サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

57/60カミーノの教え、必要は与えられ不要は去る・クレマ酒で乾杯!

WRITER
 
611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海クロス 靴 カミーノ
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

6/11(金)フィステラ観光日 心配ごと3つ  6km/€32 @€10×2 民間キッチン有 

 

昨日は夜中に洗面で日誌を書き、Denに呼ばれベッドに戻ったものの、真夜中の3時過ぎから朝方まで眠れませんでした。

いくつかの心配事が、頭から離れないのでした。カミーノはここ数日で終わってしまいます。けれど、日本へはまだ帰れないのでした。

帰りの飛行機のチケットの日付は、あと1か月先でした。

巡礼が終わってから、どうしよう…。

Kumi3

いくつかプランがありました。

ひとつは、ホセの住んでいるメノルカ島へ行く約束でした。

今日は金曜日、フィステラの街を一日観光する予定でした。

ホセとは、日曜日の夕方にバルセロナで待ち合わせをしようと約束をしました。そして、ホセの携帯電話の番号を教えてもらいました。

私たちは明日の土曜日、ムシアに行きたいと計画していました。歩く距離は30㎞近くありました。

ホセに会うには、ムシアに着いた翌日の早朝から、バスでバルセロナへ向かうことになります。バスで20時間近く掛かるのでした。

どうみても、予定が無理だわ…。歩いた翌日で疲れているだろうし…。バスの到着時間が夜遅くなるから、ホセとの待ち合わせに間に合わないわ。

Kumi3

ホセはムシアには行かず、フィステラから直接バルセロナに行く予定でした。

また、もし私たちがバルセロナに時間よくたどり着いたとしても、ホセに会えるだろうか。

大都会で右往左往する私たちは、重いバックパックも背負っているのでした。

たとえホセの携帯電話の番号があったとしても、うまく会えるかがとても不安でした。

どちらにせよ、日曜日の夕方にバルセロナでの待ち合わせは、厳しいものがありました。

ムシアに行くとしたら、少なくとも、もう一日余裕がないと無理だわ。日曜日の待ち合わせの約束は、取り消しにしないと…。

Kumi3

思えば…

オッケー!

ホセの住むメノルカ島へ行くよ~!

と盛り上がって約束したものの、具体的な事を詰めていくと、心配な要素が山積みに浮き上がってくるのでした。

ホセは、同じアルベルゲに泊まっていました。予定変更の相談をするならば、目覚めたら、すぐにホセをつかまえないといけないのでした…。

 

二つ目は、巡礼仲間の日本人、ピノでした。

昨日、この公営のアルベルゲに現れませんでした。

多分、この町のどこかに居るはずでした。けれど探そうにも、何の手掛かりもないのでした。(私たちはケータイ電話などを使っていませんでした。)

ピノをどうやって探したらいいだろう…。

Kumi3

ピノと一緒にホセの家に行きたい!

Den

Denが言ってきかないのでした。

 

三つ目の心配明日のムシア行きでした。

カミーノ最果ての地まで歩く予定ですが、本当に行けるのだろうか。道がわかりにくく、悪路だと聞いていました。

どうしよう、ここフィスティラで巡礼を終わらせてしまおうか。ビーチでのんびりと過ごしたっていいのよね…。

Kumi3

でも、ChaiもDenもムシアまで行きたいと言っていたわよね…。うーん。

Kumi3

そんなことを考えていたら、いっこうに眠れないのでした。朝方、少しウトウトすることができました。

ハッと目が覚め時計を見ると、7時でした。寝袋を飛びだすとホセのところへいきました。

日曜日のバルセロナ待ち合わせは無理なので、メノルカ島へ船で行くときに、電話をします。

Kumi3

と伝えました。

「OK!待ってるよ。ちょうどその頃、メノルカ島の大きなお祭りがあるんだ。ぜひ見て欲しいよ。」と言ってくれました。

これで、心配事のひとつは消えました。

 

杖が無い!

 

今日は、フィステラを観光する予定でした。私たちが泊まっている公営のアルベルゲは、一泊しかできない規則がありました。

朝食を食べた後、別のアルベルゲに移動することになりました。

バックパックを背負い、玄関にある杖立ての大きなバケツに向かいました。そこから、みんな自分のストックや杖を取って行こうとしたところ…、

あれ?私の杖がないっ??

