サンティアゴ巡礼が教えてくれた学校では教わらないこと

40/60カミーノで聞く 前世ってあるの ? 雲のガイド 今世のレッスン

Kumi3
WRITER
 
525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 青空 ハート雲
この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

5/25()→ルイテラン  チョコ独り占め  25km/€41  公営 坂の上  € 5×3 

 

荷造りをして、朝食をゆっくり食べました。

525サンティアゴ巡礼ビジャフランカ アルベルゲ荷造り

クリスチーナがみんなでどうぞ〜!と出したチョコレートをDen全部食べてしまいました。

525サンティアゴ巡礼ビジャフランカ 2cUP

コリャ!コリャ〜!とどつかれていました。

 

山越えして季節が変わる

 

出発しました。天気が今一つでした。

525サンティアゴ巡礼 ビジャフランカ バル

石造りの建物を後にしました。

 

525サンティアゴ巡礼 ビジャフランカ 12E レンガ建物

古いレンガの建物。

 

525サンティアゴ巡礼 ビジャフランカ 12 坂道街

坂を下りました。

 

525サンティアゴ巡礼 ビジャフランカ 川見る12E

坂の下には川が流れていました。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 杖飾り

杖にあれこれ思い出の品を、括り付けて歩く人がいました。

 

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン レンガ建物12E

古い教会を通り過ぎます。

 

景色がいいから山道を行こう!

 

道が二つにわかれていました。

山道を選びました。足元はきついけれど、たぶん景色が素敵だろうから。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 景色見下ろす1

山をひとつ越えると建物のデザインも違っていました。今までのレンガや石造りの建物から、白い壁や黒い屋根になりました。新しい街なのだね。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 坂 CAE

坂が結構きついよ!

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 山登り12E

そして昨日と季節が変わったように感じました。

寒〜い!

Den

昨日は夏みたいだったのにね…。

Chai

 

 

心が届く言葉の使い方

 

今日は雨が降ったり止んだりでした。

うわーん、雨やだヨ~!

Den

エリカは言いました。

いつも心から願うんだ。

「雨降るなー。」じゃなくて「天気だよ。」

「傘忘れるなー。」じゃなくて「傘を持って行こう。」

「戦争反対!」じゃなくて「世界平和!」っていうようにね。

ネガティブなことを否定する考え方は、伝わらないのだよ。と言いました。

 

道に矢印を作る

 

エリカは、カミーノのそこ、ここでハートや矢印の道端アートを作りながら歩いていました。

 

522カミーノ スモサ アルベルゲ 矢印 サンティアゴ巡礼

アルベルゲのベッドが埋まるのは、到着が早いもの順です。皆ベッドの確保にやっきになって、余裕がなくなっている頃でした。少しでも戻ることや、無駄なことをするのは勘弁してくれ~、という雰囲気で歩みを早めていました。

そんな中、松ぼっくりを集め、矢印やハートを作る時間を割くなんて、できそうでできない仕業でした。

 

花の価値

エリカのリュックに、タンポポがくくり付けてありました。

エリカが言いました。

「タンポポや、レンゲ草なら摘めるのに、ポピーやユリ、バラは摘んではいけない気持ちになる、なんでだろう….。同じ花なのに??」ある時、ふとそう思ったのだそうです。

それはどうやら、エリカ自身の中で

花屋で買う花の値段が、花の価値基準を作ってしまっている事に気が付きました。

なるほど〜。私もそう思ってしまってるかも。それ、興味深い発見だね!

Kumi3

 

 

みんなで持ち寄りの道端ランチ

 

なんでもない道端に座りこみ、それぞれが持ってきた食料を広げ、分け合いました。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 道端ランチ 12EA

道端ランチは楽しい!

人が持ってきたものを見て食べ、そこに新しい発見があり、楽しさも倍増でした。

 

 

525カミーノ ルイテラン 道端ランチ食材

もう、歩道の石の上に、パンでもオムレツでも広げちゃう。みんなカミーノ旅生活に慣れたものです。

 

 

リンゴの素手割りに挑戦!

