サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

35/60聖地サンティアゴ巡礼ガイド本の著者と出会い直接アドバイス

WRITER
 
アストルガ ガウディ教会 正面
この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

5/20(木)→アストルガ  朝方に冷える 17.4㎞/€27 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会提携アルベルゲ @€5×2

 

昨日は猛暑でした。

けれど夜になると風が涼しく、真夜中のトイレツアーは快適でした。

空から降ってきそうな星を心地よく観ることができました。

しかし朝方になり、かなり冷え込みました。目覚めると、私はのどの調子が変でした。Denも風邪気味でした。痰が絡んだ咳をしていました。

519 スペイン巡礼 camino マザリフェ アルベルゲベッド1

朝の光が窓から差し込んできました。

荷支度と朝食を済ませ、8時45分に出発しました。

 

520 カミーノ オルビゴ 出発 町

今日は18㎞ぐらい歩くね。じゃあ、2時ぐらいには付くかな~

Chai

ChaiとDenは、もう距離をきけば、どのくらいで歩けるのか感覚的に分かって来ていました。

 

カミーノを逆行、忘れ物を取りに行く

 

およそ40分ほど歩いたところで

あぎゃ~!

Den

Denが奇声をあげました。

あら、どうしたの~?

Kumi3

アルベルゲに帽子忘れた~!うわ~ん、あれ、銀ピカのバッジが付いてるんだ!

Den

地団駄を踏みました。

ええっ、忘れたの~!あれは置いていけないわね…。

Kumi3

SJPP(サンジュアンピエドポー)で買った黒い帽子は、いろんな思い出のピンバッチが付いていました。

けれど、結構な距離を歩いて来ていました。

昨日に引き続き、これを戻るのは… つらいわ~!

Kumi3

しかし… 今日も忘れものかい。がっくり。

うーんどうしよう、、考えた末...。

田舎のあぜ道にChaiとDenと私のバックパックを置いて、私ひとり、アルベルゲへ帽子を取りに戻る作戦に出ました。

絶対にここを動かないでよ。1時間ぐらいで戻るからね。

Kumi3

オッケー!

Den

ママ、がんばって~!

Chai

私は、カミーノを逆行し始めました。

 

すれ違う人の不思議そうな顔

 

帽子あるかなあ、あってくれえー!

Kumi3

お願い、カミサマ!

普段、気にもしていなかったにですが、急にDenの帽子の存在感が激しく増してきました。

ナヘラのオスピタレロがくれた銀ピカバッジが付いていました。

そして、この暑い日中、帽子が無いと困ってしまいます。

帽子、帽子、帽子、ぼうし~‼

ゆがんだ表情で、私一人、カミーノを逆戻りしていると、すれ違う人々の全てが不思議な顔をしました。

「あれ、どうしたの?」

「子どもたちは?」

「大丈夫、何があったの?」

声をかけてくれる人、すれ違いざま

「?」と顔に大きく書いてある人もいるました。

アルベルゲで一緒にだった、ドイツから来たおばさん数人とすれ違いました。

すると、向こうから大声で

「あなた!男の子の帽子が、アルベルゲにあったわよ!」と声を掛けてきました。

そう!それを取りに行くのです~。

そこに居たみんなは、あれまぁ、お気の毒に~…。

という顔をしました。

そのグループの中に、クリスチーナの顔もありました。

 

 

怒ったお尻で歩く

 

私は、競歩の選手のように、すっちゃかすっちゃか、早歩きの早歩きでした。

帽子が有ってほしい~という祈るような気持ちと共に

またかよ~という気持ちが激しく盛り上がってきました。

それで 怒ったお尻でわしわし歩いていました。

あ、そうだ!アルベルゲが閉まっていたらどうしよう…。

Kumi3

朝、巡礼者が全員出てしまうと、14時まで開けないアルベルゲもあるのでした。そうしたら諦めるほかありません 。ChaiとDenをそんなに待たせたら、心配になってしまうだろうから。

再び祈りの気持ち、

カミサマ!あの思い出の帽子~‼

どうかアルベルゲ、開いていて!

アルベルゲ開いていてくださいっ!

いつの間にか小走りになって居ました。

 

着いた~。

大きな黒い門の扉を、恐る恐る押してみました。

お願いっ!

Kumi3

ギイィ~

扉は開いていました。

よかった!