Kumi3

バケツのまわり、玄関の周囲、外の廻り…、探しても探しても、私の木の杖はどこにもないのでした。DenとChaiのストックはありました。

あれ〜、誰か持って行ってしまったかな?今までずっと、間違えられたことなんて無いのに。あ~、なんてこと!

Kumi3

息が荒くなってきました。

フランスのサンジャンピエドポーから、一緒だった杖。

611 サンティアゴ巡礼 ピレネー杖3611 サンティアゴ巡礼 町杖3

ピレネー山脈を越え、街を抜け…

611カミーノ 杖 3 道 干しワラ611サンティアゴ巡礼 雨3611サンティアゴ巡礼 雪13杖

炎天下の日も、雨の日も、雪の日も…

611カミーノ 杖 23 道427カプかたつむり611サンティアゴ巡礼 バックパック杖

困った時も、虫や動物と、バックパックと…

611カミーノ 杖 12 田舎道1280

そして子どもたちと…、ずっと一緒に歩いてきた杖でした。

できれば、日本に持って帰りたいと思っていました。

一度、道に置き忘れアラン先生が探しに行ってくれた時、

私にとって掛け替えの無い杖〜!

居ても立ってもいられないほど、うろたえました。

無事に見つかった時は、飛び上がって歓びました。

そんな思い出がいっぱい詰まった杖が、無くなってしまったのでした…。

がっがり。はああ~。けれど…いいさ。ああ、そうなんだ…。

Kumi3

この時、何かを感じました。気持ちが静まっていくのもわかりました。

私がいま、信頼しているカミーノの云い伝え。

『必要なものは与えられ、必要でないものは去っていく…。』

そんな言葉が、胸に浮かんできました。

今までも、願えばオムレツを作ることができたり、靴を与えられたり失くしたガイドブックをもらったり、困った時に絶妙な出会いがあったり…と様々なことが起きていたのでした。そうして必ず助けられていたのでした。

カミーノは本当に、云い伝えの言葉どおりだったな。

今まで起きてきた事象を思い起こせば、それほど悲しくもなくなってきたのでした。

しかも、巡礼の途中では無く、寄りによって最後のフィステラの地で杖が無くなるとは…。

ムシアの町に行く予定ではありますが、歩くのはあと1日を残すのみでした。

そしてもう、杖は必要なくなることは明らかでした。

最後にカミーノに試された気がしました。

必要でないものにこだわり続けてはいけないよ、できるかい?

はいっ!大丈夫です。わかってます。落ち込んだりしないわっ!

Kumi3

そうして杖に執着する気持ちが無くなってきました。

ママ、残念だね。Denのストック、2本あるから1本使えば?

Den

うん、ありがとう!

Kumi3

気持ちを切り替え、出発しました。

 

アルベルゲは一泊の決まり

 

別のアルベルゲに移動しました。

昨日、散歩をしたときに、Encontroという民間のアルベルゲを見つけてありました。

”Encontro”とは、ポルトガル語で ”出会い”という意味でした。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ アルベルゲ  カミーノ

一泊10ユーロでしたが、二人分で良いということと、キッチンがあることで、そこに決めました。

 

大西洋フェロー岬へ行く

 

そして、今日は大西洋を臨むフェロー岬へ行く予定でした。

巡礼の終わりの儀式をするためでした。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 町12 振り返るカミーノ

アルベルゲに荷物を置き、軽装でフェロー岬へ向かいました。

岬までの舗装路を、三人で手をつないで歩きました。ウイニングランではなく、ウイニングウォークでした。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 建物教会 カミーノ

途中、古い小さな教会がありました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 建物教会12 カミーノ

足取りは軽く、なんだか嬉しくて、ぴょんぴょんと弾んでしまうような歩き方でした

 

公園で遊ぶ

 

途中の崖のガードレールから、下をのぞきました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海見下ろすカミーノ

わあ!大西洋。水がきれいだね!

Chai

途中に公園がありました。

遊んでいこうよ!

Den

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 公園ブランコ1 2 カミーノ

オッケー!

好きなだけ遊んで行こう!

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 公園ブランコ1 2逆さカミーノ

うきゃはぁ~!