 

途中、私がトイレを借りにバルに入りました。

待たせてごめーん!

Kumi3

と戻ると、何やら盛り上がっていました。

オスピタレロのイゴルがやって見せてくれたリンゴの素手割りに挑戦していました。

うーんうううっ〜!

Chai

パカッ!

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 12Eリンゴ割

割れた〜!!

Chai

Chaiは本当に手の力だけで割りました。

ええっ!すごい、やらせて!リンゴまだある?

Den

みんな「うーんうーん!」と唸って力んでいました。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 右手2古い教会

再び、歩き出しました。

 

前世療法のメカニズム

 

カリカリコーンを食べながら行こう!

晴れてきたよ!

Den

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 2青空 下り

 

私は前世療法士のエリカに、思いつくままに質問をしながら歩きました。

エリカは即座に答えてくれました。

 

エリカの言う「ヒプノセラピー」とは「前世療法」のことでした。

前世療法は、退行催眠(リラックスしてウトウトした状態、普通に受け応えができる)で、現在の自分の問題が発生した所まで遡ってもらうのだそうです。すると、自分の幼少期をも超えて、前世の領域まで遡ったとされる情景を語り出すというのでした。

アメリカの科学者であり精神科医でもあるワイス博士は、クライアントの恐怖症を取り除くべく退行催眠を使った治療をしてました。(アメリカでは1958年に催眠学という学問として、催眠を使った心理療法を医学部のカリキュラムとして取り上げていました。)

ワイス博士は「自分を苦しめている問題が発生した時点まで遡ってください。」と語りかけて誘導すると、クライアントは自分の幼少期を超え、生まれる以前と思われる時点まで遡り、過去の人生の話を始めたそうです。そこで起きた事象が現在の不安や恐れに関連しているのでした。

それは、作話にしてはあまりにディティールが細かい事や、その時代の背景が一致することなど、常識では計り知れない数々の事例を、長年にわたり臨床経験をしたそうです。

ワイス博士は科学者の立場から、生まれ変わりやスピリチュアルを全く信じていませんでした。

しかし、多くの症例から前世はあると認めざるを得ないと確信したのですが、それを発表するまでさらに長い年月にわたる、ためらいと葛藤がありました。

マイアミ大学附属病院の精神科主席教授をしていたワイス博士は、今まで積み上げて来たアカデミックなキャリアを失うかもしれないという大きなリスクがありました。

しかし「科学では説明できない何か」というこれからの新しい研究領域として、世に発表しなければいけないという、使命感を感じて書いた本が『前世療法』ブライアン・L・ワイス博士(PHP出版)でした。(この本を参考文献としました。)

後書きに「人生は、目に見えるもの以上のものだと知ることが大切なのだ。人生は五感を超えた所にまで広がっている。」とありました。 

 

エリカはニューヨーク在住で、ワイス博士に直々に教わっていたのでした。

エリカは一つの例を話してくれました。

「とても太っているクライアントがいるとするね。退行催眠の中で自分自身の前世を見てもらう。

その人は前世で奴隷だった。麦を作っても作っても食べさせてもらえず、いつも飢えていた。

また別の過去生を見てもらうと、そこでは、裕福ででっぷりと太った経営者となっていて、使用人には食べさせず、自分だけが豊かでぜいたくな暮しをしてた。

また別の過去生では、食べても食べても太ることができなかった。

それで感じるんだよ、だからこんなに食べ物に強い執着を持つようになってしまったのだ….、ってね。

 

 

前世療法は気づきのメソッド

 

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 田舎道 2

日差しが出てきました。山道は続きます。

 

前世療法は気付きのメソッドなのだそうです。

ああ、この原因はこれだったのか!

自分自身でそれを確認すると、問題が解けたように、その事に対する執着や不安、ネガティヴな感情が消えていく、またはその対処法が見つかるというのでした。

さらに自分のルーツを探り人生の重大な気付きに巡り合うことも起きるというのでした。

これは心の療法ですが

例えば…、身体でいえば、かかとに痛みが生じたとします。しばらく騙し騙し暮らしながら

「どうしたんだろう、筋肉か筋を傷めたかな?」その状態が長く続くと、不安に脅かされてきます。

「骨の病気だったらヤダな…。」

思い切って病院へ行き、受診、レントゲンを撮った結果

 

日常生活の中で起きた疲労骨折骨にヒビが入っていた、と判ったとします。

すると あ~、そうだったのか〜!

