サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

30/60オウン・カミーノを虹が祝福/おじいさんの突然の行動に驚愕!

Kumi3
WRITER
 
515マンリー カミーノ 虹 サンティアゴ巡礼
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

5/15(土)→マンシージャ 虹が祝福 19km/€24 中庭のアルベルゲ @€5×2 

 

朝ご飯の時、昨日のミサで隣だったおじさんがアーモンドマドレーヌをわけてくれました。

パンとオレンジとスープの朝ごはんを食べました。

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino アルベルゲ Luffy 食事

8時、ほとんどの巡礼者は出発していきました。皆んな、出掛けにわざわざ声を掛けてくれました。

 

あっ!虹🌈

Chai

515マンリー カミーノ 虹 サンティアゴ巡礼

Chaiが窓の外に虹を発見しました。

ホントだー!

Den

空がOwn Camino昨日のミサを、

虹をかけて祝福応援てくれたような気がしました。

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino アルベルゲ Luffy ポスター

アルベルゲの中に貼ってあったポスターのデザインがステキでした。

 

オスピタレラを昔から知っているような感覚

 

時どき見かけるカミーノよゆるキャラ?

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino アルベルゲ Luffy ゆるキャラ

ちょっと、おじさんぽいね。

Den

朝8時過ぎ出発しました。

オスピタレラ(女性の宿の世話人はオスピタレラと言います。)とアルベルゲの前で写真を撮りました。

この小さな2階建てのアルベルゲは

心に沢山の贈り物をくれました。

今朝の虹はまさしく、それを印象付けてくれました。

さらに、こんな不思議な感覚がありました。スペイン語を話すオスピタレラと、たどたどしい英語しか話せない私は、滞在中、会話らしい会話はほとんど出来ませんでした。

けれど、不思議なことに、昨日アルベルゲで初めてこのオスピタレラと会ったとき、何故か親しい友人として

以前から知っていたような感覚がありました

それで、多く言葉を交わさなくても、オスピタレラに親しみを感じ、リラックスしてアルベルゲで過ごすことができました。

515カミーノ 寄付 アルベルゲ オスピタレロ Luffy サンティアゴ巡礼

オスピタレラの温かいおもてなしに、Chai、Den、私は名残り惜しく、それぞれハグをしてお別れました。

 

映画のような並木道を行く

 

歩き出しました。

515カミーノ 寄付 アルベルゲ Luffy 出発1 サンティアゴ巡礼

すぐに町が終わります。

 

515カミーノ マンリー 出発1 2 A サンティアゴ巡礼 

朝日を浴びながら町をあとにしました。

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino 一本道 並木1ノート2

ママ、昨日のミサ、ノート書いた?見せて。

Chai

ChaiもDenも、毎日日誌を書いていました。ときどき、Chaiは私の日誌をみて、その日の印象を確認しているのでした。

 

515カミーノ マンリー 出発1 2 b青空 サンティアゴ巡礼 

空の色がやさしいね。

 

515カミーノ マンリー 出発1 まっすぐ右 青空 サンティアゴ巡礼 青空と時々顔を出す菜の花たちの道が延々と続きました。

 

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino 一本道 景色黄色草原 右今日は何となく足取りも軽いようでした。

 

515カミーノ マンリー 出発1 2 リュック 青空 サンティアゴ巡礼 

昨日のミサ、良かったね、あんなの初めてだね。

Chai

 

515カミーノ マンリー 出発1 2 リュック 青空 スプリンクラー サンティアゴ巡礼 

あれはなんだろう。

Den

スプリンクラーだよ。タイヤが付いてるでしょ。横に移動して畑に水を撒くのね。

Kumi3

515カミーノ マンリー 街路樹 サンティアゴ巡礼 

等間隔に植えないで、すき間をあけて2本ずつ植える木、面白いなと思いました。

 

 

515カミーノ マンリー 歯車2 サンティアゴ巡礼 

何これ~?歯車が付いてるよ!

 

515カミーノ マンリー 一本道 1.2 サンティアゴ巡礼 ほら、自分のペースでいいよ。

515カミーノ マンリー 犬 金網 サンティアゴ巡礼 

町が見えてきたね。

 

 

驚愕のおじいちゃん

 

12時ぐらい、途中の町に入りました。日差しがだんだん強くなってきました。

515カミーノ マンリー 犬 金網 サンティアゴ巡礼 

ようこそ、僕らの町へ。ワンッ!