Den

私たちは我を忘れ、無邪気に遊びました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 公園シーソー1 カミーノ611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 公園シーソー2カミーノ

ビヨーン、ビヨーン!

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 公園シーソー1 3カミーノ

ギッタンバッコ、ギッタンバッコ!

Chaiとシーソーなんて、何年ぶりだろうね??

Kumi3

再び、歩き出しました。ふざけながら、歌いながら、曇り空を吹き飛ばす陽気な私たちでした。

 

ヤコブ像を真似る

 

お馴染みのヤコブ像が見えてきました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ ヤコブ カミーノ

ヤコブ像も、フェロー岬へと向かっていました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ ヤコブ12 カミーノ

こ~んな感じ?

Chai

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ ヤコブ13 カミーノ

そう、こ~んな感じ。

Kumi3

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ フェロー岬12 カミーノ

二人は犬が居たアルベルゲ、ビラメンテロ・デ・カンポスのオスピタレロにもらったホタテのリュックがお気に入りでした。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ モニュメント123 カミーノ

フェロー岬の道標は、一番はじにあるんだね。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 港灯台 カミーノ

灯台の建物がありました。夜になると、屋根の上の円筒窓のライトが、暗い海を照らすのでした。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海クロス2 カミーノ611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海クロス1 カミーノ611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海クロス3 カミーノ

見晴らしにあったクロスモニュメントで、ポーズをとりました。

 

カミーノ・巡礼終わりの儀式

 

大西洋の岬に出ました。

十字架のモニュメントがありました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海クロス 靴 カミーノ

その周りには、たくさんの巡礼を終えた持ち物たちが置かれていました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海岩場 靴置き去りカミーノ

近くの岩場には、服や靴を燃やした跡がありました。

『自分の持ち物をひとつ、フィステラの海で燃やすと巡礼が終わる。』

と云われていました。

※しかし、これは、巡礼者が少ない時代のことでした。

現在、年間30万人を超える巡礼者がカミーノを訪れています。フィステラに来る巡礼者は、さらに少ないとしても、数万人に及ぶでしょう。

服や靴や燃やした燃えカスや有毒ガスで自然が乱されているということでした。

また、これらの品々は巡礼者にとっては、思い出の儀式の物ですが、その後それを片付ける人もいるわけです。その量は膨大となり、とても大きな労力が必要になっているということでした。

...これらは、あとで調べてわかりました。

そのとき私たちは、何か持ち物を燃やしたいと考えました。それぞれアルベルゲLuffyのミサの時、腕に結んだ毛糸のミサンガを燃やしました。

それは、Own Camino・オウン カミーノの気持ちで歩きなさい!と教わったアルベルゲでした。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海12岩場 燃やす3手カミーノ

一か月ほど、ずっと腕にしていました。ミサンガが切れたり、外れることは願い事が叶ったということです。

3人無事に、サンティアゴ大聖堂にたどり着いて、それから大西洋まで、歩いて来れたものね!

Kumi3

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海12岩場 燃やす12カミーノ

それぞれ、自分で火を点けました。

今まで、守ってくれてありがとう!

Chai

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海2岩場 燃やす2 カミーノ

やっと火が点いた~。ブエン・カミーノ!

Den

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海岩場 燃やす 毛糸 炎カミーノ

私たちは、ミサンガが燃えていくさまを、静かに見つめていました。

 

スペインの果て、大西洋で好きなこと

 

わ~い!わ~い!

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海12岩場 カミーノ

崖を駆け下りました。

それから、気に入った岩に座り、好きなことをしました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海リンゴ カミーノ

私は、ポケットに入れてきたリンゴをかじりました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海爪切り カミーノ

Chaiは、爪を切りました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海チップス カミーノ

Denはポテトチップスの大袋をもしゃもしゃと食べました。

3人三様、想いおもいのことをして、大西洋の水平線をしみじみと眺めました。

それから、叫びました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 海12正面 カミーノ

大西洋、でっかいよ~う!

Den

ヤッタ~!ブエン・カミーノ~!

Kumi3

プちゃん~っ!

Chai

なぜか、家に残して来た犬の名前も叫ぶのでした。

かわいいんだもの。会いたいナ!