丁度お掃除のおばちゃんが、掃除を終えて帰る所でした。

私は「黒い帽子、ありませんか?」と頭にかぶるゼスチャーをして見せると

おばちゃんは

「帽子?これかしら?」とすぐに出してくれました。

 

520 カミーノ オルビゴ 黒帽子

ムーチョ・グラシアス!

「そう!それです。ありがとうございます‼︎」

感謝感激のお礼を言い、アルベルゲをあとにしました。

 

カミーノで実感「普通の状態」の有り難さ

 

イヤッホ~、やった〜‼︎

再び、早歩きで戻りました。今度はもう嬉しくてスキップギャロップ、ルンルンルン!

「♪ぼうしがあった、帽子があった、ぼうしがあったよぉお\(^o^)/」

はやく、帽子があった事を知らせた~い!

Kumi3

その一心で、小走りになっていました。

だが、しか~し...考えてみれば。

いつもどうりに帽子をかぶってくれば、何もこんな面倒なことなかったのね…。

Kumi3

そして…

「当たり前にあるもの」が無くなった時、初めてその「もの」の価値に気が付きます。昨日の半袖シャツパンツ靴下も、失くしかけて初めて、無いとどれだけ困るのかを意識しました。

この黒い帽子も、無くしかけたからこそ、どれだけDenにとって大切なものかが、分かったのでした。

こうして見つかっても結局は、

いつも通りの姿のDenになるだけなのにね。

これだけ忘れものが続き、連日カミーノを歩き戻るという痛い目に遭う

ああ~、普通のことがありがたい!

と感じ入ってしまうのでした。

 

おや?影が多い…?

 

田舎のあぜ道に、子どもたちのシルエットが遠目に見えてきました。

あれれ?

寝転んでいる影が1つ多くない?

増えている…. 誰⁉

クリスチーナだ!

ニコニコして

「ハーイ!」と挨拶をしてくれました。

異国の見知らぬ田舎のあぜ道に、子どもだけで足を投げだし、不安そうにママを待つ2人の姿に、急きょ寄り添ってくれたのでした。

巡礼者は、あと戻りもイヤだけれど、止まることすらもイヤだというのに。一時間以上、一緒に待っていてくれたのでした。

嬉しいなぁ!ありがとう‼︎

ほらっDen!帽子あったよ~。

Kumi3

あ~、よかった!ありがとう!

Den

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 帽子届け23

「さて、行こうか。」4人は一緒に歩き始めました。

 

旅はみちづれ

 

しばらく田舎道を行きました。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 クリスチーナ 12一緒

クリスチーナは、荷物が大きいのに、私よりも歩くのが速いはやい!

私が遅いのね…。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 振り返る

何度も3人一緒に「大丈夫?」

と振り返られ、声を掛けられてしまいました。

「ハイハイ、大丈夫よ!」小走りして追いつくようでした。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 右手木

でも、遅いのはね、Den、Chai、クリスチーナの、3人の歩く後ろ姿がとてもカッコ良くて、バシバシ写真を撮りながら歩いていたのよ~。

Kumi3

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 正面

時には、小走りして先回り。

ハイチーズ、パチリ!

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス

トコトコと田舎のあぜ道を行きました。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 牛小屋

牧場を見つけました。牛たちがくつろいでいました。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス 子牛

子牛は、別なところで休んでいました。しばらく牧場観察をしました。

さあ、歩こうか。

520 カミーノ オルビゴ 広い田舎道 12クリス

気持ちのいい田舎道が続きました。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 12クリス オブジェ

クロスのモニュメントを発見!

ちょっと休憩しよう!

 

520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 アストルガ 田舎道12c

再び、歩き出しました。

 

520 カミーノ オルビゴ 白樺ハヤシ

白い木の林。今までの木々と少し違ってきたね。

 

520 カミーノ オルビゴ 田舎道 二人青空 1クリス 

Chaiとクリスティーナは、おしゃべりしながら歩く歩く~!

 

マリア・ホセおばさんの屋台

 

クリスチーナは、以前のアルベルゲで日本人の女性と一緒になったそうです。その女性は、アストルガでオスピタレラをするのだと言っていたのでした。

日本人のオスピタレラか~、会ってみたいわぁ。カミーノのいろんなこと、聞いてみたい。早く着きたい、アストルガ~。

Kumi3

しかし、強烈なこの暑さ。徐々に疲れが溜まってきました。

520 カミーノ オルビゴ 1クリス2 坂下り

ちょっぴり風邪気味のDenが遅れ始めました。

 

って

Denもクリスティーナと一緒に歩きたいけれど…。速いんだからもうっ…。

Den

520 カミーノ アストルガ マリアホセ 屋台12クリス見えた

そんなタイミングの中、乾いた赤土の果てに、屋台のようなものが見えてきました。

なんだろ、何なに?

