け戻って来ました。私は、背中のバックパックをこれ以上汚したくないので、背負ったまま四つん這いになり、起き上る手助けを待っていました。

しかし2人は

を通り過ぎ、草むらのほうへ一目散…。

ああっ!パンがすっ飛んでるよっ!

Den

うわっ、でも 、泥ついてないよっ!草の上でよかった。

Chai

途中の町で買った焼き立てのバケットパン3本が、草の上に散らばっていました。

二人は、真っ先にパンを拾い集めに行ったのでした。

それからおもむろに振り返り「ママ、大丈夫〜?」と聞いてきました。

私は自力で立ち上がり、ティッシュであちこちの泥を振り落としながら

大丈夫よッ!なんだか、さみしい~っ!

Kumi3

と、うらめしい声を上げました。

 

寄付のアルベルゲ、トサントス

 

アルベルゲ、トサントスにたどり着きました。朝8時から歩き出し、今2時半でした。距離は18キロ弱でした。バルで休んだので、だいたい1時間に3㎞ 歩いた計算になりました。

雨が降り、泥んこ道を歩いてきたので、まずまずのペースでした。

ううっ、今日は寒かった~。

Den

503トサントス赤ドア

トサントスは、古い建物で、部屋にはベッドが無く床にマットが置いてあるのでした。

なんだかちょっぴりボロいけど、雨と寒さから解放されるんだから、いいわね~。

Kumi3

そして、ベッドじゃなくてマットに寝るということは、落ちる心配がなくてむしろいいかも…と思いました。

さらに嬉しいことに

宿泊費は寄付でした。

ありがたい~!

オスピタレロは、陽気な感じのおじさんでした。

シャワーも熱いお湯がジャンジャン出て、身体が温まりました。

しかし各部屋には暖房がなく、寒くてとても居られませんでした。

ダイニングルームだけは、ストーブがガンガンと焚いてあり、暖かくしてありました。皆な、そこに集まり夕食前の時間をくつろいで過ごしました。

Chaiと私は日誌、Denは算数ドリルと漢字ドリルをしながら過ごしました。

503ダイニングルーム漢字ドリル

Den、苦行、、。

 

 みんなでパエリアを作る

 

しばらくすると

「みんなキッチンへ集合~!」と号令が掛かりました。ここのアルベルゲは、夕飯の支度を全員で手伝うようでした。

 今日のディナーはパエリアでした。手分けをして、具を刻みました。

503パエリア作り伝

おばさんに教えてもらいながら…。

 

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントスキッチン 12

おじさんたちも料理上手…。

 

パエリアの作り方

 

お兄さんのオスピタレロが

「今からパエリヤを作るから、見においで~。」と声を掛けてくれました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ パエリア トサントスキッチン 23

ニンニクのいい匂いがしてきて、ワクワク!

 

パエリヤの作り方

 

骨付き鳥肉、パプリカ、ニンニク、タマネギを15分ぐらい念入りにオリーブオイルで炒めます。(えー、まだ炒めるの~?っていうぐらい。)

503パエリア炒め中

水、ブイヨン、米、インゲン、トマト缶、グリーンピース、サフラン、塩を入れて煮込みます。

 

503パエリアうかうか

けっこう水分が多く、米や具がウカウカしています。(ブイヨン、塩は、スープを味見して濃さを決める。)

 

503パエリア完成

米が膨らみ、具と馴染んだら出来上がりです。お皿に盛って、レモンかけていただきます。パエリヤ大皿の四すみにレモンを引っ掛けるのが本場、スペイン流!

 

フレッシュサラダ

 

レタスをちぎります。トマト、りんご、にんじんを切って混ぜます。

ドレッシングはオリーブオイル、レモンとはちみつたっぷりのドレッシング、最後に乾燥ペパーミントを振りかけました。塩、コショウは使いません。

 

4か国語を通訳するスイス人!

 

ソニアはスイスから来た女性です。なんとドイツ語、英語、スペイン語、フランス語を自由に話すことが出来ました。

オスピタレロがスペイン語で何か言うと、各国の言葉で皆にアナウンスをしてくれました。

503 スペイン巡礼 サンティアゴ巡礼 カミーノ アルベルゲ トサントス食堂

細長のテーブルに、全員が席に着きました。

503パエリア配り

パエリアをお兄さんオスピタレロがお皿に盛りました。

みんなの席に、パエリアのお皿を配るのはDenとChaiの仕事でした。

おじさんオスピタレロが言いました。

「皆さんが、自分の国で食べる前に言う言葉や祈りを

順番に言ってください。」それをソニアが各国の言葉に通訳をしてくれました。

一人づつ、順番が回ってきました。私たちは、もちろん日本の食前の言葉、

いただきま~す!

Den

いただきます!

Chai

と言いました。

宿泊者は16人でした。いろんな国、いろんな家庭

「いただきます」「食前の祈り」を聞くのはとても興味深く、楽しく、食卓が和やか雰囲気に包まれました。

居合わせた人々の国はドイツ、スイス、イギリス、フランス、カナダ、日本でした。

 

それぞれの国の「ありがとう」

 

パエリアは なんて美味しい~‼

サラダもオリーブオイルとレモンとハチミツとペパーミントの味付けで、とてもフレッシュ!でした。

DenもChaiもバクバク食べて、おかわりをしました。

食事の途中、おじさんオスピタレロがDenを呼びました。

は~い。何ですか?