すると突然

ゲフォーッオエッ~。

Den

という、苦しい声がしました。

Denがチップスの食べ過ぎで、草むらに吐いていました。スペインのポテトチップスは半端ない量でした。一人で一気に一袋食べたのでした。

あら、まあ…。でも巡礼のゴールで、それがしたかったのよね~!

Kumi3

Denは、涙目でうなづきました。

ねずみ色の空から、ポツポツと雨が落ちてきました。

そろそろ、行こうか。

私たちは、大西洋を見渡す岩場を後にしました。

 

フィステラの街へ戻る

 

Chaiがトイレに行きたいというので、灯台の建物でトイレを借りました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 港灯台 地図12カミーノ

中に、地図の展示がありました。ガリシア地方の地図でした。

ここがフィステラでしょ。えっとムシアは…?

Chai

明日行く予定の最終巡礼地、ムシアの位置を確認しました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ フェロー岬12 戻るカミーノ

小高いフェロー岬から、街へ下っていきました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ コックへん2 カミーノ

草の穂をいっきにしごく「コックor ヘン!」の草遊びをしながら歩きました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 茶犬2 カミーノ

ビスケットちょっぴり、食べる?

Den

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 港建物 カミーノ

フィステラの港を見て廻りました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 港景色魚 カミーノ

細長い魚が、たくさん見えました。

けっこう大きい魚ね。食べられそうね!

Kumi3

寄り道をしながらアルベルゲへ戻りました。12時を過ぎていました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ アルベルゲ 2ランチ カミーノ

キッチンでササッとインスタントラーメンを作りました。

毎度、思うのですが、アルベルゲのキッチンに「どんぶり」という深さのある食器がないのでした。ラーメンを作ると、小鍋やマグカップを器として注ぎ、食べるしかないのでした。

スープ皿も平たく、ラーメンを盛るには違和感がありました。食文化の違いは、お皿でも感じられました。

ここはパン文化だからね。ま、美味しればいいわよね…。

Kumi3

それから、DenChaiは昼寝を決め込みました。

 

巡礼仲間を探し出す

 

その間、私はフィステラの街へと繰り出しました。

一人で気ままに探索するのは、これまた楽しいことでした。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 白黒犬2 カミーノ

アルベルゲを出ると、犬がくつろぎ過ぎて、のび~をしていました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 港景色船 カミーノ

港からフィステラの海を眺めました。

そこでふと、思い出しました。

ああ、そうだ!ピノを探さなくちゃ。この町のどこかにいる、っていうヒントしかないわ。どうやって探し出したらいいのだろう…。

Kumi3

ピノは、フィステラには必ず行きます、と言っていました。公営の宿しか泊まらない彼らなので、アルベルゲで会えると思っていました。しかし、私たちが泊まった公営のアルベルゲには現れませんでした。

どうしたものかな~と考えながら、お土産屋さんの前を通りました。中に入ることにしました。

今まで荷物が重くなることを考え、お土産は積極的に買っていませんでした。

フィステラは賑やかな街で、お土産のセンスもなかなか良いのでした。ここで買っておかないと、もうカミーノグッズは手に入らない~!と思いました。

重くなると分かっていても…

611サンティアゴ巡礼 道標 ミニチュア

カミーノ道標、手のひらサイズ、石製…。

 

611サンティアゴ巡礼 ホタテタイル 

ホタテ矢印のタイル、陶器製…。

などを買いました。

これは、バックパックがかなり重くなるわ~、仕方ない。数日したら、カミーノを出てしまうのだから。

Kumi3

後できっと良い思い出になるはず…と思われるお土産を幾つか買い、心は十分に満たされたのでした。ここでは重さなんて、気にしないのでした。

お土産屋さんを出た後、スーパーマーケットに寄りました。果物とパン、ハムとアイスキャンディーを買いました。

 

奇跡的に巡礼仲間を見つけ出す

 

アイスが溶ける前に、アルベルゲに戻らなくては~!

Kumi3

と、足早に歩いていました。すると…。

あれ?

道路の向こうの歩道に、見覚えのあるお姉さんがいました。

ピラルだ!