Den

近づいていく時の期待感。そして…

その期待は裏切らなかったのです!

520 カミーノ アストルガ マリアホセ 屋台

寄付冷たい飲み物果物、ビスケット、クッキー、ナッツ、ジャム、、好きなだけ飲んで食べて良いという、カトリックのボランティアでやっている屋台でした。

わ~い、最高の最高!

Chai

 

バックパックを投げ出し、皆んなそれぞれ、好きなものをパクパクと食べ始めました。風邪気味だったDenも私もビタミンをたっぷり、水分をしっかりと、とることが出来ました。

突然、クリスチーナが素っとん狂な声をあげました。

520 カミーノ アストルガ マリアホセ 屋台クリス

I can’t believe it!

信じられな~い!

これら、全てオーガニックショップでしか手に入らない、無添加でカラダにいいものばかりだと言うのです。お値段もかなり張るものでした。

ジャムハチミツを手に取り、目を丸くして感動していました。

そうなの?わーん、泣ける~、うれしいわぁ‼

Kumi3

しかもこの疲労困憊のタイミングで、ぽっかりと現れたこの屋台は救いの神

屋台の主に、皆んなでお礼を言い、名前を教えてもらいました。

マリアさんでした

余りに感激したので、クレデンシャルにサインをお願いすると、

520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 マリアホセ スタンプ520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 マリアホセ12 

かわいいハートのスタンプを押してくれました。

嬉しいことに、すぐ横の空き家にソファが置いてあり、座って休むことが出来ました。

さあ、出発しよう!と心に決めても…、また桃を取ってしまい、座ってかじってしまう。

もう、これで最後!と決めて立つのですが…、またビスケットを座って食べてしまう。

さあ、行かなくちゃ!でも…

もう一杯だけコーヒーを飲んでおこうかな…。

520 カミーノ アストルガ マリアホセ 屋台12

あー、離れたいけど離れられない~‼︎ 

Chai

最後の最後のもう一個!

Den

いい加減にしろ!自分~!

Kumi3

名残り惜しみながら、やっと、この屋台を離れることが出来ました。

幸せいっぱい、お腹もいっぱいでした。

そして、寄付(いくらでもよい。)それだけでも嬉しいのに。激安のビスケットだってじゅうぶん嬉しいというのに。この屋台は、最高級のオーガニックなものを提供してくれました。しかも飲み物、果物は、どれも氷で冷やしてありました。

カトリックの道で、巡礼者に対して、この素晴らしいおもてなし!

全身にリスペクトのシャワーを浴びた気がしました。

私たちは、すっかり元気を取り戻し、アストルガの街まで、はつらつと歩き出しました。

 

520 カミーノ アストルガ 三人並びヤング3人組。

 

520 カミーノ アストルガ 道 石の矢印

こっちだよ!オッケー。誰かが作った矢印を、振り返ってパチリ!

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 クロス4人

クロスのモニュメント、みんなで写真を撮ろう!

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 1クリス先 2

やっぱりそうか…、Denはコンパスが違うんだね。

遅れてきたね。

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 クリス1山景色

Chaiとクリスチーナは、歩くペースが速いのでした。

英語で話が通じるって楽しい!

Chai

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 ポニー倒れた

原っぱのポニー。すっかりくつろいでお昼寝でした。

 

520 カミーノ アストルガ 舗装路 12クリス

家が増えてきました。

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 2後ろ姿

と思ったらまた、田舎道に戻りました。

 

520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 アストルガ 教会コウノトリ

教会の屋根に作られたコウノトリの巣を見ると、そのたくましさに、思わず微笑んでしまうのでした。

 

520 カミーノ アストルガ 舗装路 石橋

橋を渡ると街に入るようでした。

 

520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 アストルガ 舗装路

車道に沿って、しばらく歩きました。

 

520 カミーノ アストルガ 田舎道 1クリス 2右手岩ゴロゴロ

暑いけど、大丈夫。まだ、さっきの屋台のおやつパワーが残ってるからね!

Den

 

520 カミーノ アストルガ 町見えた

わあ、やっとアストルガの街に入ったよ!

 

アストルガの日本人オスピタレラ

 

坂のてっぺんにアストルガのアルベルゲがありました。その坂は、車がひっくり返っちゃうんじゃなかしら?というぐらいの急勾配でした。

えっちらおっちら…。

登り切った~!