人は原因が判れば安心するのです。

そして次のステップにシフトすることが出来るのです。歩くのを控えてみたり、足のつき方を工夫したり。

何らかの対策を講じる事ができるのです。

心の問題も同様のメカニズムなのでした。

今苦しんでいるこの状態はいったい何故なのか。どこから来たのか。

 先の例の女性の場合、食べ物により人に傷つけられ、人を傷つけ、自分自身を傷つけている魂の履歴がありました。

その繰り返しを断ち切るのが今世のレッスンなんだね。

 

 

日々現れる「レッスン」

 

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテランへ 公園12E

次、やらせて~!

Chai

そして、日々「レッスン」は起こるのでした。

ある時、エリカはアルベルゲの56人部屋でした。真夜中に一人のおばさんが「みんなのいびきがひどくて眠れない!」と激しく怒っていました。

おばさんは、特にいびきの大きな女性のベッドまで行き

鼻をつまんで起こし注意するほどでした。

しかし、そのおばさんのいびきが最もひどいのでした。そのことに本人は気が付く訳もありません。だって寝ている間に発現する事象なのだから。

エリカは、これは「自分に対するレッスン」なのだと思ったそうです。

翌朝、彼女にそれを伝えることにしました。感情を込めないで

「あなたのいびきがひどくて、正直わたしも眠れなかったよ。」と言いました。

おばさんはひどく驚き、素直に「ごめんなさい…。」と言ってくれたそうです。

 

こんな風に、心に何かざわめきや動揺が起きたとき

「さて、これは何のレッスンだろう?」

日々考え、解決して過ごしていくのだよ、と言いました。

 

導いてくれる案内役(ガイド)

 

いつも、感じるように、気がつくようにしているんだよ。

どんなに困った状況でも助け導いてくれる案内役のようなものが存在するから!とエリカは言いました。

それはエリカにだけでなく、誰にでもあるとも言いました。

そこにいたり、木、雲、石、土、羊、ベンチ、人に現れていたりする。どれにでも。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン ヤコブ白い

いつでも、私たちのまわりにいて、いろんな形でアピールをしている。

「あれはダメだよ!」「これはOKだ!」そういったことではなく

それらを見て感じ取ったもの、それがメッセージなのだそうです。

何かにとても迷っていて、決めかねているような時

「こうしようかな…。とアイデアを選んだ時に

ふと空を見たら、美しい雲がバーンッ!と目に入ったとする。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテラン 青空 ハート雲

その時「そうだ、これでいいんだ!」

そんな考えが浮かんだら それがメッセージ。

 

524 カミーノ ビアフランカ コウノトリ サンティアゴ巡礼

「ほら、あのコウノトリも何かを語りかけてくれているよ。」

母さんコウノトリが、ちょこんと座り、こちらを見下ろしていました。

 

 

門前の小僧

 

私とエリカの会話を、後ろからDenChaiが一言一句、逃さないように聞いていました。

 

525サンティアゴ巡礼 ルイテランへ歩き出し12E

今日の山道の上り下りは、相当こたえました。アルベルゲのある町に着きました。

しかしエリカは「もっと先まで行くつもり。」と言いました。

DenChaiを見ると、かなり疲れているのが見てとれました。

どうする?私たちは、この町にとどまる?

Kumi3

すると

エリカと行きたい!

Chai

Den

Den

それが二人の答えでした。私もそうでした。

オッケー!

みんな、まだまだエリカの話しを聞きたいよね。

Kumi3

 

ベッドにお花

 

この先に、日本人のオスピタレロがいるというアルベルゲがあると聞きました。そこに行ってみようと歩みを進めた矢先、昨日のアルベルゲで一緒になったアランが、道端に立ち、私たちに手を振っていました。

「この先のアルベルゲはいっぱいだよ。ここも、空きがほとんどないよ。君たち4人のことを話してベッドを4つ押さえておいたところだよ。」と言いました。

それはありがたい!