横断歩道のところまで歩いたら、見失いそうでした。車の往来を緊張しながら上手によけ、道路の向こう側に渡りました。そして、ピラルを呼び止めました。

「オラー、ピラル?」

「オラー!ワオ!」

話したことはなかったけれど、ピノたちといっしょに歩いている仲間の一人でした。彼女も私のことを覚えていてくれました。

ピノの居場所を聞くと、仲間67人で一軒家を借りているということでした。

「その家まで案内するから、付いてきて~。」

OK!、わあ、良かった。ピノに会えるね。Denが喜ぶわ~!

Kumi3

あ、そうだ…。

ピラルと一緒に歩きながら、私はChaiDenに買ったアイスが溶けてしまうと思いました。それでピラルに食べてもらおうと

「どうぞ~!」と渡しました。

「ムーチョ・グラシアス!」

ピラルはすごく喜んでくれました。アイスは、ちょっとしたぜいたく品かもしれません。彼女やピノの仲間たちは、かなりの節約スタイルで、超サバイバルにカミーノ800kmを歩いて来た猛者たちでした。

美味しそうにアイスバーを食べるピラルの後ろに付いて、私ももう一本のアイスバーを食べました。

歩きながら、しかしよく会えたな~と我ながら感心しました。

5ぐらい歩くと

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウス カミーノ

2階建ての家の前に着きました。

玄関のドアを開くと、ピノが出てきました。

おお!ピノ~!

Kumi3

「わあ、Kumi3!」 

私たちは、奇跡的に会うことが出来ました。ほかのメンバーたちとも代わる代わるハグをし、再会とカミーノの完歩を歓び合いました。

私は、たまたま道でピラルを見掛けたこと、Denがピノ、ピノってうるさいこと、ホセのいるメノルカ島へ行く予定のことなどを話しました。

 

パエリヤパーティーに呼ばれる

 

キッチンにいたエンカリに

「あとでパエリヤパーティーをするから、一緒にどう?」と誘われました。

それは楽しそう、ぜひ!

「時間は、4時間後ぐらいね。」ということでした。

今、3時半でした。私はアルベルゲに戻りました。

ChaiとDenはまだ、昼寝をしていました。

起きて、起きて~!ピノたちを見つけたよ!パエリヤパーティーに招待されたよ!!

Kumi3

やった~!

Den

わぁい!嬉しい~!!

Chai

おやつに買ってきた桃を食べました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ アルベルゲ 桃 カミーノ

このあたりの桃は、お饅頭みたいに平ぺったく潰れた形をしていました。。

味は甘くて最高~!!

それから私たちは、明日のムシア出発のため、荷物の準備をしました。

 

クレマ・デ・オルホで再会、乾杯!

 

夕方7時半、一軒家に向かいました。

わあ、ピノ!

Den

Den~!

Chai~!!

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウスはぐ2 カミーノ611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウスはぐ1 カミーノ

ふたりは大歓迎のハグを受けました。

パーティーが始まりました。テーブルにぎっしりとみんな座りました。

甘くて濃厚な薄茶乳のお酒が配られました。

「これを飲んで、巡礼が終わるのさ!」と誰かが言いました。

そのお酒の名前はCrema de Orujo/クレマ・デ・オルホ と言いました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウス乾杯1 2カミーノ

DenとChaiも乾杯だけ持て~!と、紙コップを手渡されました。

みんなで

サル~ゥ!

最高の乾杯!

 

美味しいパエリヤ、ステキなデザート

 

ピノとエンカリが料理を担当していました。

パエリヤがまわってきました。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウス パエリアみんなカミーノ

うわあ!美味し~い!

Chai

みんなでわしわしパクパクと食べました。

腹いっぱい!美味しかった!!

お皿が空っぽになり、お腹をぽんぽん叩いてました。

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウスみんな カミーノ

その横で食の細いDenは、一人お皿にパエリヤが残っていました。

もう無理…。

Den

と、私を横目で見てきました。

わたしも自分のパエリヤを食べ、お腹いっぱいになっていました。

ママも、無理よ~。

Kumi3

Den、それぐらい自分で食べなさい!と横目で「激」を飛ばしました。

Denは困った顔で、口がハムスターになっていました。

それに気が付いたピノは

「なに、Den、もうお腹いっぱいなの~?、んじゃほれ、お皿よこせ。」ささっとお皿を取り替えてDenの分のパエリヤも食べてくれました。

さっき、すごい山盛りを平らげて、くはぁ~と満足げにため息をついていたピノでした。お腹がいっぱいだっただろうに…、Den の分も全部たいらげてくれたのでした。

ありがとう、ピノ!