 

515カミーノ マンリー 街 サンティアゴ巡礼 

13km歩いたレリエゴスという町でランチをとることにしました。

515カミーノ マンリー ベンチらんち12 サンティアゴ巡礼 

レンガ壁の前のベンチを見つけ、パンサラミチーズを挟んで食べ始めました。

すると、どこからかおじいさんが近付いてきました。足が不自由なようで、左右に揺れながら歩いていました。

私たちの目の前に立ち止まると、スペイン語で

激しくまくし立て、何か訴えていました。

その剣幕に3人とも焦り

ここに座っちゃいけないんじゃない?

Chai

あああ、そうかも!

Den

すぐ立って!

Kumi3

ベンチを立ち、慌ててお辞儀をしながら

直ぐにどきますから、すみません!

というアピールとジェスチャーをしました。

ん?いや違うみたい…。

おじいさんは何か指差し、まだ激しく訴えていました。その指の先は、Chai の持っているペットボトルでした。

あ!、おじいさんは水が欲しいのかな。

Chai

「○△■×○~アグア~どうもその様でした。そこだけ聞き取れました。アグアというのはスペイン語でのことでした。

でも、私たちのペットボトルは、3人が回し飲みしている飲みかけです。ぬるい水が3分の一しか入っていませんでした。

いいのかな、こんなもので?暑くなってきたしね…。このおじいさん、とにかく水が飲みたいんだナ。

Kumi3

やっと、おじいさんの意図がわかりました。

Chai、おじいさんお水が飲みたいらしいよ。ペットボトルの水を渡してあげて。

Kumi3

迫力があり、なんか怖い…。しかも、こんな飲みかけの水が欲しいなんて、認知症じゃないよね?逆らったらややこしいことになりそう…などと、瞬時に思い巡らせました。

Chai は直ぐ、おじいさんにペットボトルを差し出しました。

おじいさんは「そのとおり!」とばかりに

Chai の手からペットボトルをもぎ取りました。

ひっ!

Chai

すると何と!

おじいさんはすぐに蓋を開け、

水を、赤土の上に全部ぶちまけてしまいました。

ジャバジャバババーッ!

あああ~!

ああ~ッ!ああああ!

Den

え~ッ!貴重な水がああ… 

Kumi3

なんで~、ひどい~!

そしておじいさんは、カラのペットボトルを持ったまま、立ち去ってしまいました。

私たちはあ然と立ち尽くしました

突然、いじわるをされた気分でした。

意味わかんな~い!

Chai

もお~、なんだよっ!、ぶちまけジジイ!

Den

水っていうか、ペットボトルがないと水道から水が汲めないじゃない。この先、お店がすぐあればいいけれど。まったくもお~。

Kumi3

ベンチのことは言われなかったので、再び座り直しました。

3人はブーブー文句を言いながらランチの続きを始めました。パンを飲みこむにも水が無いので、口の中がぱさぱさでした。

515カミーノ マンリー おじいちゃん サンティアゴ巡礼 

あれれ?

うわっ!おじいさんまた来た!

Den

おじいさんがトコトコ…トコトコ…

見ると、ペットボトルを手に持っていました。

515カミーノ マンリー おじいちゃん来る ベンチらんち サンティアゴ巡礼 

そして、おじいさんはChaiに手渡しました。

えっ、わあ!冷たい‼︎

Chai

そこには冷たい水が満タンに入っていました。

そう、おじいさんは、家から冷えた水をたっぷりと汲んできてくれたのでした。

そして「巡礼がんばれ~!(たぶん)と言いながら、

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino おじいちゃん

皆んなの手を取り握手をしてくれました。

グラシアス、ムーチョグラシアス!!

あれこれ疑ったりしてごめんなさい!

Kumi3

予想外の嬉しいビックリでした。

地元スペイン人のおじいさんのやさしさに感謝!!

 

チュロスの勘違い再び

 

昨日、食料雑貨店で買った冷凍チュロスがあったのを思い出しました。袋にチュロスの写真が大きく載っていました。

袋を開けてみると、あっ…。

チュロスは跡形もなく解けて、ひとつの塊りになっていました。

そうだったんだ〜。

Kumi3

私は冷凍たい焼きのように、解凍すればそのまま食べられるものと思い込んでいました。これは凍ったまま揚げるもののようでした。

あー、失敗した。でも、待てよ?

515カミーノ マンリー チュロス食べる ベンチらんち サンティアゴ巡礼  

スプーンですくって食べてみました。

あら、美味しい!マッシュポテトみたいよ~。

Kumi3

Denが横で露骨に、イヤがっていました。

 

ペケーニョ バモス!

 

日差しはポカポカしていますが、風が少し冷たくなってきました。

一本道を行く途中、荷物を預けたのかしら、それともピクニックかしら。小さなリュックを背負ったスペイン人男女10人ぐらいが、私たちを追い越して行きました。

追い抜くたび、ひとりひとりがDen の頭を撫でたり叩いたり、Chai の肩を叩いたり、腕を掴んだりして

「ペケーニョ バモス!」(おちびさん、行け行け〜!)