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ

やった~、着いた~!アストルガのアルベルゲ。

 

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ犬

ご近所の犬がお出迎え。アストルガはいい街だよ。のんびりしておくれ~。

 

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ中

アルベルゲのレセプションで休んでいました。

あっ、日本のひとがいるよ!

Chai

わあー‼ トモコさんじゃないですか?

Kumi3

ブルゴスの街でアルベルゲを探しウロウロしていた時、道でばったり出会った人でした。その時、居心地の良い小さなアルベルゲを教えてくれたのでした。

たどり着いて、ホッとしている私たちに、お菓子や柿ピーをくれました。

このスペインの地、外国暮らしで思いがけず手にした柿ピー!

醤油せんべいの味が懐かしく、Denは私の分まで恐ろしい速さで飲むように食べてしまいました。

 

教えてトモコさん!巡礼中の注意事項

 

カミーノについて、トモコさんに聞きたいことが山ほどありました。レセプションの仕事がひと段落した頃、私たちは話す時間を持つことができました。

なぜ、サンティアゴ巡礼のアルベルゲにいるのですか?

Kumi3

トモコさんは言いました。

「巡礼の道を2回歩いてからね、どうにかして、この道の存在を日本のみんなに広げたいと思って、日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会というのを立ち上げて活動しているの。

そこで、日本人のオスピタレロを派遣してみようか、では、現地の調査をしてみようか、という計画の下見に来ているのですよ。

ここアストルガのアルベルゲは、なるべく理想に近い快適な滞在を、意識して運営されているの。部屋を少人数にする、キッチンをつける、シャワーの数を多くする、とかね。

今日はこれから、巡礼中にトラブルにあった人と面談をするの。

お金を盗られちゃったのね。スペインの中でもサンチャゴに続く巡礼の道は、もっとも治安が良いと言われているのだけれどね。

今年みたいな聖なる年(2010年)は、たくさんの人が訪れている中に、スリやコソ泥が紛れ込んでいるのよ。

その人はね、ちょっとトイレに行っている間に500ユーロ(65.000円)盗まれたの。シスターでね、一緒に歩いていた人に盗られたらしいの。

ということは、巡礼者のふりをして、数日一緒に歩いて、金品をどこに隠しているのかを密かに窺い「それ、いまがチャンス!」という訳ね。巡礼路は安全という伝説は鵜呑みにしないほうがいいですよ。」

ガーン!そんな輩が横行しているなんて…。ショック!なんだか寂しい気持ちになりますね~。

Kumi3

トモコさんは「簡単に、中を案内しましょう。」と席を立ちました。私たちも後に続きました。

すぐに戻って来ると思った私は、さっきまで書いていたノートとペンとペットボトルの水を、机の上にそのままにしておきました。

すると、トモコさんは言いました。

「そのボールペンやノート、無くなったら困るのでしょ?持っていきましょう。ここは日本とは違うのです。

指先から離れた時点で、ペンでもチョコレートでも所有権が無くなるのですよ。」

と言いました。

あ、そうなのですね!ボールペン一本でも大事です。持って行きます!!

Kumi3

 

 

カミーノの奇跡、失くした本の著者だった!

 

「ガイドブックは持っているの?」とトモコさんに聞かれました。

実は、パリの空港に置いてきてしまったのです。それは、とても詳しく書いてある本で、見ながら歩こうと思っていたのですが…。

Kumi3

それは、この本でした。

サンティアゴガイドブック

聖地サンティアゴ巡礼/日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会

トモコさんは

「あ~!あれね。私が取材して執筆したのですよ。」

ええーっ‼︎‼︎ トモコさんて、私が無くした本の著者だったの⁉️

Kumi3

私は腰が抜けそうになりました。

そ、そうなのですか!、トモコさんが書いたのですか!あれ、ほんとにわかりやすいです!ずいぶん細かく調べたのですね…。

Kumi3

(そのガイドブックは共同の著者・写真提供に10数名の名前が載っていましたが、森岡朋子さんが筆頭執筆者でした。)

それもそのはず、トモコさんはスペイン語と英語が堪能でした。地元の人からの情報、文献からの情報とネットワークが半端なく広いのでした。

私たちは、フランスから巡礼事務所でもらった町名と宿と距離のプリント一枚を頼りにして歩いてきたのです。

Kumi3

町と宿と距離プリント巡礼事務所でもらった町名と宿と距離のプリント】

「 それなら、英語の小冊子をあげるわね。何か参考になるかもしれないから。」とトモコさんは現地のガイド小冊子を持たせてくれました。

他にもフィステラの海の話温泉のある町オウレンセアストルガの石博物館…。

オレンジジュースのマシンてなんですか?