Den

そうして、パエリヤを作ってくれたエンカリがお皿を集めにきたとき、全員が空っぽのお皿を出しました。

「デザートもあるのよ!」

わ~い!

  みんな歓声をあげました。

エンカリはとても料理が上手でした。

彼女が作ってくれたデザートは美味しいだけでなく、盛り付けに素敵なセンスがありました。

よくあるリーズナブルなクッキーと、なんてことのないマドレーヌの上にマシュマロを乗せ、上から程よい甘さに作ったチョコレートソースを、たっぷりとコーティングするように掛けました。

最後に1ℓで1ユーロの四角いアイスクリームを、切って添えました。

それがこれでした。

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウス デザートカミーノ

フレンチレストランに出てきそうな、デザートの一品になりました。

うわぁ!お金をかけないで、こんなにおしゃれなデザートができるなんて!素敵~!!

Chai

 

611 サンティアゴ巡礼 フィステラ 宿ハウス デザートみんなカミーノ2

♫いっただきま~す!

こんな素敵なデザートで締めくりなんて嬉しいわ!

Kumi3

 

子どもが感じ取る、見た目や肩書ではないこと

 

そしてこのデザートも、Denは半分食べたところでお腹いっぱいになってしまいました。そして、再び助けを求めるように隣のピノを見ました。

するとピノは、わからないように

ほら、貸して!」

サッ!とお皿を取り換え、Denの分も食べてくれました。

残したってそりゃ構わないのだけれど、きっと作ってくれたエンカリのことを思い、食べてくれたのでした。

このひと、ほんといい人だわ…。

Kumi3

Denがなつく人は、いつもハートがあるな~と感じる人でした。

子どもには、見た目や肩書きでは判断しない、子どもならではの目線がありました。

正直、初めてピノに会った時は

国籍不明の年齢不詳の文無しヒッピーのようでした。

私は最初の頃、遠巻きに接していましたが、Denは妙になついていました。私は、それならば…とDenのその感覚を尊重することにしたのでした。

そして、ピノは日本に帰国し髪を切ると、全くの別人になっていました。

現在、カミーノで飲んで食べた味を活かしソムリエの資格を取り、自然食レストランBISTRO THE FARMの店長として静岡で活躍しているのでした。

しかしDen…、甘えっぱなしではないか〜。いいのか、それで?しっかり食べようよ!

Kumi3

その晩は、酔っぱらってワイワイ騒ぎながら、山道や野っぱらを雨風にあたりながら歩き通したカミーノを、思い起こしました。誰もが主役で、ゲラゲラと笑い声が絶えない素敵なパーティーでした。

明日、もう一つのカミーノ 最終地ムシアに行くつもりでしたが、この部屋のみんなは

「明日は、大西洋で海水浴をするぞ~!」と盛り上がっていました。

DenChai

大西洋!泳ぎた~い

Chai

絶対、Denも一緒に行く~!

Den

と騒ぎました。

そうだね、ムシアは、その後にしようか。

あしたは海に決まりね!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出ようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノの旅へ行くことにしました。距離は930km、かかった日数は60日間でした。私は英語もろくに話せないというのに、子ども二人を連れて巡礼の旅に行くなんて…、無謀で巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状を打破したかったのでした。カミーノ歩き始めの頃、子どもたちは足元はふらつき、背中のバックパックが重く、疲れと不安のかたまりでした。それが日を重ねるごとに、五感がイキイキと働き始め、途中からはすっかり『カミーノの住人』と化していました。果てしなく長い道のりを、日照りや雨風、岩、泥、草木、動物、見知らぬ街、人々に出会いながら、ひたすらに歩いた終盤の頃には、心と身体の声を感覚的に感じていました。そして、幾度となく起きる不思議な出来事、忘れられない言葉、時には悲しい事件、また、最高に幸せな瞬間、それら全てが、カミーノを歩く前から必要な事として編み込まれていたのかもしれない!…と思える出会いと別れの日々でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です