「チャンピオ〜ン‼︎」などと声をかけ、励ましてくれました。

グラシアス~!

Chai

でも、なんて賑やか!騒がしいの〜!絶えず喋りながら歩いているのでした。 

Denの顔をみると、案の定、ムッとしていました。

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino 犬

「まあまあ、機嫌なおして。悪気はないんだから、ワンっ!」

 

芝生の誘惑

 

道は一本道は続きました。

暑い、疲れた…。

Den

15㎞ぐらい歩いたところに、とてもきれいな芝生が広がっていました。

青い空緑の芝生に、私たちは吸い込まれていきました。

3人はばバックパックぶん投げ、芝生の真ん中に倒れこみました。

515カミーノ マンリー 青空12 芝生 寝る サンティアゴ巡礼 

ドサッ!

私たちは倒れたまんまの形で、芝生の引力に抵抗できず、それぞれに呟きました。

あー、つかれたー! 

Chai

あー、気持ちいい~。 

Kumi3

も~、寝る~。 

Den

 

515カミーノ マンリー 青空雲 サンティアゴ巡礼 

動くのをすっかりやめ、流れる雲を眺めました。

 

515カミーノ マンリー 青空 光 サンティアゴ巡礼 

芝生の上日差しの下素晴らしい休息タイム。この瞬間を味わいました。

しばらくして

515カミーノ マンリー 青空 2 寝るサンティアゴ巡礼 

もう、ここに泊まらない?

Den

うん、いいね~!

Chai

うん、そうしようかっ!

Kumi3

答えながら、3人ともバックパックをのろのろと背負いました。行かなきゃいけないのがわかっていても、言葉にしたいのでした。

さ、道に戻ろうか。

 

マンシージャ中庭のあるアルベルゲ

 

家がちらほらと増えてきました。

515カミーノ マンリー 草原道 12 サンティアゴ巡礼 

 

515 サンティアゴ巡礼 スペイン camino 一本道 麦畑から建物

どうやら目的の町に着いたようです。

 

515カミーノ マンリー町入口 サンティアゴ巡礼 

それほど大きくない街のようでした。

 

515カミーノ クロス マンリー モニュメント 倒れた人 サンティアゴ巡礼 

よろよろの私たちは、こんなモニュメントに同調してみました。

515カミーノ マンリー 教会街 サンティアゴ巡礼 

町が終わりそうになり、不安になって来ました。

 

515カミーノ マンリー 教会右手 サンティアゴ巡礼 

教会を超えてやっとアルベルゲを見つけることができました。

クレデンシャルを出しスタンプを押してもらうと、女性のオスピタレラが「アリガトー」と返してくれました。前に日本人が来たからね、と言いながら。親日的でナイス!でした。

中庭があるアルベルゲでした。日向ぼっこしている人がちらほら見えました。ここは巡礼路の半ば過ぎ。そして今日の暑さに皆んな歩き疲れ、顔も服もすすけて、ぐったりとしていました。

さて、シャワーはどうかしら。それが大きな心配ごとです。今日は、きのうハズレだった、Chaiが優先でした。

シャワーは男女別に分かれていました。お湯の量がちょろちょろと少ないけれど、まあ、なんとか温かさはOKでした。

Denは、シャンプーを渡すと、タッタター男シャワーを見つけ、ひとりでササッと浴びてきました。ずいぶんと巡礼生活に慣れてきました。

ママも一緒じゃなきゃヤダよ、来てよ~!などと、ぐずることもなくなりました。

無事シャワーを終え、汚れた服は「洗濯物5ユーロ」という張り紙のところに出してみました。洗濯機で洗ってくれた上に乾かしてくれるというのです。 

たまにはお願いしてみよう。シャツも手洗いだと、だんだんと汚れが残り、色がくすんできていました。

わーい。楽ちん!家事に解放された〜。

キッチンのテーブルで今日の宿題をそれぞれ済ませました。 Denは漢字ドリル、Chaiは英語かな。そして日誌書きでした。それらを終えるともう、今日のノルマはなしでした。

さあ、買い物と町探索に行くとしようか~。

Kumi3

待ちに待ったフリータイム!でした。

 

エクアドルおばちゃんの頭痛治し

 