Den

トイレに行きたい時のスペイン語はなんて言えばいいのですか?

Chai

などなど、思いつく限りの質問をし、教えてもらいました。

520 カミーノ アストルガ 日本人オスピタレラ123

最後にトモコさんは「巡礼(カミーノ)を終えた人は、何らかの形で巡礼に関わりたくなるのよ。」と言いました。

 

 

快適なアルベルゲ生活

 

部屋はクリスチーナと一緒の4人部屋でした。

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ ベッド

これぐらいの部屋の大きさだと落ち着くのでした。

部屋が広くて大人数だと、ザワザワ度が高くなり、雑な居心地を感じてしまうのです。ドミトリーなので、当たり前なのですが、アルベルゲによって、たまに小さな部屋にあたるとホッとするのでした。

シャワーを浴びました。熱さ、お湯の量もバッチリ!でした。

夕飯は、クリスチーナと私たちとで、分担することにしました。クリスチーナはパスタ、私たちはサラダデザートです。

アストルガの街探索&買い物に出ました。

520 Spain camino pilgrim サンティアゴ巡礼 アストルガ 土産店12c休憩

カミーノ、旅用品グッズ屋さん

520 カミーノ アストルガ 爆丸

あ!爆丸(バクガン)がある、これ結構好きなんだよね。スペインにもあるんだ…。

Den

爆丸とは、日本のカードとキャラクターのゲームでした。

 

520 カミーノ アストルガ お店ディスプレイ

店頭の人形の顔がコワイ…。

 

520 カミーノ アストルガ 建物 鐘

広場を見下ろすシティホールでした。

 

520 カミーノ アストルガ 石 博物館

石のレリーフ壁画がありました。

 

アストルガ ガウディ教会 正面

そして、ガウディの作った教会。

歩ける距離になんでもある、探索しがいのある街でした。

 

持ちよりディナーの時間

 

クリスチーナはトマト、オリーブパプリカパスタ。私たちは、レタス、キュウリ、パプリカ、オリーブサラダと、メロン、オレンジデザート。それぞれ、持ち寄りました。

アルベルゲのテーブルとイスは外にありました。

天気が良くて気持ちいい〜。

Chai

ピクニックのようでした。

 

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ ディナー

おいし~い!

520 カミーノ アストルガ アルベルゲ キッチン2

後片付けの皿洗いはDenとChaiがやってくれました。

夜9時だというのに、外はまだ明るく日本の夕方の6時ぐらいの感覚でした。

もう一度、町に探索に出かけました。再びスーパーマーケットを調査したあと

520 カミーノ アストルガ 街探索、アイス12

ベンチに座り、みんなでアイスクリームを食べました。

巡礼のあとのこんな時間が、最高の幸せタイムでした。

520 カミーノ アストルガ 12クリス 広場

夜9時半の広場の様子でした。まだまだ、人がたくさん居ました。

私たちは、明日があるので広場を抜けてアルベルゲにへ戻りました。私たちとクリスティーナだけでひと部屋を貸し切りでした。

知らない人の居ないいびきも聞こえない、プライベートで借りた部屋のように、リラックスして眠ることができました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「学校に行けないなら、スペインをひたすら歩く旅に出てみない?」と15歳次女と10歳の弟を連れ、サンティアゴ巡礼(カミーノ)の旅へ行くことにしました。私は英語もろくに話せず、そんな体で子ども二人を連れ、海外の巡礼に行くなんて…、巨大なチャレンジでした。けれど、なんとかして現状の流れを変えたかったのでした。歩き始めの頃は、背中のバックパックが重く、足元はふらつき、疲れと不安のかたまりでした。果てしなく続く長い道のり、日照りや雨風、時には雪!、ごろごろの石道、泥道、草や木に囲まれ、自由に歩きまわる動物、見知らぬ町、様々な国の人々と出会いと別れ、そしてひたすら、ひたすらに歩く日々でした。しかし巡礼終盤になると、子どもたちは、自然の声を、心と身体で聞いているかのようでした。そして『カミーノの住人』と言えるような自由さで、旅の不自由を楽しんでいました。歩いた距離は930km、かかった日数は60日間でした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です