今日は山道を25㎞も歩いたから、疲れてるね。ヨカッタ~!

Kumi3

クレデンシャルにスタンプを押してもらい、確保してくれていたベッドへ行くと、あらまあ、ベッドにお花が一輪づつ置いてありました。

かわいい!タンポポだ~。

Chai

アランはフランス人なんだね、やる事がおしゃれだな〜!

 

 

がっくりシャワー

 

一番最初にDenがシャワーを浴びました。

シャワールームのドア向こうから、Denの叫び声が聞こえました。

ああーん、もおおおっ!

Den

なに?どしたの~。

Kumi3

ドアを開けて覗くと、頭が泡だらけにのまま、途方にくれていました。

途中でお湯が一滴も出なくなったのでした。

あら〜!

Kumi3

キッチンは水しか出ませんでした。鍋に水を汲んでシャワールームまで運び、コップで頭や体にかけて泡を取りました。

もおおおおっ!バカシャワー!

Den

Denは怒り狂っていました。

まあまあ、近くにスーパーがあるようだから、気分転換にアイス食べに行こうよ。

Kumi3

 シャワーの後、みんなでアイスクリームを食べました。それでDenの気持ちはなんとか治まったのでした。

 

即席の日本食!

 

私たちは、エビとジャガイモと野菜を茹で、マヨネーズであえ、ディナーにしました。

白インゲン豆の瓶詰に、バルでカフェレチェについてきた袋のコーヒーシュガーを1つ、入れて混ぜお正月の白豆きんとん風にして食べました。そんなことで

わぁ、日本食〜!!

Kumi3

プチ和菓子な気分を味わいました。

 

料理は言葉も国境も越える!

 

キッチンでトマト缶と、肉、野菜を入れてシチューを作っているドイツ人のおばさんがいました。

私が通ると「どうかしら?」と私に味見をしてみて、とおたまを渡してきました。

どれどれ、ごくっ。

ざんねん…、味が足りない。コクがぜんぜん無いわ〜。

Kumi3

ちょっと待って。と私は閃めいたように人差し指を1本立てました。

小走りでバックパックのところへ行き、食料セットの袋から、ブイヨンを1つ取りました。

キッチンへ戻ると、別のおばさんが味見をしているところでした。おばさんも首をかしげていました。う~ん…。

私がブイヨンを見せると、おばさん二人はハモりながら叫びました。

「そう、それよ!欲しかったのはそれっ!

ブイヨンを鍋の中へポンと投げ込み、かき混ぜてから順番に味見をしました。

「う〜ん!」 「OK!」 

「おいし〜い!」シチューの味が決まったね!

3人はハイタッチをし、顔を見合わせて「ワッハッハ〜!」と笑いました。

味付けのツボが決まった時のクリアな気持ち!

料理は言葉も国境も越えるのね!

Kumi3

 

 

ワンコとバッジ

 

私たちは食堂の隅で日誌を書いたり、おしゃべりをしてくつろいでいました。

そこにアランが来て、Chaiに犬のマスコット、Denには巡礼の矢印デザインのバッチをくれました。

 

カミーノ 犬ぬいぐるみカミーノ ホタテバッジ

可愛いっ!ありがとう。

Chai

やったー!かっちょいい‼

Den

さあ、今日はもう休もうか。おやすみなさ~い!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kumi3
「学校に行けないなら、旅に出てみようよ!」と不登校をきっかけに15歳次女と弟10歳を連れ、サンティアゴ巡礼・カミーノへ行くことにしました。930kmを60日間かけて歩きました。もちろんカミーノは初めてです。英語もろくに出来ない私は、一体どんな旅になるのか見当もつきませんでした。そんな体で子どもたちを、異国のスペインに連れ出してしまうのですから、本当にチャレンジャーでした(-_-;)。けれど、何かを変えてみたかったのでした。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です