Den

「デザートをみんなに配るように!」

青りんごが16個入ったかごを渡されました。Denは、ご指名が嬉しくて、ピカピカの笑顔で椅子の間を縫って廻り、カゴの中の青りんごを1人ひとりに手渡しました。

「メルシー!」

「サンキュー!」

ダンケ!」

みんな、それぞれの国の「ありがとう!」を強調しながら言ってくれました。

 

ベジタリアンのお姉さん

 

カナダから来たお姉さんは、ベジタリアンでした。

パエリアミルクコーヒーも摂りませんでした。サラダを食べ、他は自分で持ってきたパンナッツを食べていました。

特にまわりの人の、余計な関心や干渉もなく、

ごく自然に食べている事が「イイナ」と感じました。

 

お礼に一曲、日本代表!

 

お皿の上がカラになっても、みんな席を離れがたい雰囲気でした。

寄付なのに、こんなパエリアまでご馳走してくれるなんて…。

さっきは「ボロい」なんて言ってごめんなさい。

Kumi3

私たちは、トサントスのオスピタレロに感謝&感激でした。

何かお返しができないかしら…。

ねえ、歌おうよ!

Kumi3

ええっ‼

Chai

「日本代表、お礼に歌います!」

私たち3人は、トップを切りました。

立ち上がり

「シング  ア  ソング!」と言ってから

いちに~の~さん。ホイッ!

Kumi3

♫上を向いて歩こ~う

 

涙がこぼれないよ~おぉぉに〜♫

Den

3人でハモりました。これは、お正月に親戚の集まりで歌ったナンバーでした。私が下のメロディを歌えるのでChaiとDenは主旋律を歌いました。

うまくいった…、みたい?

拍手が起こりました。

えへへ!

Den

503りあギター

 私たちに続き、赤い服のお姉さんがギターを弾き始めました。

とても上手でした。

イエーイ ‼︎  パチパチパチ‼

ギターに合わせ、おじさんオスピタレロが「ラ・バンバ」を歌いました。

503カナダギターお姉さん

カナダ人のお姉さん2人も、1人がギターを弾いてハモりながら歌いました。美しいハーモニーに、うっとりと聞き惚れました。

次々とみんなが歌い出し、音楽でトサントスのダイニングルームが、わんわんと揺れていました。

最後に、おじさんオスピタレロが

「♫サンタルチア」を熱唱し、賑やかで楽しいディナータイムは終わりました。

 

屋根裏部屋の細やかなミサ

 

みんなで夕食の片付けをした後、もう1つイベントがありました。

3Fの屋根裏部屋でミサ瞑想があるというのでした。通訳係のソニアから集合の声が掛かりました。

忍者屋敷のような狭い階段を登り、一列に連なり、小さな屋根裏部屋に入りました。

入り口に置いてあるプリントを手にしました。

それは各国の言語で「祈りの言葉」が書かれていました。

なんと!

嬉しいことに日本語のものもありました。

ろうそくの灯りの下、祭壇を見ました。

それは部屋の真ん中に、木をくくって作った素朴な十字架が一つあるのみでした。それは、オスピタレロのおじさんのお人柄が感じられました。

その十字架を、みんなで囲むように座りました。

ミサが始まりました。

まず始めにオスピタレロがスペイン語で祈りを捧げました。

それから各国のプリントに書かれている「祈りの言葉」を順に読み上げるように言われました。

フランス語、英語、ドイツ語、そして私たちの日本語が最後でした。

「主よ、父なるイエスよ…」

3人でゆっくりとプリントの「祈りの言葉」を読み上げました。

寒い夜、ろうそくの光、静寂の中、声がきりっと響き渡るようでした。

私たちはカトリックではないけれど、読みながら

カミーノを歩いている時に湧いてくる祈りの気持ちを込めました。

他のミサの参加者たちは、西洋人だったので

日本語の響きが独特で不思議な気持ちになったのかもしれません。身を乗り出すようにして、聞いてくれました。

その後、目を閉じ、みんなで瞑想をしました。

とても、気持ちが安らいでいました。

心地良く、いつまでもそうしていたいと感じました…。

しかし、終わりの合図が来てしまいました。

屋根裏部屋の細やかなミサは、とても名残り惜しい気持ちで終わりました

 

床に雑魚寝は気楽~!

 

寝る部屋は、ベッドが無く体育館の体操マットみたいなものがありました。各々が、自分で好きなように敷き、寝袋を広げました。

503トサントス床寝袋

床マットの上に雑魚寝でした。

「えー、ここしかないの?」といった反応をしている人もいました。

一方、私たちはとても気楽になっていました。

寝ぼけても、寝相が悪くても、ベッドから落ちる心配が無いのは最高でした。

Den、今日は最高だね!

Kumi3

うん!

Den

久しぶりに、日本の寝床のように、床の上でストレスなく安眠することができました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。