さて、出掛けようとすると、Denは元気がありません。

ちょっと、頭が痛いんだ~

Den

あら、熱中症かな?、風邪ぎみかな。休んで水分をいっぱいとって。

Kumi3

と日陰に椅子を2つ付け、横になるようにしました。

その様子を見ていた、エクアドルから来たおばちゃんが心配そうに私に聞いてきました。

私はDenを指して「ヘッド エイク」と言いました。

おばちゃんは「頭痛はこれで治るわよ。うちの子たちもこうよ。ちょっと坊や、じっとしてて。」と言いながら、人差し指でDenのおでこの真ん中を、ぐるぐると渦巻きのようにマッサージをし始めました。

 

515カミーノ マンリーアルベルゲ おばちゃん 頭痛直し2サンティアゴ巡礼 

5分間ぐらい、ずっとそうしたあと「オッケー!」と言うとにっこり笑い、行ってしまいました。

ムーチョ グラシアス!

もう、痛くないや!

Den

わあ、すご~いね!

Kumi3

いい事を教わりました。

 

町の探索、エンパナーダ発見!

 

お向いにある食料品屋さんでチョコパンを買いました。

515カミーノ マンリー チョコパイ サンティアゴ巡礼 

うまい!中までチョコ入ってた~!

515カミーノ マンリー おじちゃんエンパナーダ サンティアゴ巡礼 515カミーノ マンリー エンパナーダ サンティアゴ巡礼 

そして、あったあった!エンパナーダです。店のおじさんが「これは自家製だよ!」と自慢げに切り売りしてくれました。

DenとChaiに食べさせると

うまっ!

Den

おいし〜!

Chai

そうでしょ!今日のはツナピザみたい。

Kumi3

このあたりは、お店それぞれ自家製のエンパナーダがありました。長野県のおやきみたいでした。ガリシア地方の名物だそうです。探索の楽しみが増えました。

 

 

1日に50㎞歩いたベイサン

 

アルベルゲにはキッチンがありました。どうしようかな。晩御飯は、溶けたチュロスを使いたいな。袋に固まって残っていました。それを水で溶きのばし煮立て、ブイヨンを入れ、スープを作りました。

うん!味はまずまず。それとパンチーズサラダでいいかしらね。

もう一つの電気コンロ台で料理を作っていた目のキョロッとしたお兄さんがいました。

パスタ(マカロニ)を茹で、トマトソース、オリーブ、グリンピース、ツナ缶を入れると、ぐるぐるとかき混ぜ、鍋いっばいの大量パスタを、皿に取っては、ばくばくと食べ始めました。

うーん、おいしそう!それにしてもあんな鍋一杯、食べられるのかしら?

Kumi3

横目でチラ見していました。すると、どうやら半分ほど食べたあたりで満腹のようでした。

うふふ、やはりね…。

彼は「ふーっ、、、」とため息をつくと、しばらく動かずに考えてから

「よし!」と立ち上がりました。そして意を決したように鍋の残りのパスタを捨てようとしました。

私はかけ寄り

あー。ちょっと待って!私たちそれ食べていいかしら?

Kumi3

と聞きました。もったいないわー!

「もちろん!助かるよ‼︎」とお兄さんは、快く私たちにパスタを分けてくれました。

これがベイサンとの出会いでした。

515カミーノ マンリー べいさんパスタアップ サンティアゴ巡礼 

そのパスタはおいしくて、日本に帰ってから何回も作りました。今日のパスタはベイサンスタイルよ〜!と名前をつけたりして。

ベイサンはカナダのケベック州出身で、いま大学生でした。

今日、このアルベルゲに着いたのは一番最後だったそうです。

なにしろ、今日は50km歩いてここに来たのでした。

「一日に50km!いつもそんなに歩くの?」と聞くと

「今日だけだよ。自分でもクレイジーな一日だった。アルベルゲを探して、ほとんど走っているようだったよ。」ということでした。

 

お母さんは世界中、誰もが忙しい!

 

515カミーノ マンリー ボードゲーム サンティアゴ巡礼

夕食の後、アルベルゲにあったテーブルゲームをその場に居合わせたメンバーで楽しみました。

私は、Chaiのほつれたズボンのすそを繕いながら、針を片手に、自分の番が来るとサイコロを投げ、駒を進めていました。

フランス人のおじさんが「あんた、忙しいね。」といいました。

すると隣のスペイン人のおばさんが私の代わりに答えてくれました。

「お母さんは世界中、誰もが忙しいのよ!」

 

515カミーノ マンリー アルベルゲベッド サンティアゴ巡礼

夜は、冷え込んできました。ベッドはたまたまヒーターの近くでした。ラッキー!

同じ部屋に、昨日のミサで一緒だった、おじさんや4人組のお母さんたちがいました。目が合うと、ハーイ!と笑顔を交わし手を振り合いました。

それだけで、安心して眠りにつくことができました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です